fc2ブログ

記事一覧

ワクチン2回目の接種を終えたら・・・

ワクチンの2回目の接種を終えたら
やりたいことがあった。
まず、髪をカットしに行きたい。
最後に髪をカットしたのは4月だったか?
その時、夫も私もかなり短くしてもらったはず。
その後、コロナの感染者が増加していき、
「減少傾向になったら行こう」→減少傾向にならない。
「では、ワクチン2回接種して2週間経ってから行こう・・・」
と思っていた。
けれども、その2週間後には、爆発的感染拡大が予想され
東京は一日の新規感染判明者が1万人を超えるかも・・・と。
もう、全然、髪カットに行ける状態じゃない!!
仕方がないので、自分でテキトーに髪をカットする。
髪をカットしなくても、死なないから、大丈夫・・・と思うしかない。

それから、ワクチン接種の2回目終えて2週間経ったら、
中断していた治療を再開したかった。
やはり4月頃のことだったが、
私の舌の下に、ぽつんと何か出現。
なんじゃこりゃ? 
痛くはないが、なんだかわけのわからないもの。
わからないままでは不安だ。
その時は、コロナ禍で中断していた歯科医院へ即刻行った。
「おそらく、唾石だと思います。
 紹介状を書きますから、大きな病院へ行ってください。」
そうなのか? 歯科医院では治療ができないのか?
ま、歯ではないからかな?
かかりつけの大学病院の口腔歯科宛ての紹介状をもらい、
大学病院へ。
やはり「おそらく唾石でしょう。CTを撮って確認します。」
CTを撮って、見たところ、やはり唾石だということで。
「自然に出てくることもあります。1か月ほど様子を見ましょう。」
・・・その1か月後には、コロナ患者が急増し始めていて、
こんな時期に、命にはかかわらないであろう治療をするために
病院へ通院するのが憚られ、中断していた。
でも、ワクチン2回接種したら、再開しようと思っていたが、
この感染爆発状況では、とても行けない・・・
その大学病院だって、逼迫しているはずだ。
と、おとといの朝、口の中に突然、小さな固い物がコロンと。
「あ、とれたな~」吐き出してみると白い固い石のようなものが。
予感はあった。
舌の下でぷっくりと膨らんでいた唾石が、数日前から、
白っぽく浮き出ているように見えていた。
これは、石が出てくるのではないか?と思っていた。
案の定、唾石が自然にポロリと取れたのだ。
鏡で見てみると、唾液腺のところにぽっかりと小さな穴が。
出血もなく、ぽっかりと開いてしまった小さな穴が気になったが、
翌日には、穴はほとんど閉じているようだった。
これが私の最近のちょっと良いニュースだった。

やはり2回接種したからと言って、安心できない。
ブレークスルー感染があるらしい。
まだまだ、わからないことが多すぎる。
夫はマスクをしていることができないため、
デイサービスへ行っている時に、すぐに外してしまう。
ちゃんとマスクをして自衛できるのならまだしも、
自分で自分の身を守れないからなぁ・・・
最近の猛暑で、夫の体調も今ひとつだし・・・
ということで、再開した小規模多機能デイへの通いも、
再びお休みさせることにした。

ただでさえ、ようやく命を支えているのに、
コロナに感染してしまったら、命はないものと思っているので
避けられるリスクは避けたいのだ。
「あの時、こうしていたら・・・」という後悔はしたくないから。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは~。
東京は今日はとっても暑くなっているはず。
大変でしょうね。
札幌は・・寒いくらいです。
「平年並み」と言われれば、そうだった、8月に入るとお盆前にグッと涼しくなっていたんだと。
20日にはこちらもまた30℃を越す予報。
今日から40℃に届きそうな気温、熱中症、気を付けてくださいね、絶対。

最近の東京の感染拡大、怖いですね。
勿論感染が一番怖いけれど、入院待機の人が1万人以上というのが本当に不安で怖い。
もし自分が待機組に入った時に(あの時、遊びに行かなければ・・あの時の路上飲みをしなければ・・)そう後悔するんだろうなぁ・・そして早く、早く、入院させてって・・思うんだろうなと。これは後悔だけれど。
普段気を付けて、気を付けて生活していたのに感染してしまった時に、待機で病院ないよっていうのは、こんな悔しい事はないな、やりきれないなと。プレハブでも良い、大きな施設を作って看護師さん集めてと都合よく思ってしまう。
選手村って活用出来るんじゃない?って思ってしまう。
テレビで30代の人と70代の人、どちらか一人と言われれば30代・・って命の選択が始まっていると思われるのに(-_-;)


唾石、初めて聞きました。
普段と違うってすっごく気になりますよね。
それだけで気持ちが滅入ってしまう。
それがポロっととれたというのにも驚きです。

想像します(#^^#)ポロっと取れて、次の日に穴が塞がりかけている・・気持ちがスカーっと明るくなるヾ(≧▽≦)ノ

お習字は、ややしばらく眺めさせていただきました。

トルさん

トルさん、コメントありがとうございます。
ところで、やけどをした腕はその後いかがですか?
本当はちゃんと病院で診てもらったほうがよいんじゃないかと・・・お大事になさってくださいね。

地球温暖化の影響による気候変動が怖い。
北海道が日本の中で一番暑いという日もありましたよね。こんなのって、おかしい!
でもね、たぶん二酸化炭素をいっぱい出しているであろう様々な文明の利器に支えられて、ようやく命を長らえさせてもらっていると思う・・・ エアコンがなかったら、もう生きていけない。
そのうえ、外が猛暑で、室内はエアコンで涼しくしても、身体の自律神経の調整がうまくいかず、結構しんどかったりする。
コロナ感染者がものすごいことになっていて、人がたくさん死なないと、事態を変えようと動き出すことができないのか? 
トルさんも、本当に充分に気を付けてお仕事なさってくださいね。

No title

ワクチン接種第二回は無事に済みましたか?
副反応はいかがでしたか?

先日テレビで見たのですが、子育て中の若い親達がワクチンの副反応で寝込んだ時に、地域の保育園が一時的にその子供(日頃保育園を使っていない子供)を預かってくれるというシステムがあるとのこと。

認知症患者の介護者も、どんな副反応が出るかわからず、戦々恐々だと思います。
ただ寝ているだけというわけにはいかないので。
デイサービスを使っていない人を介護中の皆さんはどうされているのでしょうね。

Yさん

お久しぶりです。
私は8月上旬に二回目のワクチン接種を済ませ、副反応は、腕や両肩首回りが痛くなったぐらいで、発熱もなくやり過ごすことができました。・・・なんか、若い人ほど副反応がきついと聞いていたので、う~ん、自分が思っているより老化しているのかなぁという感じで、良かったのか、残念だったのか?
発熱したら、あれこれ難しい夫のお世話はとてもできないわ~と、小規模多機能にお泊りを予約してありました。でも、どのタイミングで発熱するのかが読めない。最初は、接種日のその日の夜に宿泊予約したのですが、他の人たちの体験をいろいろ聞いて、24時間後ぐらいに発熱するのでは?と思い直し、翌日の宿泊予約にしたのですが・・・結局、接種日の夜に、自分で「あ、副反応のピークが過ぎた」と感じられたので、翌朝、宿泊予約を取り消しました。
直前に宿泊予約を取り消すことについては、小規模多機能の経営上どうか?という見方もありますが、コロナ禍でほとんど利用していないのに、毎月定額制で数万円ずつ支払い続けているので、まあ、小規模の経営には貢献していると思うので、許される範囲かと思います。やっぱり、いざという時に頼るところなので。
小さいお子さんを世話をしている方々の副反応もやはり心配ですよね。訪問リハビリに来てくださっているPTさんの家も、保育園幼稚園のお子さんが二人。お母さんが発熱した時はどうするのかしらと心配でしたが、近所の従妹さんに応援を頼むことになっているとのことでした。コロナ禍では、いろいろ制約があって、本当に難しい、気を遣います。

No title

東京の地震、びっくりしました。
大丈夫でしたか?

コロナ感染者の数も減ってきていて、少しだけ、少しだけですが気持ちが明るくなって・・という時の地震。
大きな被害が無くて良かったと思いながら観ていました。
3.11を思い出し、ぞっとしました。
北海道のブラックアウトも不便でしたが、3.11に比べたら・・。

ワクチンの副反応も軽くて良かった(?)ですね。
私も2回目接種後の夜中から次の日の丸一日の2日間、37℃ちょいの熱と接種部分の痛みだけで済みました。
職場の20代の子たちは、副反応も強く、熱も3~4日は続いていたりで、自分の老化をこういう形で再確認するんだな・・と(笑)

トルさん

 地震は、我が家では特に何か落ちるとか倒れるとかはなく、大丈夫でした。夫は既にベッドで寝ていて、私は自身の様子を見ながら構えていたのですが、夫はまったく目を開けることもなく、ぐーぐー眠り続けていました。母の様子を見にいったら、さすがに地震には気づいたようですが、布団の中に入ったままでした。
 あとの報道のテレビを見ていたら、どこかでは物が倒れこんでいるところに、猫がびっくりして飛び上がって逃げる様子などが移されていましたが、我が家では猫も落ち着いていました。
 たぶん今回の地震は、地域とか、住んでいる階数によって、かなり揺れの感じが違ったのかなと思います。
 実家のほうは震度5強に近い揺れだったようで、東日本大震災以来の感じだったみたいです。
 断水したところやエレベーターが止まってしまったところなど、大変だったろうと思います。
 トルさんが経験した北海道での震度7の時はやっぱりすごく大変でしたよね。

 あ、そうですね。知人の20代の子も、高熱が3日も続いたと言ってました。若い人は、モデルナを打つ人が多かったということも発熱がきつかった理由では? モデルナのほうがワクチンの量が多いと言ってましたから。
 今日、広報を見たら、もう今は予約なしでワクチン接種しているのですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスカウンター