FC2ブログ

記事一覧

父の現在の状態(前立腺癌、慢性腎臓病)

先週、父が特養から実家へ帰った時、
母が父を歩かせるだろうか?と思っていた。
その前の週、母が父を歩かせ、あともう少しで椅子に座るというところで、
父が膝折れしてして、床に座り込ませてしまった。
こうなると母一人では父を立ち上がらせることができない。
しかたなく、床に座らせたまま朝食を食べさせていた・・・
在宅していた姪に手伝ってもらって椅子に座らせることはできたのだが・・・・

その時、私が母に、父が膝折れして床に座り込んでしまう原因について
厳しく問い詰めたこともあり、
「もう、お父さんを歩かさなければ、いいんでしょう!!」
等とふてくされていたのだった。

けれども、母は父を歩かせていた。
ベッドからリビングのテーブルへ、
テーブルからベッドまで、
おぼつかない父の手を引きながら、
しっかり歩かせていた。

めげない母! エライゾ!
(単に先週のことを記憶していないだけかもしれないが・・・
 母の記憶障害については、もう、いろいろ・・・
 いっぱいあって書ききれないので、別の機会に譲る。)

フローリングは万一転んでも衝撃が少ないように
クッション性のあるタイルマットを敷き詰めてあるので、
多少のことは大丈夫だから、恐れず歩かせたほうがいい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日は父の泌尿器科受診の付き添い。

先月、前立腺癌の指標であるトータルPSA値が4.50と高くなっていたので、
ホルモン薬(カソデックス(ビカルタミド)錠)の服薬を再開することになった。
そして、今回のトータルPSA値は0.68と下がった。
薬が効いているようなので、このまま継続とする。

C反応性蛋白(CRP)は前月も今月も0.3台とやや高めが続いている。
慢性的に細菌尿を持っているので炎症反応が出ていてもおかしくはない。

それから、気になるのはヘモグロビン値。
緩やかに下がってきていて,現在10.3g/dl。
慢性腎不全による腎性貧血になっているのだ。
この貧血があるため、身体もだるいし、ちょっと動くだけでも息が切れてしまう。

普通の鉄欠乏性貧血とは異なる貧血なので、
単純に鉄剤を飲めばよいというものではない。
腎障害による腎臓でのエリスロポエチン(EPO)というホルモン
をつくる能力が低下することによって起こる貧血なのだ。

血中ヘモグロビン値が10g/dl未満になったら、
エリスロポエチン刺激剤(ESA)による治療が必要になるだろう。

慢性腎臓病の重傷度分類では eGFR 17.4 高度低下。
尿素窒素 44.4 (正常は8-20)mg/dl
クレアチニン 2.8(正常は0.65-1.07)mg/dl
カリウム 4.8(正常上限値)

う~ん・・・
主治医が言うには eGFRが10未満になったら、
人工透析を検討する段階だと言う。

前立腺癌にしても、慢性腎臓病にしても、
なんとかこのまま寿命まで維持していって欲しい
と願っている。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

アワキビ様もお母様も頑張っていらっしゃいますね。
それにしてもあちこち心配な事ばかり。
暑さもやっと落ち着いてきましたが今度は台風。
暑さんの疲れ、介護の疲れが出ないようご自愛ください。
コメントの返信はご心配な去らないでくださいね。

mjijiさん

こんばんは。
こちらも朝夕は涼しくなってきましたよ。
とは言ってもまだ湿度が高いので、エアコンはドライにしていないと、ちょっと耐え難い。
そう、厚さ疲れが出てくる頃ですよね。
なんだか、夫も毎朝「疲れた」と言って、だるそうにしていますし、私もそう・・・
mjijiさん、お互いに体調には気をつけましょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンター