FC2ブログ

記事一覧

母の日に、夫を連れて実家を訪問

母の日の日曜日。
夫を車椅子に乗せて電車を乗り継いで実家へ行く。
夫を実家へ連れて行くのは久し振り。

車椅子から立ち上がる夫の動きを見て、母が、

「あら~、すっと、動けるねぇ」

と、車椅子から立ち上がるのも、両手をひっぱって、やっとこさの父の動きと比べて言う。

夫に「私のお母さんだよ~」と説明する。
あんまり理解したような反応ではないけれども、
夫は、誰に対しても、そつなく対応する人なので・・・
そして、母と三人でお寿司をとって昼食。

弟は朝早くにどこかへ出掛けたらしい。
お嫁さんは、昨日母にケーキを贈ってくれて、今日は夜勤の日。

夫は最近とみに口に頬張ってなかなか飲み込まない。
にぎり寿司は、特に、注意が必要だ。
まだ頬を膨らませているのに、次の寿司を口に放り込もうとする。
それで、キッチンばさみで寿司一貫を半分にカットする。
包丁だと寿司が潰れてしまって上手く切れないけれども、
キッチンばさみだと比較的キレイに切れる。
ただ、いくらはカットするとバラバラこぼれてしまってイマイチ。

そして、頻繁にトイレに行く夫。
食べている最中でも、「トイレ!」と言って立ち上がる(自宅に居る時も常にそう)。
食事を始める前にトイレに連れていけばよいと思うのだが、
夫はもよおしていない時にトイレに座らせたところで絶対に出ないのだ。
先々の予定に合わせてトイレをコントロールするということは困難。

母がやっている手話ダンスを2曲ほど披露してもらって
夫と鑑賞(?)した 

夫は頻繁にトイレに通う。
3時間半ほどの実家の滞在中にトイレ4回。
そのたびに、手を引いて、リビングから廊下を通ってトイレまで急ぐ。
母とも話をしたのだが、この頻繁なトイレ通いが案外、夫の歩く力を維持するのに役立っている。
父の場合は、膀胱留置カテーテルがついていることもあって、トイレに行くのは排便の時だけで、それも便秘がちなので、週に2回ぐらいか?
特養ではわざわざ個別に歩くためだけの時間を取ることはないから、麻痺もないのに、廃用症候群によって歩けなくなっていく 

母が唇の内側に口内炎が出来たと。
口唇ヘルペスと思われた。疲れが出ているのかな?
水曜日に歯科医の予約があるそうなので、その時に診てもらうように、と。

夫は、しきりに手話で話をしている。
母は手話ダンスはやるけれども、手話での会話はできない。
だから、夫が何を言っているのかはわからないのだ。

「さっきから、たくさん手話で話をしているけど、それでも、
 あんたが奥さんだとか、そういうのは、わからないの?」

「そうだよ。私が妻だとかって、わからないよ。
 自分の家に居ても、自分の家だとわからず、夕方になると「じゃあ、帰るね」って言うよ。
 今も「これから夜に人と会わなくちゃいけないから、
 そろそろ出掛けなくちゃ」と言っているんだよ。」

父は妻や子ども達や孫達もちゃんとわかるし、私の夫までも認識できるのだ。
もちろん自分の家も分かる。
だから、父は一応「認知症」と言うことになっているけれども、脳の病気によるものというよりも、身体の衰えに伴う精神活動の廃用症候群といったところだと思う。
夫と父の認知症はまったくレベルが違う。別のものと思う。

さて、夫が「そろそろ出掛けなくちゃ」と言い出したということは、
そろそろ「帰りたい」というサインなんだろう。
じゃあ、そろそろ帰ろうかぁ。

実家の玄関先の2段ほどの階段2カ所には、
父が特養から帰って来る時のためにスロープを設置したので
夫の車椅子の出入りも楽になった。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンター