FC2ブログ

記事一覧

父、特養に入所する

今日、父は特別養護老人ホームに入所した。

話には聞いてはいたが、職員体制が極めて手薄だという現実を痛感する。
父の入ることになったユニットは入所者10人。
スタッフは・・・たった4人。
内訳は、正職員3人、1人はパート職員。
しかも、パート職員は、他のもう一つのユニットと半々での勤務だという。
今日、契約などの手続が午前から昼食を挟んで午後までかかったが、
その間にユニット内で見たスタッフは1人だけ。

施設の相談員さんに「ユニットに日中は何人のスタッフがいるのですか?」
と訊いたところ、2人だと言う。
まあ、1人が入浴介助をしていれば、もう1人はフロアに居ないとならないからそうだろう。
でも、日中の全ての時間、スタッフ2名がユニット内に居るわけではなさそうだ。
別に、日中、看護師は5ユニットあたり3人。

夜間(午後10時~午前7時)は、
2つのユニット20人に対して、夜勤スタッフ1人。

たった3.5人で10人の入所者を
365日24時間、介護しなければならないのか~ (゚д゚)
これでは、スタッフは休暇もとれないのではないか?
こんなギリギリの余裕のない体制では、
長期休暇などとても望めそうにない。

今日のユニットに居たスタッフ(正職員)さんは、
日本語がややたどたどしいフィリピンの人。
ご主人が日本人で、
まだ小学生と中学生の子どもがいるお母さん。
子どものために仕事を休まなければならないことだって
多くありそうだけど・・・

施設には常勤のケアマネも不在。募集中なのだと・・・
現在は、同じ法人内の別の施設のケアマネが兼ねる形になっているそうだ。

今まで父が利用してきたデイサービスやショートステイよりも、
スタッフ体制が脆弱で、不安に感じた。
これでは、最低限の業務をするだけで精一杯。
デイサービスなどとは違って、
フロアで入所者さんたちは思い思いに座っていたり、
居室で寝ていたり・・・で、ま、何と言うか放置状態。
入所者の個別事情を踏まえてのコミュニケーションや、
パーソン・センタード・ケアなんて望むべくもない・・・
ように見えるが?

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

毎週施設に巡回してくれる医師と看護師が、
父の部屋に来たのでご挨拶。
今後は1ヶ月に1回診察。
薬は2週間に1度処方。

で・・・父の膀胱留置カテーテルの交換の件。
当初は施設を訪問した医師が交換してくれるという話だったが、
「今まで通院していた総合病院の泌尿器科で交換してもらったほうがよいのでは?」
と言われた。
父には前立腺癌があるので、内科専門である医師がカテーテルを挿入の手技がうまくできるか不安だ・・・というニュアンスだと私は理解した。
私としても、沢山経験を積んでいる泌尿器科の専門医にカテーテルを交換してもらったほうが安心だ。
(手技が下手な医師がやると酷く出血したりする。
 うちの夫が、救急車で大学病院へ受診した時に、研修医の実技練習台にされて(大学病院というのはそういうところだからやむを得ないが)膀胱留置カテーテルを挿入したが、その後、数日間出血し続けることになり、本体の病気以外に余計な心配事が増えた。)

ただし、施設外の病院へ行くわけだから、家族が付き添わなければならない。
4週間に一度、私が父に付き添って、カテーテル交換をしてもらいに病院へ行く。

特養に入ったからと言って、私がやるべきことが減るということはなさそうだ。
かえって手間が増えてしまうことがあれこれあり、私にとってはあまり「楽になる」という感じはない。
もしかしたら、以前よりも大変になるのかもしれない。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

No title

お早うございます。
今日は10月最後の晴天のようで布団も干しました。
色々とご苦労様でした。一区切りつきましたね。

「案ずるより産むがやすし」ということわざがありますが、色々心配でしょうが、とりあえず、お父様が早く施設になれてくれることが大切ですね。
将来の為、私も特養3施設見学しましたが、3ユニットで(沢山ユニットある所もあり)、スタッフ見たのが2人でした。利用者はフロアでTV見てて・・・
これで大丈夫?って印象でしたが、やはり、どこも職員不足のようでした。
心配してたら切りがないです。あまり先の事を心配しないで、寒くもなるし、自分も労わりながら、その都度対応していったらいいと思いますよ。
皆が風邪ひかないように、お互いガンバ!!

特養でパートで働いております。
おっしゃる通りわたしの施設もほったらかし状態です。
最初は大変ショックでした。ですが仕事と割りきり1に安全、2に清潔、後はとにかくスケジュール通りに皆さんの日常をこなすことに奔走しております。
正職員に言わせますと、1ユニット夜勤もできる正職員5名パート1名、これだけいないと日中のレクを含めた介護は無理だそうです。あきらか人手不足です。
入居者様の心のケアは御家族様に頼るしかありません。
その御家族様の出入りすら、うちの正職はあとで入居者様が不穏になるから来ないで欲しいと陰口をたたいています。
どうぞ可能な限りお父様を訪ねてお話し相手になってあげてください。

サザンカさん

こんばんは。

こちらは土曜日は雨が降るけれども、日曜日は晴れで、お出掛け日和だという予報ですよ。

特養を3カ所、見学されたのですね。
順番待ちはどれくらいですか?

それにしても、話には聞いてはいましたが、どこも人手不足なのですね。

父は今まで2つのショートステイを利用してきているので、今もショートステイのようなものと理解しているのかもしれません。

ちょっとしたら、また、自宅に帰れると思っているのでは・・・と。
いつまで経っても自宅に帰れない、ずっとここに居るのだ・・・と分かった時にどうなるかがねぇ・・・?

でも、前に進んでいくしかない。そうなった時のことは、その時に考えよ~と思います。

そちらはだいぶ寒いですか? 風邪ひきませんように。

まゆさん

特養のパートをなさっていらっしゃるのですね。

実は夫が通っている小規模多機能居宅介護サービスの場合も、
デイサービスと言っても、みなで何かをやるというようなことは、ほとんどありません。年のうちに何回かは、イベントのようなことをやる程度なので、特養も似たような状態なのだと思いました。

介護者が人間らしい生活をちゃんと送ることができるということがとても大切だと思います。

労働条件はいかがですか?
有給休暇などは、ちゃんと取れているのでしょうか・・・
お身体を大事にしつつ、やりがいのある仕事が続けられますように!

No title

お父様いよいよ入所なさったのですね。
一安心でしょうか?
でもこれからがまた大変な事が待っているのでしょうね
お父様も早く慣れるといいですね。
施設はやはり人手不足なのですんね。
私が先日見学した2か所とあの後少し遠くなる1か所を見学してきました。こちらはまだ優先順位はわかりませんが今待機している方は130人とか。すぐには期待出来ないので特養とグループホーム以外の施設も当たっています。
仙台はの人手不足は東京ほどではないようで私が見学している間も何人かの職員が忙しそうに動いていました。

お体に気を付けて前に進みましょう!!

mjijiさん

こんばんは。

父は特養に入りましたが、たぶん、父自身は、状況をよく理解していないものと思われます。

私は、なんだかすっきりしません。複雑な心境です。

父はいつものショートステイに行っている時のように、しばらくしたら、家に帰るものだと思っています。

特養に入所すると、住民票を特養に移すのです。
好むと好まざるとに関わらず、そのようにするように法令で決まっているんですね。

定期的に、父には自宅に帰ってきてもらうようにしようかなぁ?と今思っているのですが・・・いわゆる「自宅外出」というものです。

mjijiさんも、あちこち動いていらっしゃって、大変ですね。
決まらなければ、やきもきしますし、
いざ、決まったら決まったで、また複雑な心境になってしまうものなのかもしれません。

少しずつ、心の折り合いをつけていくしかないのですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター