FC2ブログ

記事一覧

タツノオトシゴの縁

夫は、日が暮れる頃になると、調子が悪くなってくる。
そわそわ落ち着かなくなる。
それでも、たいていは夕食が終わる頃には落ち着いてくる。
そして、夜9時頃に入浴。
小規模多機能のデイでも週2回入るけれども、
自宅でもほぼ毎晩お風呂に入って温まってから寝る。

ところが、最近、お風呂に入る頃、
気分が乗らないのか、入りたがらないことが増えた。
昨日も、入りたがらない夫を、なんとかなだめてお風呂にいれた。
そして、口周りにせっけんの泡をつけて、髭をカミソリで剃り始めたら、
嫌がって顔をそむけ、それでも、私が剃ろうとすると、
私の手からカミソリを奪い取って、
泡のついたカミソリを浴槽の中に投げ入れた。

「あっ! どうしてそんなことするの!」

と私が怒って、浴槽の中からカミソリを拾おうとすると、
夫が私に拾わせまいとして、私の腕を掴んで抵抗し、
バトルに発展・・・

あったまに来たぁ~!
とは言え、浴室の中のこと。
滑ったりして、ケガでもしたら大事だ。
もうお風呂どころじゃないので、
夫を浴室から脱衣所に出して、椅子に座らせた。

あぁ! もう~!
と思いながら、バスタオルで夫の身体を拭いていると、
さっきまで殺気だっていた夫の目が、ふいに緩んで、

 「かわいい

と、のたまわった。

また、また、また~。
この状況で言うんだからなぁ。

ケンカをすると、いつも夫が先に折れてくれる。

密室の中での介護は、
ちょっとしたことがきっかけで煮詰まってしまい、
もう、ばかぁ~!と爆発してしまうことがある。
一歩間違えば、虐待に成りかねない。
でも、私がそんなふうになる一歩手前で、
夫がいつも押し止めてくれている。

夫は、人差し指で自分に × と宙に描く手話をして、
「ボク わがまま ダメだね」と。

夫の認知症はかなり進んでいて、
話すことはほぼ妄想で出来ていて、
いろんなことができなくなっているけれども、
私よりも、ずっと、ず~っとできた人間なのだ。
人間力で勝っている。

夫が認知症になった今も、夫を尊敬する気持ちに変わりはない。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

先日、小規模とグループホームと特養と地域の方々と一緒の書道の時間があった。

いつも、ボランティアの書道の先生がいくつかのお手本を書いてくださって、参加者はそれぞれ自分が書きたい手本を選んで書く。
夫は、最近、書道で複雑な漢字を書くことが難しく、手本を見ながら、途中で何を書いているのか分からなくなってしまうようで、私が一画一画差し示して、やっと書いている。
今回も、最初は、先生のお手本を見ながら、一枚をなんとか書いた。
その後、「なんでも好きな、書きたい字を書いてごらん」と言うと、
何も見ないで「聾」(ろう)という字を一気呵成に書きあげた。

聾(書道) (2)

耳が聞こえない という意味だ。
夫は「聾であること」を自身のアイデンティティとして
誇りを持って生きてきた。
自分の名前を書くことも覚束なくなっている今、
「聾」という複雑な漢字をしっかりと書けたことに驚いた。

中国の故事。
昔々その昔、龍が耳を海に落としてしまった。
耳を海に落としてしまった龍は「耳が聞こえない」から、
「龍」の「耳」と書いて「聾」という漢字になったそうだ。

海に落ちた龍の耳は、タツノオトシゴになったと言われている。
いま、ふと思ったけれども、
タツノオトシゴって、漢字で書くと「海馬」。
脳の「海馬」は、タツノオトシゴに形が似ているから名付けられたと。
アルツハイマー病は、脳の中でも「海馬」が大きく萎縮する。

夫はずいぶんタツノオトシゴ(海馬)に縁があったようだ。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

No title

タツノオトシゴの話面白いですね。海馬と書いてタツノオトシゴと読むのですね。初めて知りました。
御主人のお習字、いつも力強く個性的で良いですね!

お風呂もまだ家で入れるのですから凄いと思いますがそこにはやはりアワキビさんの協力無しにはありえないのですね。
剃刀は危ないですね。それでも何事も無く良かった。
私は電気かみそりで夫の髭剃りをしますがなかなか難しく剃ったはずがいつもじゃりじゃり残っている感じです。

御主人の人間力に感動です。認知症にななってもすぐに自分を制御できるのは生まれながらの身に付いた物なのですね。
本当の人格者なのだと私まで尊敬してしまいます。

mjijiさん

こんばんは、mjijiさん。

書道も、最近は、お手本の漢字を書くのが難しくて、皆さんのお手本とは別に、ひらがなのお手本を先生に書いてもらって、ようやく書いているので、そろそろ書道教室への参加もムリかなぁ?と思っていたところでした。今回は、たまたま夫の頭の中が良い状態だったのかもしれません。

お風呂も、これも毎日の積み重ねです。
心臓に負担がかからないように、カラスの行水のように短時間なのですが、毎日お湯に浸かっているだけでも十分汚れは落ちますから。

髭はお風呂に入った時に、泡せっけんをつけて、カミソリで剃ります。
電気シェーバーを使う時もありますが、カミソリのほうがキレイに剃れています。
電気カミソリですが、シェーバーの品質がよくないということはありませんか?
父は電気カミソリを2つ持っていいますが、まだ新しいハズの1台は^なんだかよく剃れないのです。もう1台のほうはよく剃れます。
シェーバーに使い方のコツがあるのかわかりませんが、ものによって切れ味は全然違うように思います。

夫が人格者かどうかはあやしいものですが、自分が生きていくために必要なことを本能的にかぎ分ける能力がある・・・ということなのかもしれません。
そういう力を人間は持っているものなんですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスカウンター