FC2ブログ

記事一覧

「大変なことが起きちゃいましたっ!」

尿意がまったくないにもかかわらず、膀胱には大量の尿が溜まっている・・・
ということが判明した父は、7月23日から膀胱にカテーテルを留置することになった。
そのため、尿道カテーテル(とも言う)を着けた父の様子を観察することを目的に、急遽、ショートステイに戻し、その間に、ケアプランの見直し、ケアマネとデイサービスの看護師さんと母と私の4人で打ち合わせの場を持った。

カテーテルを留置した翌週、再び、主治医と面談して、入浴時の注意事項などを聞いてきたのだが、「特別なことは何もない。普通にして良い。」という話だった。
私は、自宅で風呂に入れられるような状態ではなく、週に2回だけ施設で入浴するだけなので、衛生状態があまり良いとは言えないので、お風呂に入れない時は、陰部洗浄のみで良いか?と訊くと、主治医は、「あまりそんなことはする必要がない」というような答えだったのだ。
「でも、父は、もともと慢性腎臓病だし、万一、細菌感染を起こして腎盂炎にでもなったら、腎機能が極端に悪化してしまうのでは?」と訊くと、
「あまり心配する必要はないですね~。カテーテルを留置しないでおいて、膀胱から貯まった尿が腎臓に逆流してしまうほうが、よっぽどリスクが高いですからね。バスタブにも入って良いです。」

こういう趣旨のやりとりが主治医との間であったことをケアマネとデイサービスの看護師に伝えた。
話し合いの結果、週2回利用のデイサービスの時にもシャワー浴をお願いすることになった。
これで、ショートステイ中の3泊の間に2回シャワー浴をし、私が週1回実家を訪ねた時に父のシャワー浴をして、今までは週に2回だけだったのが、5回はシャワー浴ができることになりそうだ。
来週からまた、火曜日から金曜日までは自宅に帰り、在宅中の2日間はデイサービスを利用し、土曜日~月曜日はショートステイに泊まるというパターンでの生活が始まる。

会議が終わりケアマネが帰った後も、私はまだしばらく実家に居たところ、電話のベルが鳴った。
ケアマネからだった。

「実はですね~、大変なことが起きちゃったんです。
 さっき、○○の家(父のショートステイ先)から電話があって・・・」

(スワッ! 父の身に何か起きたか?!)

「9月いっぱいでショートステイ○○の家が閉鎖されることになったんです!」

父の容態が急変したとかではなかったのでほっとしたけれども、
「え~? 閉鎖されるんですか?」

「スタッフに知らされたのも8月1日だそうで・・・」

ケアマネは、父のショートステイを、○○の家でずっと先まで押さえておいたので、あらためて、他にショートステイ先を探さなければならない。

○○の家は、ショートステイ専門の施設で(上の階にはグループホームがある)医療的ケアが必要な利用者を積極的に受け入れ、看護師さんが常駐していて、一人一人の健康状態をかなり細かくチェックして、問題があればすぐにフィードバッグしてくれるところだった。

それに、かなり柔軟に、臨時の利用にも対応できるので、いざというときに頼りできるところだ。
でも、逆に言うと、いつも定員いっぱいになっていないから緊急時にも対応できる・・・ということで、そうしたことが経営を圧迫する原因になっていたのではないかなぁ?
詳しい事情はわからない。
残念だ。
ショートステイのロング利用で、父としても、ようやく馴れてきたところなのに・・・

本当は、看護小規模多機能のような施設を利用できればベストなのだが、父の住んでいる市や近隣の市には看護小規模多機能施設がない。
市内には普通の小規模多機能施設は、あるにはあるが1カ所だけで、場所が自宅からは遠いし、サービス内容(通所の利用開始時間帯が10時30分からと遅い。)についても今ひとつと感じる。隣の市のも数が少なくだいぶ遠い。
それに今担当してもらっているケアマネさんがとても良い方なので、今、ムリをして小規模多機能施設に変更するメリットが感じられない。

先ほど、ケアマネさんから電話があり、10月以降のショートステイ先を一応確保できたとの電話があり・・・が、看護師が常駐しているわけではなく、併設のデイの看護師が必要な時に来て看る・・・というような感じらしく、今までのように細やかに看てくれる体制にはなっていない・・・とのこと。一応、1カ所確保し、他に、もう少し看護体制ができているところが他にないかを当たってみる・・ということになった。

母は
「ショートステイがダメだったら・・・、いいよ。お父さん、うちで引き取るからさ・・・」

「引き取る」って? 今だって、施設に入所しているわけではないよ~。

その母が、まあ、ちょっと、頼りにならないから・・・・
でも、父の在宅生活は、その頼りない母を頼りにせざるを得ないのが、なんとも苦しいところで・・・

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村     
スポンサーサイト

コメント

やっと雨が降りました。

お早うございます。
タイトル見て、胸がドキドキ!えっ!誰か何かあったの?!読み終わってもドキドキ感が・・・
昨日、旦那さんの微笑ましい姿をみ見てうれしく思っていた矢先で。

予想もしないそういうこともあるんですね。

以前姉がお世話になっていた所は、9階建てで、3,4,5階がショート、6回~9階がサ高住で、ある時5階もサ高住にするといい、なかなかショートも取りにくくなりました。
暫くすると、又5階をショートにする、というし…経営者の都合なんでしょうが・・・。
次から次へと、難問が降りかかって来ますね。
どうか満足の行くところが見つかりますように願っています。

やっと、7月7日以来今朝は雨が降ってくれました。
6時頃パラパラ、6時半頃ザァーザァーあれから止んでいますが。埃だらけの木々も洗い流されたようで・・・畑はまだ足りませんが。

今年は生まれて初めて水不足の報道がありました。
大きな川もあり、雪解けの山水も豊富だろうに。山形ではTVで雨乞いをやっていました。
今日、明日は60%の確率。降りすぎても困るけど、干しあがるのも問題。今年はマジに異常ですね。
暑さが続きます。お互いバテないようにしましょう。👋

サザンカさん

こんばんは。
驚かせてしまって、すみません。
ケアマネが、そういう言葉を使ったので・・・押さえてあったショートステイがパーになってしまって、ケアマネが一番大変だったと思います。

その後、お姉さんのデイやショートステイの利用は順調でしょうか?

看護小規模多機能って医療依存度の高い人にぴったりだと思うのだけど、利用したくても、父の居住地域にはなくて残念です。看護師さんがデイにもショートステイにも常時居てくれると安心なのですが・・・

そちらは、ようやく雨が降りましたか?
山形で雨乞い・・・? その後、雨が降ってきたと思ったら、大雨になってしまったのでしょうか。 
日本の気候、いえいえ世界中の気候が、「猛暑」に「豪雨」に・・・なんでも過大になっているみたいで、40°超えが常態化してしまうのが怖い。

最近は、日中はできるだけ外へは出ず、買い物も、夜、夫を寝かしつけてから、夜に出ています。
連日の暑さに、アスファルトに熱がこもってしまっているようで、夜でも涼しくならず暑いです。

No title

こんばんは。
サザンカさんと同じく、タイトルを見てほんとにどきどきしました。
お父様の様態の急変でなくて、本当によかったです!

頼りにしていたショートステイ先の閉鎖は残念ですが、
次のショートステイ先も適切な指示さえあれば、だんだん
処置にも慣れていくと思います。

看護師さん常駐で、割と高度な医療処置にも対応してくれる
施設って、とてもありがたいのですが、やはりスタッフが
大変なので辞めていく方が多いそうで、経営側からした
維持していくのが難しいんでしょうね。

次のショートステイ先、結果としてよい方向に進みますように、
祈っています。

yokoさん

ご心配をいただいて、ありがとうございます。

ショートステイ中の父の様子ですが、今までのところカテーテルを抜いてしまうような動きは見られないようです。だいぶ馴れてきたのでしょうか。

動き回る人の場合は、尿バッグがついていることはかなり煩わしいことだと思いますが、父の場合、立って歩くのはトイレに行きたいときだけで、それも今は大便の時だけになりました。それ以外の時間は、ほとんど、うとうと寝ています。

10月からのショートステイ先は、以前10日ほど滞在している間に、足がもの凄く浮腫んでしまいびっくりしたところです。
原因としては、食事しか考えられないのですが、その施設の調理室で調理したものが提供されています。塩分が高いのか、タンパク質が多すぎたのか・・・その時は、昼のみ、持ち込んだ低タンパクおかずを食べるように変更し、それ以外の食事も、味噌汁は提供しない等しました。
以前と同じようにやるかどうか・・・以前より食欲が落ちているので、あまり低タンパク食にこだわらず、食べられるものを食べてもらうという方向になってきています。

No title

熱かった日々が過ぎて仙台の今日は寒くて長袖です。
それにしても関東は大雨。西のほうはまだ暑い日が続いています。
アワキビ様次々と事件?ですね。
施設もどんどん老人が増えても兎に角、人力が必要ですし点数は抑えられてしまうし経営が難しくなるのもうなずけます。
施設いによって看護婦さんがいたりいなかったりサービスにも差があるのですね。
使う側からは安心してお任せできるようになって欲しいですね。
今我が家は介護保険を使って(点数が足りなくなって自費の分もかなり負担になってきています)在宅介護が続けられて感謝していますが被介護人が3人もいるアワキビ様を思うと他人事ながら不安が募ります。
でもいつも逞しく、賢く解決していくアワキビ様です。
血圧も相当高そうですし御自分の身体ファーストになさってください。

mjijiさん

父の利用しているショートステイは、どうやらスタッフの数を揃えられないようなのです。そのため、定員いっぱいに利用者を受け入れることができないみたいで・・・
介護人材を確保するのに、どこの施設も四苦八苦。
ベッドが空いていても、スタッフ数が足りなければ、受け入れもできず、結局は経営難に陥るという悪循環・・・これからどうなってしまうのでしょう・・・

介護保険の点数が足りなくて自己負担額が増えているのですね。
うちの父もギリギリの点数で、あちこちちょこちょこ削って、ようやく何とか回していますが、本当はもう少し点数があったら、追加したいサービスはあるのです。

mjijiさんのご主人は、要介護度の区分変更申請はされたのでしたっけ? 要介護度アップは難しいですか?

昨日まで2日間ぐらいは涼しくて冷房が要らなかったのですが、また、今日からムシムシして、また冷房なしではいられません。

明日は、夫を小規模多機能に泊まらせ、私は実家へ泊まって両親の様子を見る予定です。

mjijiさんも、毎日、とても大変なことだと思います。
ご主人ともどもご自愛くださいませ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスカウンター