FC2ブログ

記事一覧

なかなか上手く行かない

実家の母は順調に回復している。
元気になるに従って、一度は全部辞めたサークルのうち2つと、高齢者向けの無料の体操教室への参加も再会。
退院当初は、首にコルセットをつけていたので、一人での入浴が難しかったため、介護認定を受けて「要支援1」をもらった。ところが、「要支援」で入浴サービスを受け入れてくれるデイサービスの事業者は少なく、唯一あったのは父が通っているデイサービスのみなので、そこへ週1回父と一緒に通所。
ところが、こちらのデイサービス、介護度が比較的重めの利用者さんが多く、「要支援1」の母には、物足りないようで・・・
「何をやったらいいのか、わからないのよ~ なんにもやることがなくて~
 (自分は)一所懸命、新聞読んだりしているんだけどねぇ。
 み~んな、お父さんみたいに、うつらうつら寝ていたり、ぼーっとしているだけなのよ~。
 もう、お風呂も(一人で)入れるようになったから、来月から行かなくていい?」
さらに、
 「お金がかかるから、もう、私は(デイサービスに)行かなくて、いいよ」
とも言う。
けれども、最近、物忘れや判断力の低下が見られる母なので、定期的に母の様子を客観的に見てくれてフィードバッグしてくれるデイサービスに通うことのメリットがあるというのが、ケアマネと私の意見。
そこで、ケアマネから、活動的な母に向いている筋トレ、脳トレ等を行う半日デイサービスを2カ所提案してもらい、今月中にさっそく無料の体験利用することになった。
ケアマネが持って来てくれたパンフレットに載っていた「レッドコード」を使った体操風景写真に、母は興味を覚えたようだった。
母が気に入ってくれれば、来月からこちらに通ってもらおうと思う。

さて、在宅中の父の様子。
7月から週に4泊自宅、3泊ショートステイという態勢になっている。
4月から6月まで、丸々3ヶ月、ずっとショートステイに行ったきりで、私が父の通院の際に、自宅に連れてきたり、あるいは父のもとに母や弟と共に訪問したりはしたけれども、父は「もう自宅へは帰れない」と悲観してしまったのか、すっかり食欲をなくし、ショートステイで提供された食事に手をつけない。半分ぐらいがやっと。スタッフが食べさせてやっと・・・等という調子で、入所当初の体重は55キロだったのが、6月末に測った時は51キロで、なんと4キロ近くもやせてしまったのだ。

しかし、自宅に帰ってくるようになったら食欲が回復。
ショートステイに行った時も、「自分から進んで食べるようになりました」と。
もし、あの流れのまま、特養へ入ってしまったら、どうなっていただろう?
自宅に何があるというわけではないけれども、
介護力も在宅では十分とは言えないけれども、
「自分の家に、ただ居る」というだけのことなのだけれども、
何かが違うのだ。

とは言え、昼間は良いとしても、就寝後の父のトイレ介護を母がせねばならないのがネック。
6日間便秘が続き、センノシドという便秘薬を服用したら、排便時間の調整がうまくいかず、夜中の1時半に排便。その1時間後に再び排便。
父は、夜中、トイレに一人で行くことはできるのだが、帰って来ることができない。
母が、夜中、ふと目を覚ますと、父のベッドがもぬけのからなので、トイレに見に行くと、リハパンをおろして便座に座ったまま眠りこけているのだ。
今は夏だからまだ良いけれども、冬だったら、便座暖房で低温火傷してしまう。
そこで、介護用ベッドの高さを一番下に下げれば、父の脚力では立ち上がれないだろうということを期待したが、なんと、父は立ち上がって自分でトイレに行ってしまい、そのまま戻って来ず、母が気づいた時に(どれくらいトイレに居たのか不明)、父をトイレに迎えに行って、連れて帰るを繰り返す。
それならと、床上15センチの「超低床」ベッドに変更したのだ。
ベッドを交換したときに、ケアマネやレンタル会社さん、母や私の前で、最低床にした状態で父に「立ち上がってみて~」とやってもらったところ、うまく立ち上がれない・・・ようだった。
さて、これで、うまく行くかなあ?

翌朝、母に電話をした。
「昨日の夜は、お父さん、どうだった?」
「もう大変だったわよ~ ( ノД`) 
 夜中の、そうね、3時頃に、○子~、○子~ってお父さんが呼ぶのよ。
 それで気がついたら、お父さん、自分でベッドから起きて、立っていたのよ。
 防水半ズボンからも、漏れ出しちゃっていて、シャツも防水シーツも全部びっしょり!
 風呂場に連れて行って、シャワー浴びせて、着替えさせて、洗濯機回して~ぇ。
 もう、こんなこと初めてだわ~」

いや、母よ、初めて、ではないよ。
昨年の冬、父の身体が動かなくなってきて、夜、起きられなくなった時、同じ状態だったのだけれども、母はその時のことをどうやらすっかり忘れてしまっているらしい。

それにしても、なかなかうまく行かんなぁ。
普段、父は尿量が少ないので、油断して、昼間と同様のリハパンと2回分のパッドという軽装で寝かせていたのだ。
今後は、夜間寝るときは、夜用の重装備のパッドを使うようにしてもらおう。
母は、昨年の冬、父のために夜用の重装備のパッドを買っておいて家に置いてあることも、まったく覚えていなかった。
「どこにそんなのあるの?」
「いつもリハパンやパッドを置いているトイレの隣の物置のところだよ。」
ちょっと見ればすぐに見つけられるはずなのだが、そういう夜用パッドの存在自体を忘れているので、探そうとも思わなかったのだろう。

今週、父が自宅に帰ってきたとき、もう一度、夜用パッドで重装備にした上で、防水長ズボンのほうをはいてもらい、そしてベッドを「超低床」でやってみよう。
それでも、夜間に何度も起きてしまう、とか、ベッドが大洪水になる等、うまく行かない場合には、もう、小細工はせずに、ベッドは通常の高さに戻そうと思う。

母が少しでも楽になるようにと思うけれども、なかなかうまく行かないもんだなぁ。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは
お母様御自分の事で精一杯のはずなのに大変ですね。
今が一番大変な時期なのかも知れません。
我が家でも今、寝たきりになって勿論大変な事もありますがまだ少し歩けた時は神経がいつも夫の事に向かっていました。
夜中に起きてトイレに行こうとしても場所が分からない。途中まで行って力尽きて転んでしまう。アワキビ様のお父様とちょっと状況は違いますが・・・・いつも見張り?が必要でした。
ベッドから起きあがったらすぐ音が出るようにたくさんの鈴をつけてみたり、徘徊する御主人を持つ友達から外に出て行こうとするとチャイムのなる機械を貰ってベッドの近くに取り付けようと思っていた矢先動けなくなってしまいました。
今振り返ってみるとやはりこの頃が一番大変でした。我が家はこの時期がとても短く対策を考えている間に通り過ぎました。
今はたくさんの方に助けていただいて何とか在宅介護を続けています。

お母様には病気の心配があります。
お父様が何とか夜はオムツにしてもいいんだよという事を理解してくれると良いですね。それも自分でやろうとする間は難しそうですね。

今インターネットに繋がりが悪く新しいパソコンを買いましたがセットアップがなかなかできず年を感じています。

No title

mjijiさん

コメントありがとうございます。

そうなんです! 何とか歩けるけれども、一人で歩くのは危ない、けれども危ないことを自覚できないで歩く・・・という頃が、目が離せず、気が休まらず大変です。それで、転倒でもしようものなら、介護している自分が至らなかった・・・と自分を責めてしまったり、「どうして一人で歩きまわるのよ! だから転倒しちゃうんでしょ!」と本人に八つ当たりをしてしまったり・・・ 私は、本人に八つ当たりするタイプですわ・・・ あとで自己嫌悪に陥ってしまいますが。

明日は、また実家へ行って、両親の様子を確認してきます。
超低床ベッドにして、夜間、両親二人ともぐっすりと眠れるようになるとよいのですが。

うちも最近、数年前に5万円ほどで買ったWindows10が早くも故障して、修理会社に見積もりをしてもらったら、修理代金が5万円代。安物買いの銭失いだったのか? 昔は、こんなに早く故障することなんてなかったのになぁ~! がっくりして、Windows7 の古いパソコンを引っぱり出してきて使っています。
ネットにも突然つながらなくなって、あれこれやってみたけれども、どうにもならず、ケーブル会社のサービス担当を呼んでみてもらったら、ルーターの故障。新しいものに交換したが、また、これでもつながりが悪く、再度、電話し、再交換してやっと繋がるようになりました。けれども WiFiの設定は別料金だと言われて、節約するために自分でやるとは言いましたが、説明書を読み、ネットで検索し、四苦八苦。養護がよく理解できないけれども、たぶん、こんな感じ?と適当にやって、なんとかなりましたが・・・次から次へと大変でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスカウンター