FC2ブログ

記事一覧

父を布団に寝かせてみた結果

夜中にトイレに何度も起きてきてしまう父。
そこで、思いついて、昨晩は父をベッドではなく、布団に寝かせてみた。
結果は、朝までぐっすり。
恐らくは、父はいつものように「トイレ!」と目覚めてみたが、起き上がれないので、そのまままた眠ったのだろうけれども、母は朝までぐっすり眠れたようだ。

そして案の定、父は朝になっても布団から自分で起き上がれない。
もちろん、母も父を起こすことができない。
朝5時半に、母が弟を呼んで、父を起こしてもらったそうだ。
弟は、布団の上に座った(座るのも大変だったそうだ)父を、後ろから抱え上げて起こしたと言う。

その後、トイレに父を連れて行くと、パッドにおしっこは出ていたけれども、ズボンに洩れるほどではない。
前にブログにも書いたけれども、父は慢性腎臓病なので、尿量が減少気味なのだ。
もちろん万一のことを考えて防水ズボンドリームガードもはかせてはいる。

しかし、う~ん・・・
これはちょっと・・・このままでは弟が腰を痛めてしまう。
これを毎日続けるのは無理だ。
でも、思いついた 
父を介護用ベッドに寝かせてから、コントローラーでベッドの高さを一番下まで下げればよいのだ(最初から気づけよ!私)。
父の介護用ベッドは超低床ベッドではないので、布団レベルの高さにはならないが、母に高さを測ってもらったら床から24センチだという。
この高さなら、ベッドから柵を掴んで起き上がれても、父の今の脚力では立ち上がることまではできない気がする。
そして、朝になって起こす時に、コントローラーでベッドの高さを上げてから、いつも通り起こせば良いのだ。
この方法で、今晩、再びチャレンジしよう。

母のことも書こう。
父が自宅へ帰ってきた翌朝、母は、はりきって、父を外へ連れ出したというのだ。
私が、朝、電話をしたら、
「雨が降る前に、その辺ひとまわりして来ようと思って・・・」
「えぇ? お父さんを連れて外へ出たの? 車椅子を押して?」
「いや、ウォーカーを使って・・・ 
 そしたら、お父さんたら、ぜんぜん歩けないのよ~。
 もう、あぶなっかしいったら、ありゃしない。」
「お母さん、そんなの歩けるわけないじゃない。
 お父さんは4月から3ヶ月間、ずっとショートステイで、ほとんど毎日ベッドの上で過ごしていたんだよ。だから歩けるわけないんだよ~。」
「そうなのねぇ~、歩けなくなっているんで、びっくりしちゃった。」
「もうね、外を歩くなんてムリなのよ。家の中で、和室とリビング、トイレの間を歩けば、それで十分なんだから!」

今日、ケアマネに電話をしたところ、ケアマネも翌朝心配で、父母がその日利用しているデイサービスに電話をして様子を訊いたそうだ。
母は私には言わなかったけれども、連れ出した父が歩けなくなって、そこでちょっとケガをさせてしまい、デイサービスに来てから傷口を消毒をしてもらったのだという。

ケアマネさんとも話したが、母は、こちらの予想しないことをやる、だから心配なのだ、と。

やはり母は認知症が始まっていて、記憶力にも、判断力にも問題ありなのだ。
これが老老介護、認認介護の現実だ。
在宅介護の継続は時間の問題なのだろうが、もう少し、もう少し、できるところまで・・・

母が自力で行けそうな距離にある特別養護老人ホームへ父の入所の申込みを考えている。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

柔軟な頭脳の持ち主ですね。
 お父様への介護の仕方等々、必要=上等な方法。
最近 小柄な友人が旦那様の介護を始められました。
で~貴女のブログを紹介しました。
~~自分だけじゃあないんだ。 と励ましと参考になるとよいと思います。  どうぞ ご主人さま ご両親の介護に つぶされないよう 程良きご自愛を!

No title

アワキビさんの御両親幸せですね。いつも親身になって心配してくれる娘がいるのですから。
ただ現実はやはり難しい。お父上を久しぶりに連れ出そうとするお母様の気持ちもよく分かります。私も春になったら夫を外に連れ出しお花見でもと車輪の大きい車椅子に取り替えてもらいましたが一度も叶いませんでした。
我が家ではあっという間に歩けなくなってしまいましたが何とか歩けるという状態の時が危険がいっぱいで一番大変でした。転倒すると立ち上がれないのに何とかなるのではないかとつい期待してしまいがちです。
御両親も慣れていない事もあり今が一番大変かも知れません。
皆様の支えで在宅介護が少しでも長続きすると好いですね。
でも無理をしませんように。私自身が皆様に言われていることです。

はごろもさん

こんばんは。

介護を始められたご友人に当ブログを紹介してくださったそうで、恐縮です。
私自身、介護の先輩のみなさんのブログを拝見して、いつも勉強させてもらっている立場なんです。

ほどよく頑張ります。手抜きできるところは上手に手抜きして、よく眠るようにします。ありがとうございます。

mjijiさん

こんばんは。

昨日、両親宅へ行ってきたのですが、父は膝小僧と肘に擦り傷を負っており、デイサービスで消毒してもらったそうで、膝小僧には大きなガーゼが貼ってあり、父は膝がちょっと触れるたびに「痛い! 痛い!」と。膝の骨にひびでも入ろうものなら腫れ上がるけれども(自分で経験済み)腫れてはいないようなので、たぶん擦り傷で済んだのだろう。デイサービスの看護師さんにも見てもらっているし。

母によくよくきくと、やはり父をアスファルトの上で転ばせてしまったようでした。

「転んでどうしたの? 起きられたの?」

「起きられないよ~。アタシだって起こせないのよ。通りがかりの人に起こしてもらったのよ。」

ですって・・・。そんな調子なのでとても心配です。これに懲りてくれればよいのですが・・・

その他、母の件はいろいろあって・・・おっしゃるように介護サービスをフル活用して、どうやったらうまく在宅生活を続けられるか、知恵の絞りどころです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター