FC2ブログ

記事一覧

小規模多機能に初めての2泊

私が実家に2泊している間、夫はいつもデイサービスに通っている小規模多機能居宅介護センターに宿泊させてもらった。
夫が行っている小規模多機能居宅介護の宿泊定員は5人。
夕食後、午後9時前くらいまでは、宿直のスタッフ以外に、外国人スタッフ(研修生か? 中国、フィリピン、ベトナム等の方々)が夕食の配膳やフロアのお掃除などをしたり、訪問介護に外に出ていた行っていたスタッフが残業していたり(?)で、総勢3人ぐらいのスタッフが居る(日によって違う)。
午後9時以降は、お泊まりの利用者さんも自室に入って、寝ている人もあれば、テレビを見たり、本を読んだりしている人もいるようだ。この時間帯は宿直のスタッフ1名のみ。
今回の夫の2泊のお泊まりについて、私は、やっぱり心配で(特に就寝前の口腔ケア)、結局、1日目は夫と一緒に小規模多機能で午後6時からの夕食をとり(私の分の夕食も頼めば実費で提供してくれる)、夫の口腔ケアをやってから、夕食を終えた両親が待つ実家へ向かい、そこで泊まり。
2日目は、午前中は、母が趣味のサークルを再開して出掛けている間、父を高齢者健診のため病院へ連れて行き、昼食は、3人でご馳走を・・・

  父 うな重
  母 うなぎのひつまぶし釜飯
  私 焼きサバ釜飯

と言っても、チェーン店のデリバリーである。
うな重のうなぎは、一部は平たく割かれておらず、なんだか丸々としているぞ?
その上に黒々としたタレがべったりと乗せられていて・・・

「なんじゃ、こりゃ~? これがうな重かぁ? 
 うな重を食べたことがない人がつくったのか?
 いかにも不味そうな出来。
 まぁ、鰻専門店ではないし、値段も安いからなぁ。
 でも、これじゃあ、お父さんに申し訳ないなぁ (ノ_<)」

と、一目見て、心の中で思ったけれども、父は「美味しい」と言って、珍しく完食してくれた。
(その代わり、夜ご飯は2割ぐらいしか食べられなかったそうだが、低タンパク食にしなければならない父にとっては、一日分のタンパク質を昼食だけで摂ったと思うので、それくらいで良いのだ。)

両親と三人でのゆっくりとした昼食の後、私は、いったん自宅へ戻り、猫のお世話。
猫のお皿にエサを出して、猫トイレのお掃除など。
それから、夫の居る小規模多機能へ行って、午後6時から皆さんと一緒に夕食。
そして、夫の口腔ケア。その様子を見にスタッフが側に来て、
「いつも、入れ歯をなかなか外してくれないんですよ」
と言うので、入れ歯を外してもらうコツを話す。

いきなり入れ歯を外そうとすると、本人は、自分が入れ歯であることを忘れているので、「歯を折ろうとするなんて、ひどい!」等と怒ってしまう。
まずは、「歯磨きをするのだ」と本人に認識してもらうために、歯ブラシに歯磨きペースト(夫は食べても大丈夫な「オーラルピース」を使っている)をつけて、本人に持たせて、歯磨きをするように身振りで伝える。
歯ブラシを歯に当てると、入れ歯が少し動くので、本人自身が「あ、ボク、入れ歯だったんだぁ」と気づく(ようだ)。
そこで、「入れ歯を外して~」と言うと、自分で外してくれることもあるし、こちらで入れ歯を外そうとすることにも抵抗がなくなる。
下の入れ歯は緩いので比較的すぐに外れるが、「上の入れ歯を外してもらうのが難しくて」とスタッフ。
上の入れ歯(総入れ歯)を外すコツは、親指で前歯の先を上側にぐっと押すと、パカッと外れることを伝える。これは歯医者さんに教えてもらった外し方。
パカッと入れ歯がはずれると、自分で入れ歯を吐き出してくれることも多いし、出してこない場合も、入れ歯を外されることには抵抗がなくなっている。
また、食事の後、血糖値が上がると、ぼんやりとして意識レベルが低くなるので、コミュニケーションがスムーズにいかなくなる。そのような時は、少し時間を置いて、頭がはっきりしてきた頃に、もう一度チャレンジすると、だいたいうまく行く。

そのような日頃の私のやり方のコツをスタッフに伝授した。
口腔ケアの最後、ブクブクうがいをして、口の中の食物残渣が出なくなってキレイになった後、更に「ガラガラうがい」をやらせるようにする。
ガラガラうがいは、顔を天井に向けて「ガラガラガラ」とやって見せると、夫も真似をして「ガラガラ」とやる。
・・・と、そこでちょっとムセて、ゴホンっと咳が出て、痰とともに、夕食に食べたヒジキが固まりになって、吐き出されてきた。
その様子を目の当たりにしたスタッフは、ガラガラうがいの大切さを分かってくれたようだ。

「嚥下があまりよくないので、食べ物のカスが喉の奥の方(咽頭蓋のあたり)に残っているので、そのままにしておくと、気管に入って誤嚥性肺炎を起こすおそれがあります。ブクブクうがいだけでは、喉の奥の食物残渣はとれないので、一通りの口腔ケアを行った最後に、ガラガラうがいをさせると、その刺激で咳き込んだ拍子に、痰とともに食物残渣も出てくることが多いです。」

夫は耳が聞こえない。
歯磨きをする時に入れ歯を外してもらいたい時に、その微妙なやりとりが、スタッフはなかなか上手くできないでいる。
夫を介護するコツを少しずつスタッフに伝えていくようにしているが、まだまだ十分ではなく、小規模多機能のスタッフに完全に任せることができないでいる。
スタッフは介護全般のプロだけれども、夫については私が一番のプロだ。
でも、これからは、両親の介護のために、夫に小規模多機能に泊まってもらわねばならない日が増えていくと思う。
だから、夫の介護のコツをスタッフに伝授して、スタッフと夫がスムーズにコミュニケーションできて、よりよい介護をしてもらえるように、スタッフと私の間のコミュニケーションにも、もう一つ努力をしよう。

記事中の オーラルピース という歯磨きペーストは、これ。
     ↓
   


 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

オーラルピースは前にもアワキビさんのブログで見たように思い名前が分からなくなって探していたところでした。夫は歯磨きをして水を吐き出させようとしますが結局吐き出すことが出来ず飲み込んでしまうのでこの頃は歯磨き粉は使わず水だけで歯磨きをしています。
舌のお掃除は出来ず先日たまたま舌の奥の方を見たら黒くなっていました。この頃麦茶を飲ませることが多いのでその所為かとも思いましたがもしやカビ?と思い心配になっています。以前は1ヶ月に一度歯医者さんに行っていましたがこの頃行けないでいます。
オーラルピース使って見ようと思います。グッドタイミングの記事有難うございました。

あまりにも忙しそうですがお身体にはくれぐれもお気をつけ下さい。

mjijiさん

こんにちは。
こちらへのコメントの返信が遅くなってすみませんでした。
今日は雨模様で、気温は下がりましたが、湿度は下がらず、ムシムシ、汗がじっとりと出てくるので、冷房をしています。

訪問歯科の利用が決まって良かったですね。
歯や歯茎、舌のお手入れや、嚥下についても、訪問歯科では相談ができます。
我が家でも、来週、訪問歯科を予定しています。
昼食時間に合わせて来てくれるのです。
夫の食事の様子や、嚥下の状況、口腔内残渣のことなど実際に見て、アドバイスをしてくれるようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスカウンター