FC2ブログ

記事一覧

異食

夕食の準備をする時は、たいてい夫が在宅しています。
夕方になると、そわそわし始める夫を、監視しながら見守りながら、
トイレに行きたそうであれば、料理を中断して、トイレに誘導し、
階段を登り始めれば、料理を中断して、一緒について登り・・・
なんだか静かだなあ~と思いながら、ふと、ソファに座っている夫を見ると、
頬を膨らませて、口をもぐもぐしている。
(;゜0゜) え~、食べるものなんか置いていないのに?!

もごもごもごもご・・・結構、大きいものみたい?
何を口に入れてるの~?
はい、口を開いて~!
はい、出して、出してぇ
口を開けなさい!

なかなか口を開けないので、
やむなく、唇の間に指を入れると、
パカッと口を開けてくれました。
夫の口から出てきたのは・・・
目薬の容器でした。

このような状態で ↓ テーブルの上に置かれていたものを、


袋から目薬の容器を取り出して、容器ごと頬張っていたのでした。
飴だとでも思ったのでしょうか?
もし、飴だと勘違いしたとしても、口の中に入れた段階で、
「これは食べ物ではない」とわからないものでしょうか?
もうしばらくそのままにしていたら、食べ物でないと自ら気づいて、
口から吐き出してくれたのでしょうか?? 

ティシューペーパーを口にして、もぐもぐしているのを発見し、
あわてて口の中からティシューペーパーをかき出したことも何度かあります。
思いもかけないものを口にするので、目が離せません。

でも、とりわけ、夕方になると、夫は落ち着かず、うろうろ、うろうろ。
「座っていてね」と言ったところで、右から左へ・・・ですからね。
こういうときは、守勢にまわるより、攻めるに限ります。

「お料理を手伝ってね~」と声をかけます。
「うん、いいよ。」
・・・と言っても、最近の夫にできることは、
フライ返しを持って炒めることぐらい。
それも、1分もフライ返しを動かしていると、
すぐに飽きて、「疲れた~」と言って放り投げる。
または、
「おしっこしたい!」と言い始めるので、
トイレに誘導して、そのまま中断してしまうか・・・です。

でも、ほんのちょっと、こうした「お手伝い」をやってもらうと、
満足して、そして、疲れるのか、その後しばらくは、静かにしています。
その間に、私は夕食の準備を進められます。

IMG_1296.jpg 

 ↑お料理をやっている!っぽく撮れましたねぇ・・・

IMG_1299.jpg

食べ始めてから、写真を撮り忘れたのに気付き、食べかけのお皿の写真です。
きれいに盛りつけるセンスがなくて、いつも、ぐちゃぐちゃです。
左側のおかずが、夫が炒めていたもの、一応、鶏肉入り炒り豆腐(豆腐が見えませんが)。
右側が、ジャガイモと玉ねぎとモチキビを炊いたものにズッキーニのぺペロンチーノ・ソースがけ。
ジャガイモ(インカのめざめ)とニンニクは、ムクロジ(無患子)さんの菜園で収穫されたものをいただきました。美味しかったぁ。ありがとうございます。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

アワキビさん、こんにちは。

蒸し暑い1日ですね。昨夜は、雷が聞こえていました。そちらは、いかがでしたか?ミルク&モカちゃん達は、怖がっていませんでしたかね。
異食、大事に至らず、よかったです。
事故多いです。
アワキビさんも、気の休まる暇がありませんねぇ。
その中で、お食事作り~~~。偉いです。尊敬しちゃいます。
野菜たっぷり「ぺペロンチーノ・ソースがけ。」今度作ってみたいです。
雑穀と言うのがアワキビさんらしい(*^-^*)
色んな意味で、畑が来年あるかなぁ~という状況なので。
少し、お福分けを♪
喜んで、いただけて、大変うれしかったです。

アワキビさん、ご無沙汰してました。
うちの母も4月下旬にCRPが12以上になり、その時から訪問診療と訪問看護に切り替えました。なかなかお医者様に行くのが大変になってきたので。
母も自宅で抗生物質を点滴(でも足首付近だったので3日で凝固)、抗生物質を粉にして食べ物に混ぜる、を1週間続け、なんとか下がってくれました。
結局肺炎だろうとのことで、なるべく食べ物、飲み物はとろみをつけるようにと言われてしまいました。
脱水にもなり、栄養状態も悪くなって、かなり体重も減りました。それ以来あまり食べなくなり、今はゴボウやキノコを入れたポタージュにほかの野菜のペーストを混ぜたり、生クリームや豆乳を混ぜたりして飲ませてます。百均の製氷皿大活躍ですw

ズッキーニのペペロンチーノおいしそうです(^^♪
まだちゃんと食べられるのすごいです。
異食は同じようですね。
うちはお手拭きのタオルやお皿まで口に入れかけます。油断すると何を食べるかわからないので、テーブルの上は何も置けなくなりました。

以前、手づかみで食べると書き込んだときに、アワキビさんが食べようという気持ちがあるのがいいのよというようなことを書かれて、本当にそうだなと思ってました。今もおかずとか果物を、少しですが手でつかんでいます。

たまに書き込むと長くなってごめんなさい。
ご主人と経過が似てるな~と思っていましたが、ここにきてちょっと母の方が進んでしまったみたいです。

ムクロジ(無患子)さん

こちらも夜中に雷がゴロゴロ聞こえていましたよ。
でも、遠雷だったかな? ミルクは怖がりなので、雷が近くに来た時には、家の中の雷から一番遠いところに隠れてしまいます。本当に怖い時には、猫は身体が堅くなって動けなくなるもんですね。

異食は、夫の場合、目がよく見えないので、お菓子?パン?等と思って口にするように思いますが、口にした後、味がヘン?と思って吐き出さないのかなあ?

ムクロジさんが精魂込めてつくったジャガイモとニンニクのお福分け、私も嬉しかったです。私たちの身体の一部になりましたよ。
畑が来年もありますように~

ねねさん

お母様も大変だっでしたね。
CRPが高くなった原因は、肺炎? 熱は出なかったのでしょうか? 本当ノ原因ははっきりはしないのですね。
昨年の6月頃のブログに書きましたが、夫も当初原因不明で、熱もないのに、CRPが12ぐらいに高くなり、肺炎を疑って抗生物質の点滴をしましたが、数日たっても改善せず、そのうち左足が腫れてきて、これは何事?と。結局、原因は左下肢の動脈が閉塞したためだったのですが・・・病院に入院してからは寝返りもうてず、1週間後に退院したときは歩けず、食事もミキサー食まで落ちていました。
でも、少しずつ、刻み食になり、普通食まで食べられるようになりました。
誤嚥は怖いのですが、口から食べないと、咀嚼も嚥下能力も改善していかないのでね・・・ねねさんのお母様が少しずつおかずや果物を手で掴んで食べているというのは、とても良いことだと思います。ご自身で、「さあ、今から食べ物を手に取ろう!」と脳から手へ指令が行っているということだし、それから「手に取ったものを食べるぞ~」と脳が食べることに意識を向けた上で咀嚼・嚥下する。大事なことですね。お母様が好きな物、食べやすいもの、美味しい物を差し上げてください。お元気になられますように!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスカウンター