FC2ブログ

記事一覧

母の入院から1週間が経った

母が入院して1週間が経った。
頸椎化膿性脊椎炎疑い・・・ということで、現在、抗生剤を点滴している。
首のまわりにコルセット?補装具?を着けている。
痛みは相変わらずで、夜間は痛みで眠れず、座薬を入れてもらっているらしい。
頸椎化膿性脊椎炎と断定せず「疑い」となっているところが気になるが・・・
ネットで調べてみると、治癒するまでは長期間かかるようだ。

父のほうは、ショートステイに行って10日目に、
通院予定があり、私がショートステイ先へタクシーで迎えに行き、
病院まで連れて行った。
父の足がひどく浮腫んでいるので驚いた。
糖尿病内科の医師にも見せたが、塩分を多く摂っているのではないか?とのこと。
父の場合、慢性腎臓病のため、低タンパク、低塩分で食事を調整しなければならない。
具体的には、一日あたりタンパク質45g、塩分6g、1680キロカロリーである。
一応、低タンパクにするということを念頭に、レトルトの低たんぱくご飯を持ち込んで3食これを食べてもらっている。
ショートステイ先の厨房でつくってくれるおかずはおいしそうだけど、
父にとっては、タンパク質、塩分を摂り過ぎになってしまうようだ。
そこで、ケアマネが交渉して、今まで自宅で利用していた冷凍のタンパク質・塩分調整食を持ち込んで食べられるようにしてくれた。
一日1回、昼間スタッフが多い昼時のみだが、自宅でも3食のうち1食のみを調整食にしていたので同じことだ。
また、おやつについても、タンパク質ゼロで150キロカロリーのプリンを持ち込み、これを食べてもらうことにした。
タンパク質の摂取量が少なくし、さらにカロリーまで少なくしてしまうと、身体の筋肉を分解してエネルギーに充ててしまうことになるで、カロリーは油分などでしっかりと摂らないといけないので、タンパク質ゼロの高カロリーのおやつで補っている。

父については、5月いっぱいまで、2カ所のショートステイを利用して乗り切ることになった。

それから、父のための特別養護老人ホーム探しを始めた。
県の特別養護老人ホームの空き室情報がネットで公開されているので、
それを見て、待機者の少ないところを候補として考えた。
ケアマネもこれらの情報をもとに電話をかけて、可能性の高いところをいくつか提案してくれた。
多床室はどこも待機者が多くて、数年待ちだろうから、最初から断念。
利用料金が高いユニットのほうが待機者が少なく、早い順番で入れるだろう。

実際に足を運んで話を聞いた。

候補に挙げていた今夏新たに20床が新たに開設される特養は、
食事は、業者がつくったチルド食を温めて出すという方式なので、
低タンパク調整食の対応はないと言われた。

やや古びた特養のほうは、施設内の厨房で食事を作っている。
そちらのほうは、低タンパク調整食の実績もあり、対応可能とのことだった。
厨房で食事を作っている人たちの顔写真と一言が施設内に張り出してあったりして、
温かい雰囲気、好感が持てた。
その特養は病院系列なので、往診があるだけでなく、
検査などで通院が必要な時も、系列病院受診の場合は
スタッフが付き添ってくれるのもメリットだ。
また、「拘束をしないこと」をポリシーに上げていること、
「これまでの馴染みの暮らし、習慣を尊重してくれる」こと、
それから、「職員も安心して働けること」も掲げられており、
その点もとても好ましく思った。
介護を担う職員自身が、大切にされていない現場では、
良い介護をするのは難しいだろうから。

書類を取りそろえて、今週末には申込みをする予定。

私が父や母のことで、飛び回っている間、
夫は朝早くから夕方遅くまで、小規模多機能デイで過ごしている。
幸い体調は悪くなさそうだ。

今週末は、父がショートステイ先から戻り、実家で一泊し、
翌日また別のショートステイ先へ行く。
母はまだ入院中だし、私が実家に泊まって父を介護する。
ああ・・・
ただ、あの汚部屋に寝ないといけないのか・・・
と思うと、ちょっと憂鬱だ。
イヤ、7年前ぐらいのゴミ屋敷ほどはひどくはないのだが、
それでも、荷物の山で廊下側の窓は開けられず真っ暗で、
もう一つの窓は開けようと思えば開けられるだろうが、
モノが積み上がっている。
部屋に入ると埃っぽくて、咳が出る・・・
布団のシーツとかも全然洗濯していないのだろうなぁ・・・

父がショートから帰る前に、少し片付けようとは思うけれども、
結局、モノを捨てないと掃除もできない。
母には、
「捨てないで~
 大切なものがあるかもしれないから~
 あとで見るから~」
と釘を刺されているのだ。

ああ、もう、すっきりとキレイにしたい。
片付け作業をする時間が必要だ。
どこかでまとまった時間をつくって取り組まなければ・・・

夫は小規模多機能へ一泊してもらう。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

No title

そうですか、痛みが取れないのですか。それも夜間まで。
お食事も、摂りにくいのでしょうか。ご心配ですよねぇ。
お父様の特養申込も進められているのですね。
母も、最期は特養のユニット型でした。妹宅より2,3分の新築でした。
どこのお宅も、色々と抱えておりますが、
まとめて、やって来る印象あります。

どうか、アワキビさんも、ご自愛下さい。ムクロジも頑張りますから。

お疲れ様です

アワキビさん

本当にお疲れ様です。
兄弟の関係も難しいですね。

私の兄は、遠くにいて、母親のことはほぼ無視です。
経済的な点でバランスをとっているのかなあと思ってきましたが。
なかなか、・・・。

アワキビさん一人でご両親とご主人の介護を担っているようで。
かといって、アワキビさんのいうように、弟さんのお嫁さんに
何もかもお願いできないというのも
よくわかります。

生きることは、なんて大変なんでしょう。

明日から西日本は暑くなりそうです。
東日本も、少しずつ暑くなるかもです。

くれぐれもお疲れのでませんように。

sue

No title

こんばんは
アワキビさん次々と難題が降りかかり八面六臂の活躍ですね。
お母様ご心配ですね。痛みは分かって上げられないし、代わっても上げられない。治るまで時間がかかるのはこれまた大変ですね。
お父様も心配ですね。
お父様も持病があるだけに難しい課題が山盛りなのですね。
今我が家は介護度が上がり色々助けてもらえる事が多くなってきて心強く思っていますがただ動けなくなって来ているので何時まで一人で見られるか見通せません。他人事ではありません。

お疲れが出ませんように祈っています。

ムクロジ(無患子)さん

おはようございます。

お母様の特養は妹さんのご自宅より2、3分でしたか。
近くにあると通いやすくてよいですね。
我が実家は、住宅密集地にあるので、近くには望めません。
公共交通機関もなく、タクシーで片道2000円ほどかけていくようなところばかりなので、仮にそこに決まっても、母は貧乏性だし、それだけの交通費をかけて頻繁に通うことはなさそうに思います。それに母一人で行くのはムリそうだから、結局は、私か弟の家族が連れて行くことになるでしょうから、頻繁にというわけには行きそうになく・・・

ムクロジさんが頑張っていらっしゃるので、私も、よいかげんに、でも踏ん張って、今日は実家に、父の介護と部屋の片付けに、行ってきます。

sueさん

こんにちは、sueさん

夫の介護は夫婦で一緒に生活をしているので、それはあたりえまえ。
両親の介護と言っても、現実にお世話をしているわけではないく、いろいろ手配をしているだけですが、どう手配をするかは、私がやるしかないというか、そうしないと納得できないからやっているだけですし、一人子であれば皆さんそういうことになりますね。

弟がやれることについてはやってもらってはいます。
弟のお嫁さんは、弟よりももっといろいろやってくれています。
入院中の母への見舞いも頻繁に行ってくれていて、ありがたいです。
弟のお嫁さんは、自分自身の親御さんの介護も必要なのに・・・
私は、弟のお嫁さんの親御さんの介護にはまったくタッチしていませんし、弟もお嫁さんの親御さんの会議にはノータッチなのに・・・。

でも、どこでも同じような様子です。
今私が通っている体操教室のインストラクターの方々も、みんな親の介護に直面しているようで、よく話題になります。

急に真夏日になりそう・・・だなんて予報で、身体がついていきませんよね。
今朝も、少しだけ暖房をしたのに、昼からは22~25度?

西日本はもっと暑くなりますか?
sueさん、お互いに、自分を大事にしながら、やっていきましょう。

mjijiさん

こんにちは、mjijiさん。

ブログ拝見しています。
いざという時、訪問看護師さんが駆けつけてくれるようになり、心強いですね。

父の介護は、母があって成り立っていました。
母が、もう、身体の痛みから、頑張れないとなった時、施設入所以外の選択肢はなくなりました。

両親一緒に有料老人ホームに入って介護を受けられればよいのですが、それだけの資力がありません。
家族がバラバラになってしまって、淋しい思いです。

私の経験をひとつの例として、mjijiさんのご主人の介護に何らかのヒントがありましたら嬉しいです。

こんばんは

アワキビさん、
毎日、本当にご苦労さまです。
こんな時、ご主人の体調が落ちついているのと、小規模多機能型なのでわりと融通がきくのが安心できますね。

ところで、私の妹が一昨年「化膿性脊椎炎」で入院&手術をしました。
入院期間は約3か月、手術は6時間かかりました。

シマウマさん

こんばんは。

お陰様で夫の体調は比較的落ち着いており、小規模多機能も柔軟に対応してもらえるので助かります。とは言え、定められた定員を超えてしまうと利用はできないというデメリットもあります。でも、それはデイを利用できないだけで、訪問という形をとることはできるのですが、とは言え、ずっと何時間もつきっきりでスタッフに訪問介護に来てもらえるわけではありません。

シマウマさんの妹さんの入院というのは、化膿性脊椎炎だったのですかぁ。腰でしたっけ? うちの母は頸椎のほうのです。
手術をすることになった経緯から退院まで、参考までにお話を伺いたいわ~。また、別途ご連絡致します。

今日は夫を連れてアルバの会へ参加してきました。
楽しかったですよ~。

こんばんは。

 いつも 何時もアワキビさんのブログを拝見し心配しておりました。コメントを何度しようと思ったことでしょう。でも出来ずにいました。
今日 アワキビさんがご主人とアルバの会に行かれたと知り、勇気をだしてやっと…。
お母さまの痛み、お辛いでしょうね。
お父様の事もあわせご心配は尽きない事とおもいます。

御主人様、アワキビさんの忙しさ 心でわかっていらっしゃるのでしょう。アルバの会にいらしたご主人の嬉しいお心に涙しています。

アワキビさんのブログで色々な施設の事、届のこと、諸々一杯!将来に備え勉強させていただいています。
今のところはアワキビさんはじめ、ブロ友さんの範囲だけの勉強ですが心強く思っております。
私も通るであろう道を一歩ずつ確かめながら歩かせていただいています。

アワキビさん お疲れ いっぱい一杯でしょうに。
頑張りすぎないようにしてくださいね。・・・娘にいう母の気持ちです。

私も私の出来るだけのこと一杯はしています。時間通りにしなければ気の済まない彼に合わせる生活にも、上手に対処出来るように成りました。が、弱い私は時々落ち込んだりもしてしまって。介護とは10人10色と思うことにしています。

冬もの、春もの、夏ものと一部屋とってもにぎわっています。
片付きません。異常気象ですね。

ご自愛ください。

らばさん

おはようございます。

私も夫も元気ですよ~。
先日は、夫を車椅子に乗せて、ショートステイ先の父に面会し、その足で、今度は母の入院先へ行って面会。すべて公共交通機関と徒歩で一日がかりでまわりました。
ちょうど曇りで気温が高くなく、風がちょっと冷たいぐらいでしたが、これくらいの気候のうちに外を出歩かなければ! もう少ししたら、とても車椅子で外出することができないような暑さになってしまいますものね。

身体の痛みは、気持ちまで鬱にさせてしまうものですね。
母の病のほうは治癒するまでに時間がかかりそうです。

父のほうは至って穏やかですが、糖尿病による神経障害が心配です。
足の指先や足の裏が痛むのが気になるところです。血管外科から出ている薬は飲んではいますが。

らばさん、おっしゃるとおり、介護は十人十色です。
介護を受ける本人も、介護をする人も、その関係性も、みんな違うのですから、同じにはなりませんよね。
でも、私も、他の人の体験から多くのことを学ばせてもらっていますし、私の介護の個人的な体験が、どこかで、誰かの参考になったら、嬉しいなぁ。

今日は朝から雨です。筍梅雨(たけのこづゆ)と言うらしいのですが、ところによっては大雨になり土砂災害が心配されますね。

らばさん、私も落ち込むことも多いです。
「こうあるべき」と思ってしまうと、そうできないことに落ち込みます。
「こうであったらいいけど、そうでなくても、やっていける」と気持ちを切り換えられるようにしようと思っています。

お互いにファイト!ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター