FC2ブログ

記事一覧

若年性認知症家族会へ参加

日曜日は若年性認知症彩星の会の総会へ。
実は、私、前日、珍しく胃の辺りがムカムカして気持ちが悪く、胃腸が動いていない感じで食欲なし。夫と一緒に終日寝ていた。
こんな調子じゃ明日は欠席か?と案じていた。
翌朝起きてみたら、私の方は、まあまあ大丈夫そうだった。
ところが、夫は朝起きた時点で「怖い、怖い」を連発。
夫が怖いという時は、たいてい体調がよくないor体調悪化の前兆。
これはダメか? いやいや、夢見が悪かっただけかもしれない。
昼まではまだ時間があるから、もう一度寝かそう。
午前10時半過ぎに、もう一度起こした時は、まあまあ悪くなさそう。
ただ、眠い、眠い・・・。軽く朝食を摂る。
午前11時半、小規模多機能デイの車が迎えに来たので、一緒に車に乗ってデイサービスへ。
今日は二人分の昼食を用意しておいてもらったのだ。私の分は実費500円を現金払い。
小規模多機能デイで、一緒に昼食を食べてから、午後1時前に小規模多機能デイの車で、彩星の会総会の会場まで送ってもらった。

本当は夫を小規模多機能デイに昼食・おやつ・夕食まで(宿泊もと思ったが、あいにく定員5人分が既に埋まっていた)行ってもらっている間、私だけ彩星の会に参加するつもりだった。けれども、どうせデイに居ても居眠りしているだけだから、同じ寝ているのであれば、一緒に連れて行ってもいいかなと思い直したのだ。会場も障害者センターなので、トイレの心配もないし、周りを気兼ねする必要がない集いの場だから。

夫を車椅子に乗せて会場に着くと総会は既に始まっていた。
ブロ友のYさん、ららさん、えいさんの顔が見える。
前日に、気になって読み直していたブログの主NAOさんともご挨拶。

夫は案の定ずっーと目をつぶって寝たまま総会が終わった。
総会後、ハワイアンバンドが始まった頃、少し薄めを開けて周りを見るようになったが、だいたいの時間は眠っていたかな。

昨年5月の交流会に夫を連れて参加した時に初めてお会いした医師のK先生は、夫がいるのに気がつくと、声をかけてきてくださり、夫の足を触って状態を確認しながら話を聞いて下さった。皆さんもK先生にはいろいろご相談されているご様子。

会終了後、午後5時からの二次会までには時間があったので、近くの公園の桜を見に行くことに。起伏のある土地なので、えいさんが夫の車椅子を押してくださった。夫の目に、桜はちゃんと映ったのか?定かではないが・・・

その後、いったん会場に戻ってから、二次会の会場へ移動する際は、初めてお会いする若年認知症のご本人のHさんが、「車椅子押しましょうか? 父が車椅子だったので、押すのに馴れています」とおっしゃて、夫の車椅子を押して下さった。歩く道すがら、Hさんとその奥様と自己紹介を兼ねてこれまでの簡単な経緯を話して下さった。診断されてから半年、まだまだいろいろなことができますよ~。

カフェ風居酒屋に到着。車椅子での参加は、私たち以外にはFさんご夫妻。
Fさんが車椅子の奥様を連れていつも彩星の会定例会や二次会に参加されるご様子を拝見して感銘を受け、私も夫を連れて来てもいいかなと。

夫は私の隣で、黙々とよく食べ、一人の世界に没入して、一人でしゃべっている(手話で)。自分の前でしゃべっている人としゃべっているつもり? あるいは、目に見えない誰かとしゃべっているようだった。

突然、隣の女性Iさんの手を触り始めた。夫は指を何やら細かく動かして触っている。手を握るという感覚ではないし、なんだろう? 
Iさんは、寛大に「どうぞ~、いいですよ~」。
そのIさん、以前、少し手話を習ったことがあるとかで、夫に手話で話しかけてくれたり、夫の言う手話を少し理解してくださったり。
でも、夫の妄想に基づく手話を読み取って理解するのは、私にでさえ、なかなか難しい。
私たちの目には見えないものについて、夫は話をしていることが多いのだから。

と、夫が「お手洗い!」と言うので、レストランのトイレに連れて行くために夫と一緒に椅子から立ち上がって、夫を支えて歩き始めたところで、すぐにYさんが席をたって、一緒に夫を両脇から支えながら、トイレまで歩いてくださった。

トイレで夫を座らせるところまで手伝ってくれた後、「外で待っていますからね~」とYさん。
さて、夫のパッドは既に濡れていたので、もう出たものと思い、パッドを新しく取り替えて、リハパンとズボンを上げたところで、
「たまってる! 出そう!」
と夫が言い出したので、便座に座らせるまもなく、慌てて、ズボンとリハパンを下ろして、立ったまま、便器に向かってジョ~・・・・
やれやれ、無事だったか~
ホッと思うまもなく、くんくん? 何やら臭う。
立ったまんまの夫のお尻のほうを見ると、なんと、ブツが10センチほど、ぶらさがって出て来ているではないか!
ひゃ~!! 大変だぁ!!
とっさに、トイレットペーパーを引き出して、何重かにしてから、ブツを掴んで、便器に捨てた。ちょうどよい堅さで良かったよ~ まったく 

きれいに拭いて、便器の蓋を閉じて、水を流して、もう一度、服を整えていると、何やら生暖かい水が?
なんだ?と見ると、便器と蓋の間から、その生暖かい水が噴き出してきている。
げ~っ、どうした? 便器が詰まって水があふれ出したのか?
便器の蓋をそ~っと開けて見ると、温水洗浄水が噴き出しているようだった。

どうやら、トイレに手すりがないため、夫がトイレの壁に触ってバランスをとっているうちに、壁に取り付けられていた温水洗浄のボタンを押してしまったらしい。

慌ててまた蓋を閉めたが、その間にもどんどん生暖かい水が間から噴き出てきて床を水浸しにしている。
温水洗浄を止めるボタンを探すも、これがまたスタイリッシュなボタンのデザインはいいんだけど、かっこつけた細い灰色の文字で書かれているので、老眼・白内障の私の目には、どれが止めるボタンだかすぐにはわからん! メガネを外して、パネルに顔を近づけて、ようやく「止」ボタンを探し当て、止めることができた。

あぁ、足下のトイレの床が水浸しだ~!!
また、トイレットペーパーを引き出して、床を拭いて、拭いて、拭いて・・・

トイレの中にこもったまま、まさに私たちがフン闘している間、外でYさんはずっと辛抱強く待っていてくださったのだよ。

ようやくトイレから出て、元の座席まで、Yさんと一緒に夫を両脇から支えて歩く。
途中夫は、目に入った赤く光っている機械が気になったようで、そちらに気を取られて足が止まる。私が夫をひっぱって動かそうとすると、Yさんは、
「いいわよ~、赤いのが気になるのね~。
 じゃあ、よ~く見て行きましょう~。
 せっかく歩いているのだから、あちこち見ていきましょうね~。」
と、夫に優しい言葉をかけてくれるのだ。
うぅ~ 私なんか、いつも
「何やってんの!
 そんなのいいから! 
 関係ないでしょ! 
 早く、早く!」
と急かして歩かせてしまうのに~
Yさん、なんでそんなにやさしい言葉をかけることができるの?
 ウルウルウル 

夫が両脇を抱えられながらも歩いて席に戻ってくると、ららさん始め周りのみんなが「よく歩いてきたね~」とばかりに拍手をして迎えてくれた  
ただ、よろよろとでも、歩いて来れた!というだけで拍手をして喜んでもらえるのは、この会のこのメンバーだからなのだ。その意味を噛み締める。

夫は、なんだかわからないけれども、みんなに拍手をされて、褒められた?と気持ちが昂揚してきたようで、嬉しいみたい。
私も、先刻のトイレでのフン闘がなんだかおかしくって、みんなに話したかったけれども、さすがに食事をしている席では言い出しかね(だから、今このブログに書いてます)、一人で夫の顔を見ては、ニヤニヤ思い出し笑い。

楽しいときはあっという間に過ぎてお開きに。
夫はららさんとも何度も握手をして、皆さんとも片言の手話で「また会いましょう!」と互いにご挨拶。

皆さんと別れてから、我が家は徒歩距離にて、午後8時には夫はベッドの中にいた。
心地よい具合に疲れて、グーグーよく眠ったようだった。
彩星の会に参加して良かった。楽しかったね。
  
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

アワキビさん。こんにちは。

家族会への、ご参加。
よかったですね(~_~)。
アワキビさんの、文章も明るくあたたかな印象ですよ。
受入れて、いただくってどんなにか励まし・元気と繋がって
いることでしょうか。
これからも、お仲間の輪が拡がって行きますように♪

サクラ見物もでき、心地良いお疲れで、良質睡眠も確保なさったことかなと、想像しています。
先週から、小さなお友達(わんちゃん・ねこちゃん)の急な旅立ちが相次ぎ、ブロ友・ご近所さんの心持を思いますと、ちょっと落ち込みがちでした。

ですから、更新ブログのお元気な様子が、尚のこと嬉しかったです。

No title

こんにちは~
私も参加したかったけど土、日しかショート取れなくて諦めました。
何はともあれ体調が良くなって参加出来て良かったですね。

フン闘?ぶり目に浮かぶようです。マジにご苦労様でした。

ゝ足下のトイレの床が水浸し・・・YさんにSOS出したらよかったのに。。。きっとYさんならお助けマンしてくれますね。✌

Yさんの口調、お世話、おもいやり頭が下がります。

大変だったけど、花見も出来たし、参加出来て良かったですね。

アワキビさん、しっかり体調管理して、(旦那様も)これから良い季節になります。
どんどん外に出て、色んなことやりましょうね~~

又、会える日を楽しみに、今日も私も介護に精を出します。
で、まだアワキビさんよりフン闘?は楽だし…お互いファイト!!

ムクロジ(無患子)さん

こんばんは。

家族会や患者会は、同じ経験をしている人たち同士なので、他では言えないようなことも言い合える大事な場ですね。

小さなお友達(わんちゃん・ねこちゃん)の急な旅立ちが重なったのね。大事な家族を亡くしたブロ友さんやご近所さんの心持ちを思うと辛くなりますね。めめちゃんのことも思い出されますね。

昨日も夫を連れて桜を見に行ってきましたよ。満開の桜が見れました。
ムクロジさんは今年はどんな桜を愛でましたか。

サザンカさん

こんばんは。
そうでしたか、ショートの日程がうまくとれなかったのですね。

うちも3月上旬に熱を出して、総会は後半だから大丈夫と思っていたのに、案外、長引いて、終日眠ってばかりの日々が続くは、前日、私自身の具合が悪くなるわで、もうほとんど出席を諦めていたのですが、当日、なんとかなりました。春先も、体調管理はなかなか難しい~。

ほんと、これからの良い季節、外へ出られる時は外へ出て楽しまなくっちゃねぇ。
フン闘も、馴れてしまえば、そんなに大変ではないような気がする。
みんなと一緒に笑えば、楽しい経験になる。

サザンカさんのお姉さんの介護も、並大抵なことではないですよ。
せめて夜から朝までぐっすり眠ってくれるようになるといいですね。

お会いする日を楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター