FC2ブログ

記事一覧

くねくね体操、効くかしら?

訪問リハビリの際に理学療法士(PT)さんと一緒に
あらためて夫の状態を見た。
椅子からの立ち上がりはできるが、
立ち上がって、1メートル50センチメートルほど先に置いた椅子まで
数歩歩き、その椅子に座る・・・ことが不安定。
椅子に座るために回転することができない。
支えないと転んでしまいそう。

これができないとトイレの便座にも座れない。
実際、夫を介助なしで一人でトイレに座らせてみると、
トイレの壁に頭をぶつけたり、
倒れそうになって、壁に寄りかかったりする。
以前はもっと安定してできていたのに。
脳の萎縮が進行したということなのだろうか?

たまたまNHKの「ガッテン」で見た、
腰をくねくねする体操。
これが身体全体の神経を刺激して、運動能力を向上させるとか?
今の状態の夫にも、こういう動きが必要ではないか?
気休めかもしれないけれども、
夫と向かい合って手をつないで(そうしないと倒れるので)、
くねくね腰を左右に動かすように誘導する。
なかなか動かせないし、少しやるだけで前へ後ろへ倒れそうになる。
4~5回やっただけで、疲れて座ろうとする。
まあ、気が向いた時に、ちょっとやってみようと思う。

今日はだいぶ涼しくなった。
夫はと言うと、午後から妄想気味。
家の中で夫の妄想を相手にしているのもなあ。
涼しいので、車椅子で、近所を散歩してくるか。
夫を車椅子に乗せて、坂が少ないコースを通って、
車椅子で利用しやすいカフェまで行く。
カフェで、珈琲とおやつに小さなパンを買って、
珈琲を飲みながら、パンを食べる。
パンを食べている夫を見ていると、
なんだか様子がヘン。いつもと違う感じ。
なんだろう? じっーっと見てみると、
身体を後ろにそらせて、頭も後ろ気味にしている。
どうした?
口元を見ると、パンを噛んでいるのだが、
上の入れ歯がフガフガ落ちてきてしまうようだ。
パンが入れ歯にくっついてしまうのか?
入れ歯が落ちそうで、後ろにそっているのか?
それとも何か神経学的な異常?
う~ん? よくわからないが・・・

パンを食べ終わると、今度は、紙製の白いおしぼりを
ちぎって、口の中に入れようとした。
あわてて、夫の手から紙おしぼりを取り上げた。
最近、ティシューペーパーや紙おしぼりを
食べ物と思って、食べようとすることが増えた。

そして、
「あれ、怖い。ぐさって刺されるかもしれない。」と
夫が壁にかけらているポスターを指さす。
見たところ、何の変哲もない、文字だけでのポスターなのに?
夫の目には何か怪しい怖い物が映っているのか?
妄想か幻視かわからないけれども、
夫が「怖い」と言う時は、調子が悪い時だ。
早めに家に帰ったほうが良さそうだ。

帰る前に、トイレに連れて行こう。
ついでに入れ歯も、トイレの洗面所でチェックしよう。
歯茎と入れ歯の間に何か挟まっているのかもしれない。
ここのカフェは、バリアフリーに仕様になっていて、
二人でゆったり入ることができる。
夫を便座に座らせ、おしっこが終わったらしいので、
立たせてみると、なんとお通じもあった。
さりげなくスルッと出るんだな~。
「トイレに行きたい」なんて言ってなかったのに。
一応、帰る前に、念のためと思ってトイレに入ったのだ。
でも、良かった。
トイレに入らず帰っていたら、大惨事になっていたかもしれない。

自宅までゆっくり歩いて30分程度。
敷地内の植木鉢に植えているトケイソウが繁茂して大変なことになっている。
もう花も終わったし、そろそろ切らねば。
蚊取り線香を焚いて、夫を車椅子に座らせたまま側で見てもらうようにして、
剪定というにはおこがましいが、伸びに伸びた蔓をざくざく切って、
45リットルのゴミ袋に詰め込んだ。
この間、10分ぐらいのもの。
夫は、おとなしく、私の作業を見ていた。
近所の奥さんが、このトケイソウを欲しいと言っていた。
挿し木でつくのかな? 
切っても切っても、まだまだたくさんあるから、
またその奥さんが通りがかった時に声をかけてみよう。

部屋の中に入って、少し休憩。
その後、夕食の準備の際に、夫に少し手伝ってもらった。
フライパンで炒めるだけだが、
炒めている間、立っていなければならない。
これが夫にはなかなか難しいこと。
万一、後ろに倒れるといけないので、
夫が立って炒めている後ろにソファを置いている。
さらに、夫の後ろに私が手を添えて、後ろに倒れないようにもする。
炒めたものをフライパンから皿に移すことも夫にやってもらった。
「はい、ありがとうね。疲れたでしょう? 休みましょう」
と言って、夫をテーブルの椅子に座らせる。
本当に小さな、ただこれだけのことが、
夫の夕方の落ち着かなさを和らげてくれる。
この小さな仕事をすることによって、
夫は、疲れて、満足して、
その後はおとなしく椅子に座っている。

なんとか穏やかに一日が終わった。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト



コメント

涼しくなりましたね(^^♪

「大惨事」にも発展しない穏やかな1日を想像し、こちらまで心温かくなりました。
庭木の手入れまでなさって良かったこと。トケイソウは、古くない枝でしたらコップに水挿しもできるかもしれません。

身体を動かすって大切。ムクロジもストレッチが出来ない日は、何か勝手が違い、、、。人って脳が発達し過ぎた弊害で生物・動物であること忘れて( ;∀;)

私の場合は、整形外科の先生より運動療法の一環として
脚上げ(北米発)を奨励されています。家族にも薦め、効果あり。
治療なので40分程です。

確かアワキビさんも体操教室へ通われているかと。
どんなプログラムなのかな。

ご主人様、ミルク&モカちゃんへ、よろしく。

No title

アワキビさまこんにちは。

ご主人のふらつき心配ですね。
夫は散歩が長くなると体がエビのようにそっくり返ってしまいます。
歩き方も段々ゆっくりになってきました。
やっぱり脳が委縮しているのでしょうか・・。
涼しくなってきてお散歩がしやすい季節になってきましたね。
ご主人、きっとアワキビさんとの散歩で色々な発見をしてあれこれ楽しく感じているのだと思います。

トケイソウ私も欲しいです。
可愛い花ですよね。
トケイソウの実ってパッションフルーツみたいなのですが、これって食べられるのかな?と前から目を付けていました(笑)。

ムクロジさん

こんばんは。
今日も、大惨事を免れました。
食後にトイレに連れて行ってみたら、スルするするっと。
いつもこんな具合に行けばよいのですが。

トケイソウ、蔓を水にさしてみたら根がでるかも?
トケイソウの蔓は、雑草のように、ぐんぐん伸びて生命力あり。
やってみますかね~。

脚上げ体操を40分とは、結構、ハードなものをやっていらっしゃいますね。
私の通っている体操は、ムクロジさんもご存じの元中学校教師の先生(御年81歳)は始めたところですよ。ほとんど同じ場所で動かずやってます。主に足の指、股関節、腹筋、脇腹などです。

今、パソコンに向かっているとミルクが頭突きをしてきます。
パソコンのディスプレイにすりすり。
猫たちは相変わらず和ませてくれます。

ナイス!

アワキビさん、
トイレに行ってからで良かったですね~

気張らずにスルスルスル~って事は、やや軟便気味なのでしょうか…
夫も座ってすぐにスルスルタイプで軟便です。
なので、パンツの中だと大変!
万が一、座ったら大参事です(>_<)

今日も、トイレでスルスルが2回ありました。
ラッキーでした^^

くねくね体操ですか・・・
数年前に、主治医から「ゴキブリ体操」をすすめられましたが、言葉の意味が通じない夫には難しくてできませんでした。
くねくねだったら出来るかな?

そうそう、
最近わが家に三毛の野良猫ちゃんが遊びに来ます!
猫ちゃん、久しぶりで癒されまーす(=^・^=)

ルッコラさん

こんばんは。
ご主人は、一緒にホームからご自宅まで電車を乗り継いで歩いて帰ってこられ、初孫さんとご対面され、大喜びのラッキーを連れて昔のようにお散歩もなさっているので、そんな歩行に問題があるとは思いませんでした。
「エビのようにそっくりかえる」とは、後方に傾いてしまうのですか?
うちの夫も、転倒するのはいつも後ろ側なのです。
夫は3年ぐらい前に、急に歩行が悪くなり、外出時には車椅子が必要になりました。
それでも、室内は歩行できていたのですが、今は、室内も歩行が不安定で、何もつかまらないでの歩行ができません。これは転倒して以降の変化です。
脳の画像上は、血腫などはできていないので、脳の萎縮が進んだということなのかなあ・・・

 トケイソウの花の造形に感動して、「トケイソウが欲しい」と言ったら、私の父が「サカタのタネ」から苗を買って持って来てくれたのです。何の世話もしていないのですが、勝手に伸び放題。
トケイソウの実ですか? 花は咲いていましたが、実を見た覚えがないわ~。あったのかなあ? 受粉できていないのでは? 雄株、雌株があるのかなあ?
そういえば、トケイソウはパッションフルーツの仲間だとか、なんかテレビを見たことがあるような気がします。

シマウマさん

夫のは・・・・・
間違って、リハパンの中でしてしまうと、なぜかソフトボールより少し大きいくらいのきれいなボール状になっています。
先日、家族会で、「パンツの中でボール状になっていた」と話される方がいて、どうして??と言ってましたが、便の重みでリハパンに隙間ができて、リハパンにくっついてしまうことなく、動くとごろんごろんして、丸いボール状になるようです。これは早めに発見できた時の状態で、そのままごろんと便器に転がしてさよならします~。
ごめんなさい、こんな話は介護仲間にしかできませ~ん。

ごきぶり体操もいいそうですよね。
でも、あれはかなり難しいです。
夫は、足の力を抜いてぶらぶらするというのが、とても難しいらしく全然できません。
くねくね体操は、腰を左右から交互に押してやると、それらしくなるので、ハードルが低いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンター