FC2ブログ

記事一覧

正月からバトル、やってまった

新しい年が始まりました。今年もみなさんよろしくお願い致します。さっそくですが、我が家のお雑煮(右)とお節(左)で~す。 ↓・・・というのは真っ赤な嘘で、我が家の元旦は、私も夫と一緒に小規模多機能デイに行き、小規模多機能の隣の同じ法人が運営する特別養護老人ホームの厨房で手作りされたお節を一緒にいただきました。はい、私たちは夫婦ともどもお世話になっております。 お雑煮のお餅は、粘らず、すっと噛みきれ...

続きを読む

夫を連れて実家へお年始

元日は、小規模多機能デイでお節を食べてハッピーと思いきや、夜にバトルが勃発するも、夫の「仲良くしましょう!」のお蔭で、なんとか丸く収まる。これぞ雨降って地固まる?1月2日は、私の実家へ夫を連れてお年始に行ってきた。実家までは電車を乗り継いで約1時間。晴れているとは言え、北風がぴゅーぴゅー吹きすさび、かなり寒いので、分厚いコートに膝掛けと手袋。帽子を被りマスクをしていても、顔のあいている部分に北風が...

続きを読む

ちょっと辛いけど、頑張る

モカ猫が一匹だけになって驚いたのが、猫トイレのおしっこの量。モカだけだと本当に少ない。(モカの場合は、少なすぎて逆に結石などが心配なくらいだ。)それまで、猫トイレのおしっこを2匹分だと思っていたけれども、5分の4ぐらいはミルクのものだったのだ。大量におしっこをしている異常さに気づかなかった。多頭飼いの盲点 (;д;) 年末のあの日の午後、我が家では歴史関係の研究会が開催されることになっていた。前日か...

続きを読む

近距離で繰り返ししっかりと視線をとらえる

最近、夫が通う小規模デイサービスの連絡帳に、「今日は暗い顔をしていました」とか、「今日はやや険しい顔をしていました」等と書かれていることが多い。それは家に居ても同じなので想像はつく。デイサービスでは夫が何を手話で訴えているのか判る人がいないけれども、家で夫が険しい顔をしている時に手話で言っていることは:★怖い恐ろしいものが見える  例)火が燃えてる~     両手からボ~っと炎が出てる    爆弾...

続きを読む

死の壁とは?

 『痛い在宅医』(長尾和宏、ブックマン社)を読んでいたら、次のような文があった。(太字は本書で太字にされている箇所どおりです。)・・・〈死の壁〉という言い方は、僕が勝手に付けただけで医療用語ではありません。人は皆、臨終の前に〈死の壁〉を通り抜けるのです。その徴候として、患者さんが暑がって服を脱ぎだすという状態がある。・・・ 身体が死へと移行していく状態。生体モードが大きく切り替わる転換点。その症状...

続きを読む

薬のPTP包装を誤飲しそうになった!

朝食後、おくすりカレンダーに入れた薬を小皿に取り出して、テーブルに置き、PTP包装(Press-Through-Package)から薬を取り出そうとしたところ、さっと夫が手を伸ばして、PTP包装に入った薬を1個つまんだ。「え? 今から取り出してあげるから、返してよ~」と取り返そうとしたら、夫は私の手を振り払い、なんと、  ぱくっ!と口の中に入れてしまった。 えっ! 「ちょ、ちょ、ちょっと、口を開けなさ~い!」と言ったところで...

続きを読む

人手不足の特養

特養に入所している父の膀胱留置カテーテルの交換のために4週に1度の通院に付き添っている。特養と病院の移動は、特養の車で送迎してもらっている。膀胱留置カテーテルがついて半年ほどになる。当初のカテーテルを抜いてしまうのではないかという心配は今はなくなり、本人的にもカテーテルがついている状態に馴れてきたのではないか?膀胱留置カテーテルがついていると、どんなに清潔を保とうと思っても、尿は、常時、細菌尿にな...

続きを読む

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター