FC2ブログ

記事一覧

入所申込をしていた特養が父の面談に来ました

5月31日のブログに「特養入所は、保留に・・・」という記事を書いた。その後、7月下旬に、実家と同じ市内にあって最も距離的に近い特別養護老人ホームに、父の入所申込みをしておいた。開設されてまだ5年ぐらいの比較的新しいホームだ。母と一緒に見学に行って、申込書をもらってきた。桜並木沿いにあり、春にはさぞ桜がきれいだろう。建物も新しくてきれいで、母も「ここならいいねぇ」と言っていた。なんと言っても、実家から...

続きを読む

えぇ? うちは7番目ですか?

今日、父が入所申込みをしている特別養護老人ホームから入所の可否の連絡があることになっていた。先週の面談の帰り際に、決定会議は正午までには終わると聞いていた。今日は、夫の訪問リハビリが自宅にて午前11時~正午まで。午前11時半頃から携帯電話に注意し始める。訪問リハビリが終わる頃、小規模多機能の車が夫を迎えに来る。私も一緒に車に乗せてもらい、地下鉄の入り口のところで下ろしてもらう。午後1時頃、実家へ到着。...

続きを読む

特養の部屋の下見

父は特別養護老人ホームに来週の木曜日に契約し入所する。「入所にあたって、用意すべき持ち物などについて説明をする。 部屋のカーテンも用意することになるので、事前に下見に来所して欲しい。」と言うので、母と一緒に特養まで歩いて行った。母は自転車を転がして・・・とっとと歩けば、20分ほどで着く。道も比較的分かりやすい。ここなら母も土地勘があるので、今の母ならまだ一人でも通えそうだ。特養のスタッフと約束した...

続きを読む

父、特養に入所する

今日、父は特別養護老人ホームに入所した。話には聞いてはいたが、職員体制が極めて手薄だという現実を痛感する。父の入ることになったユニットは入所者10人。スタッフは・・・たった4人。内訳は、正職員3人、1人はパート職員。しかも、パート職員は、他のもう一つのユニットと半々での勤務だという。今日、契約などの手続が午前から昼食を挟んで午後までかかったが、その間にユニット内で見たスタッフは1人だけ。施設の相談...

続きを読む

特養の生活が始まった

父が特養へ入所してから、まだ1週間も経っていないが、少しずつ個室の環境が整ってきた。今日、父の通院に付き添うために訪ねたら、「トイレの便器を掃除するブラシを用意して欲しい」とスタッフから言われた。特養によると思うけれども、基本的に個室で必要なもの一切合切は自前で用意するということだ。その他に、個室用のゴミ箱とホワイトボード(1週間の予定表形式)を買った。洗面台の白い陶器の端に、濡れたタオルが畳んで...

続きを読む

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター