FC2ブログ

記事一覧

アルツハイマーと診断されるまで

 未明の3時頃、夫がむっくりと起きた。今晩2回目のトイレだ。 トイレ介助をしようと私が起き上がって夫の顔をのぞき込むと、 偶然、会えて、ウレシイ~  え~ 、ずっーと、隣で寝ていたんだよ。ほらっ と夫の寝ていた隣の布団を指さした。 夫は布団から立ち上がるときには、一旦、腹這いになってから、手の届くところにある棚等につかまって立ち上がる。 布団の端からトイレのドアまでの距離は2mにも満たないけれども...

続きを読む

アルツハイマーの遺伝子診断について(1)

 昨日見た映画「アリスのままで」(Still Alice)の中で、若年性アルツハイマーと告知されたアリスが、医師から、家族性(遺伝性)のものである可能性を指摘され、遺伝子診断を勧められるという場面があった。 アリスの若年性アルツハイマーが遺伝性のものあることが明らかになった後、医師は「この遺伝は、子どもには50%の確率で遺伝し、陽性だった場合には100%の確率でアルツハイマーになる」と説明をしていた。 そし...

続きを読む

アルツハイマーの遺伝子診断について(2)

 アポリポ蛋白の遺伝子表現形のうち1つでもE4があると、アルツハイマーになる可能性が高くなるといわれているのだが、E4がなくてもアルツハイマーになる人はいるし、E4があってもアルツハイマーにならないうちに寿命を全うする人もいる。 また、アポE4はアルツハイマー型に限らず、レビー小体型の認知症の人にも多いそうだ。(『痴呆化遺伝子 アルツハイマーの運命に打ち勝つために』河野和彦P.226) 夫はアポE4/3だと...

続きを読む

脳MRI・脳血流SPECT検査を受けた

 神経内科で脳のMRIと脳血流SPECT検査を受けた。 いずれの検査も、長時間、動かないでいなければならない検査だ。  先に行ったMRIの時には、うまい具合に眠ったようで、あまり動かず撮ることができたもよう。 しかし、SPECT検査の時には、検査技師だけではなく、主治医や研修医?ら男ばかりが居並んで立ち会い、夫は「何が始まるんだろう」と不安な様子。 放射性同位元素を入れるための点滴針を留置するところで、無事、留置...

続きを読む

夫の認知症の現状

 昨年11月に大学病院で、頭部MRIと脳血流SPECT検査をした。 脳血流SPECT検査で、夫はせん妄状態になり、途中で動き出して、検査員が動かないように抑えたが、そのうち足で蹴り出したため、中断せざるを得なかったが、何とか読める状態のものは撮れたらしい。 その結果について、大学病院から在宅医への診療情報提供書をもらったので、下記に引用する。-------------------★頭部MRI 海馬体の中程度以上の萎縮...

続きを読む

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンター