FC2ブログ

逆転現象

 聞こえる人も、
 聞こえない人も、
 みんな、ボクのことを
   頭がおかしい
 ヘンな人だな~って
 見ているんだ。

ふっと夫が洩らした言葉(手話)だ。

これまで夫から聞いた子供~若い頃の回想話には、
耳が聞こえない、ヘンな声で通じない、手話を使っている・・・と
周囲の聞こえる人たちから、
奇異の目で見られたり、馬鹿にされたり、見下されたりした話が
よく出てくる。
実際そういうことが多かったんだろうなと思う。

しかし、最近では、
「聞こえない人まで、ボクのことを、頭のおかしい、ヘンな人だと見ている」
と、夫は感じている。

今までは、手話の判らない人(聞こえる人)からは、
自分が手話で話していることがわかってもらえず、
奇異の目で見られていたけれども、
今では、手話の判る人(聞こえない人)からも、
ヘンなことを言うヤツだ、頭がおかしいんじゃない?
という目で見られている、と。

夫は短期記憶ばかりか、長期記憶も失って、
今の世の世間話ばかりか、
昔懐かしい人や思い出についてすら
話せなくなった。

でも、手話で話すこと自体は失われていない。
ただ、話す内容が、この世に接点を持たない
とっぴょうしもないことばかり。

毎日一緒に暮らしている妻である私ですら
なんと応答してよいのかわからず、
困惑してしまう話のオンパレード。

えっ? どういうこと? 何の話?

怪訝な表情で返されることばかりなのだろう。
私自身もきっと
「あなたの言っていることはわからないわ」
という表情で返すことが多いのだと思う。

夫の話に合わせてあげたいと思っても、
どう相づちを打ったらよいのかわからないようなシュールな内容。
テキトーに、うん、うん、言って、つい右から左へ受け流してしまう。

真面目に話を受け止めようと思うと、
「え? 何? それって、どういう意味?」
と問い詰めるような形になってしまうから、
それを避けるためには仕方がない。

そんな周りの様子から、
周りの人たちが自分に対してどのような感情を持って接しているのか、
夫は鋭く感じ取っているのだ。

今日、夫の友人4人が我が家へ遊びに来てくれた。
来宅したその中には認知症の人も居た。
一人ではここまで来れないので、介添えしてくれる人と一緒に。
久し振りにあった懐かしい友人たち・・・のハズだが、
夫だけが話の輪に入ることができない。

その認知症の友人は、話したことをすぐに忘れてしまうのだが、
具体的な友人の名前を挙げて消息を確認しあったり、
普通の会話をすることができる。

対して、夫は、旧くからの友人たちの名前も忘れている。

さらに、夫の右眼はほとんど見えず、左眼も視野が狭く、
二人の人間が手話で会話をしているのを横から読み取るには
広い視野でもって、二人の手話を同時に見ていなければならないので、全然ムリ。
目の前での二人の会話を読み取ることができない。
視野だけでなく、記憶や集中力にも問題あり。

今まで夫は、聞こえる人の中で疎外感を味わっても、
同じ聞こえない仲間の中にいる時には、
自由に伸び伸びと手話で会話を楽しむことができていた。

ところが、今は、同じ耳の聞こえない人達の中に居て、
手話の花がさかんに咲いている中に、
一人ぽつんと黙って座っている。

今日、そんな夫の様子を見て、
なんだか辛くなってしまった。

でも、最近、
手話のわからない人たちの中に居る時には、
夫は自分の世界(他人はそれを「妄想」と言うが・・・)にどっぷりと浸って、
自由に伸び伸びと手話で話しまくるという
逆転現象が見られるようになった。

周りは手話が判らないので、
夫が自分の世界のとっぴょうしもない話をしたところで、
怪訝な表情を返されたりしないから・・・なのかもしれない。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

一昨日から私は風邪をひいてしまった。
夫にうつしてしまったのではないかと心配で
ソファに座っている夫に
「体調はどう? 寒くない?
 のどが痛かったりしないかな?
 あのね、
 私、風邪をひいちゃったの。」
と言ったら、
夫は自分の膝の上にかけていたブランケットをはずして
私に渡そうとした。

やさしい人です。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

親の通帳を預かるタイミングをはかるのは難しい

今日は母の被害について、先週、事情聴取された内容をもとに
まとめられた司法警察職員面前調書(供述調書)と被害届の確認・署名押印が行われた。
当初は母と弟夫婦が立ち会う予定だったが、急遽、私も立ち会うことになった。

まとめられた調書を警察職員の人に読み上げてもらい、内容を確認した。
その調書によって、初めて事件の流れがわかった。
母が私に被害について話した時は、既に警察官の聴取が終わった後だったが、その時点では既に母の記憶がさらに曖昧になっていて、
なぜキャッシュカードを渡すことになったのかという点がさっぱり判らなかったのだ。

事情聴取に立ち会ってくれたお嫁さんが言うには、
「お義母さんの断片的な話を、よくまあ、文章にまとめあげてくれたわ!」
このあと被害届の受理番号が付くそうだ。
被害にあった金融機関への届け出等にこの受理番号を記載することになるらしい。

警察職員が帰った後、今後について、母と、弟夫婦と話し合った。
金融機関関係の手続きは私がやることになり、通帳やキャッシュカード等も今後は私が管理する。

父の通帳等については既に私が管理していたが、母の通帳等についても、少しずつ整理をしていき、いつかは渡してもらうことになるだろうと思っていた。
でも、そのいつかは、漠然と、数年先のことだろうと思っていたのだ。
その判断が甘かったのだと言われても仕方がない。

母は繰り返し、
「どうしてキャッシュカードを2枚も渡しちゃったのかしら?
 テレビで見ていて、知っていたのに、どうしてかなぁ?」
と言っている。
パニックになって、正常な判断ができなくされてしまうのだろう。

1つの金融機関は当座貸越契約になっていたため、
普通預金残高を全額引き出された後、
さらに定期預金を担保にして借り入れ出来る分まで
引き出されていたため、
今日、母と一緒にその金融機関に言って、
定期預金を解約して、普通預金に入金し
借り入れになってしまった分を解消。
さらに、当座貸越契約を中止。
キャッシュカードの再発行と暗証番号の再設定をしてきた。

母は、キャッシュカードはもう作らないと言っていたが、
通帳と印鑑で下ろすという方法だけでは、
本人が入院してしまったり、
文字が書けなくなったりしたら、
預金を下ろせなくなってしまう。
だから、やはりキャッシュカードはつくって、
家族が預かっておくしかないのだ。

同じ趣旨から、他に定期になっているものも、
解約して普通預金に預け替えるのもやっておかねば・・・

実は、今回、多額の被害に遭ってしまったのには、
キャッシュカードで引き出すことができる普通預金の残高が
多くなっていたことによる。
この段階で、母から通帳やキャッシュカードを預かっておくべきだったのだろう。
でも、通帳やキャッシュカードを預からせてもらうということは、
「あなたには預金の管理ができないと判断しました。
 あなたはお金を自由には使ってはいけません。」
と宣告するのと同じだから、その時期はかなり後になってから・・・
という思いがあった。

でも、多額の被害に遭ってしまった今、もう、そう躊躇していられない。
一度騙された人は、お金がなくなるまで何度も騙され続けるのが世の常だから。
母もさすがに今回の件があったので、通帳やキャッシュカードを渡すことに文句を言わなかった。

母が入院した時に、私とお嫁さんとで、様々な健康食品などの定期購入しているものを一度全部中止したのだが、最近、また、取り始めていて、いろいろなものが増えてきていた。
母は、「お得です!」とか「無料プレゼント」などの誘い文句に惹かれて、注文してしまうのだ。
これらのうち定期購入になっているもの(母自身は何が定期購入かどうかも把握できていない)を、電話をして確認し、中止の電話を入れた。

しゅんとしている母の姿
なんだか可哀想だったけれども、ねぇ・・・
仕方がないよね。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

生き馬の目を抜くような世の中だ

今日も実家には警察官が来ていたようだ。
そして、弟のお嫁さんが午後いっぱいかかって、
銀行への問い合わせや確認作業を電話でやってくれた。

母が、かかってきた電話を役所からの電話だと
思い込んだため騙されたというのはわかったが、
それがなぜ、銀行のキャッシュカードを渡すことにつながるのか、
母に訊いても、さっぱり要領を得ない。

昨日の警察官の事情聴取に立ち会ったお嫁さんによると、
母は、電話の主から、
どのような言葉で、何と言われたのか?
と警察官に訊かれても、さっぱり答えられず、しどろもどろ・・・
まったく要領を得なかったという。

記銘力が低下していて記憶に残っていないから、答えられないのだ。
だから、どういう経緯で、キャッシュカードを渡せとなったのか、
も曖昧ではっきりしない。
そもそも合理的な説明なんてされなかったと思うが、
相手の言っていることがヘンだと思わせないように話を進めるのだろう。

相手は、母に電話を切らせることがないように上手に仕向けながら、
母から、取引銀行名、支店名、口座番号、暗証番号を電話口で聞きだした上、
電話を切らせないうちに、家の玄関口まで別の男が訪ねて来させて、
「今、訪ねてきた人が持っている白い封筒にキャッシュカードを入れて渡して」
と電話の男に言われると、母は(まるで催眠術にかかっているかのように)
その訪ねてきた男にキャッシュカードを2枚渡してしまったのだ。
訪ねてきた男は、一言も発することもないまま、立ち去っていったそうだ。
その間30分程度のことらしい。
これが月曜日の夕方六時半頃の話。

そして火曜日の朝7時頃、某警察署から電話があり、
職務質問をした男が、母名義のキャッシュカードを持っていた・・・と。
この時、ようやく母は、騙されたらしいと気づく。
朝8時半頃家を出て、金融機関へ行き、窓口で経緯を話して、通帳を記帳してもらったところ、全額引き出されていることが判明した(1つは当座貸越契約になっていたため、預金残高を超えて、-50万円になるまで引き出されていた)。

母は金融機関へ行って、そういうふうに動くことはできるけれども、
それぞれのところでどのようなことを話したのか、どのような手続きが必要かなど説明を受けたはずなのだが、詳細をまったく覚えていない・理解できていない。
そのため、お嫁さんが、今日、各金融機関へ問い合わせをして、ひとつひとつ確認する作業を午後いっぱいかかってやってくれた。

自宅にも、警察やら銀行やらから電話がかかってくるけれども、母がその対応をするのは、まったくムリなので、窓口はお嫁さんにお願いしている。
来週月曜日には、再度、警察の調書作成がある予定で、弟とお嫁さんが仕事の休みをとって立ち会うことになった。

それにしても、
母が役所からの電話だ!と信じた理由。

「緑色の封筒が届いているはずなんですが・・・期限が過ぎてしまっていますよ」
と言われたと。
母は(そういえば、そんな封筒が来ていたかも?)とちょっと探してみると、
あった、あった! 役所から届いた緑色の封筒が・・・
母は、その封筒の通知書の内容が理解できなかったが(あとで母に、通知書の内容を読み上げさせたら、介護保険の負担割合を通知書だった)、確かにこの緑色の封筒のことを言っているのだから、今かかっているのは役所からの電話に違いない!と信じこんでしまった。

そして、母の曖昧な記憶に残っている言葉をつなげると・・・

「お金が戻ってくるんですよ・・・・でも、期限が過ぎてますから・・・・急いで!
 銀行名、支店名、口座番号、暗証番号は?
 書き換えのためにキャッシュカードが必要です・・・
 今、人を遣って訪ねさせていますから、その人に渡してください。」

いくら役所の人だからって、暗証番号まで聞き出すのはおかしいではないか?とか、
キャッシュカードを預かるなんておかしいではないか?とか、
おそらく、早く、早く!と急がせて、疑問を抱かせる時間を持たせないように、上手く追い込んでいくのだろう。
もちろん、母が記憶力・判断力ともに低下しているから、容易にコントロールされてしまったのだが・・・

しかし、それにしても、この詐欺グループ
介護保険の該当者に送られて来る通知書のことを知った上で、電話をしているみたいだ。
電話番号も自宅の住所も、もちろん名前も知って電話をしてきている。
・・・介護保険の個人情報が洩れているのではないかと疑いたくなる。

要支援1~要介護2ぐらいまでの人は、
電話でのやりとりは何とかできるし、銀行でお金をおろすこともできたりする。
けれども、そこはやっぱり、要支援・要介護になるには理由があるわけだ。
認知症が入っている可能性が高い、判断力が低下している人達だ。
詐欺グループにとっては、「赤子の手をひねる」ぐらいに簡単に騙せる格好の相手だろう。
とっても恐ろしいことだけれども、充分あり得る話だと思う。

まったく、生き馬の目を抜くような世の中だ!と心せねばならない。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

母、振込詐欺の被害にあう

母が振り込め詐欺の被害にあった。

昨夕、役所の職員を名乗る者から電話があり、
すっかり役所の職員だと信じ込んだ母、
還付されるお金がある・・・云々
で、銀行のキャッシュカード2枚と
それぞれの暗証番号を書いた紙を封筒に入れて、
自宅に訪ねて来た男に渡してしまった。

母は弟家族と同居してはいるが、
みんな働いて出ていて、夕方のその時間
母しかいなかった。

そして、今朝、某警察署から母に電話があり
逮捕した振り込め詐欺の「出し子」が
母名義のキャッシュカードを持っていたと。
その時になって、
母、初めて詐欺にあったことを知った。

既に遅し。2つの銀行の預金は、
2日間数回にわたって、
ほぼ全額が引き出されていた。

今日、警察官が自宅に来て、
母の事情聴取をした。
夜勤明けで帰って来た弟のお嫁さんが
立ち会ってくれた。

出し子は捕まっても、
引き出されたお金は既にどこかに
(暴力団とかだろうね)渡ってしまっていて
被害が回復されることはない。

電話に出た母は「戻ってくるようだよ」と
自分に都合の良い解釈をしているが、
弟に話を聞くと、ほんの一部だけで、
ほとんどは戻ってこない。

ああ~、もう、
せこい信用金庫や、新聞の勧誘どころの話ではないわ!

昨晩だって、私は母に電話をしていた。
けれども、そういう話は何にも言ってなかった。
なんてこった・・・

あぁ、預金の一日の引出し上限額5万円ぐらいに設定しておくべきだった。
そもそも、母は普段はキャッシュカードを使っていなかったから、
暗証番号がわからなくなっているとか、
使い方がわからなくなっているのだろう・・・と
たかをくくっていた。
暗証番号は、ちゃんとどこかにメモをしていたようだ。

振込詐欺防止の録音機能付きの電話に換えようかな?
と考えたこともあったのだけれども、
実行に移さないままにしていた。

録音機能付きの電話については、
弟が探してくれることになった。

あぁ、
母ぐらいの認知機能の低下具合が
一番詐欺に遭いやすいんだなぁ。
騙される人は繰り返し騙されるものだ。
対策をしなければ・・・

がっくり・・・

弟に、
「あんまり(母に)怒らない方がいいよ。」
と言われた。

もう、電話でぼろくそに言っちゃったよ~。

母は、

「だから、●美(私のこと)黙っててって、言ったのに~」

夫に、

 「私のお母さんが詐欺にあって、お金を●百万円取られた~っ !」

って言ったら、

 「あははは~  そんなに怒らなくたって、いいよぉ」

と大いに笑われた。
夫のほうが、私より、まともだ。

皆様の親御さん方も、どうぞ、ご注意を~!!

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

2年後に開始される契約をしたのか?

今日、実家に行ってきた。
父は昨日の夕方4時頃実家へ帰り、
明朝にはまた特養へ戻る。
週のうち特養に5泊、自宅に2泊というペース。
週に2泊だけでも父が実家に居てくれると、
私も嬉しい。
(週に父がいる特養と、母の様子を確認に実家と2カ所廻るほうが大変だという事情もある。
 実家で父と母の様子を一度に確認できるほうがありがたいので。)

そう、母の居る実家のほうの様子も確認しておかないと、何かと心配なのだ。
先週の金曜日、実家に行った時に、母が

「契約していないのに、M新聞が郵便受けに新聞を入れてくるのよ。
 「おためし」みたいな感じなのかと思ったら、ここ1週間ずっと毎日入れてくるの。」

「そんなの押し売りじゃない。契約していないんだったら、支払う必要ないよ。
 ちゃんと断ったほうがいいよ。」

この日は、母のケアマネとの打ち合わせがあった日で、バタバタしていたため、話はそこまでになった。
その後、母がきちんと断るため新聞販売店に電話をしたという話を電話で聞いた。
母は「契約をしたというなら、その用紙を持ってきてください。と言って待ってたんだけど、その後、持って来ないのよ」という話だったから、そのまま断ることができたのだと思っていた。
ところが、今日実家に行ってみると、居間に今日の日付のM新聞が置かれていた。

「え? お母さん、断ったんじゃないの?」

「そうなのよ。それでも新聞を郵便受けに入れていくから、郵便受けに入らないように、入り口のところにテープを貼って、入れないでくださいって書いておいたら、近くに置いていた自転車のカゴの中に新聞を入れていったのよ。
 それで、翌日は、自転車のカゴの中に入れられないように、自転車を中のほうに入れておいたら、入ってなかったから、安心していたら、また翌日から新聞が入っていて。
 どうも新聞休刊日だったらしいの。
 でね、この間、認知症の講座を受けに行ったら、「新聞や雑誌を読まなくなるとよくない」って言ってたからね、しょうがないから1ヶ月は新聞をとろうと思うの。」

「え~、お母さん、それはダメだよ。だって、契約していないんでしょ?
 新聞を購読したいなら、自分であらためて契約をすればいいじゃない。
 こんなふうに押し売りをされて、泣き寝入りみたいにして代金を支払っていたら、こういうやり方がまかり通ってしまうよ。」

「なんかね、新聞販売店が言うには、お父さんが、昔、契約したみたいなの。平成28年に」

「え? 2年前? 今までM新聞とってたことがあるの?」

ど~いうことよ? 
M新聞の販売店に電話をする。

「契約していないのに、新聞を入れられているんですけど、どういうことですか?」

「先週お電話いただいた方のご家族の方ですか?
 契約はされているんですよ。」

誰が契約をしたのかと訊くと、父の名前を言う。
父は特養に入っているのに、どうやって契約をしたというのだ?

「ちゃんと28年12月に契約をしているんです。」

「え? 今は平成30年ですよ。28年の契約ってどういうことですか?

「私どもは、この契約書を大切に保管して、2年間ずっと待っていたのです。」

「ずっと待っていた・・・? どういうことですか?」

「今年の11月から新聞の購読をする契約になっていたのです。」

「えぇ? 
 平成28年12月に2年後の平成30年11月から新聞を購読するという契約をしたという意味ですか?」

「そうです。」

「それでは、契約は解除します。」

「解除するって、それは一方的過ぎませんか?」

「一方的って! とにかく日割りだってできるでしょう? 解除します!」

「いや、いただいた購読契約は半年間になっていますから。
 それに、クーリングオフの期間は過ぎていますし。」

なんだとぉ~?
クーリングオフ期間って・・・
2年後に新聞を購読する契約よ?
もし、新聞がすぐに配達されていれば、
「あれ? 契約した覚えはないのに、どうしたのかな? もしかしたら、お父さんが一人で留守にしている間に契約でもしちゃったのかな~?」
とか気づいて、それこそクーリングオフによる解除ができただろうけれども、
2年後に新聞の配達が開始される契約では、家族が気づくこともできないじゃない?

2年前、父は既に認知症だったし、新聞の勧誘員が家族の留守中に来て、そういう契約をしたなんてことがあっても、父はすぐに忘れるし、家族にそんな話もなかった。契約の紙切れが家の中にころがっていたかどうかも、今となってはわからない。

電話では埒があかないので、夕刊の配達が終わってから、担当者が実家へ来ると言う。

どうしよう? とりあえず消費者センターに相談してみよう。
え~と、電話番号はテレビで宣伝していた。
確か「イヤや=188」だった。
188に電話をすると、管轄地域の消費者センターにつないでくれる。

で、これまでの経緯を相談員に話す。
そこで、期間の定めのない契約はいつでも解除できるけれども、期間の定めのある契約は、その期間は解除できない・・・みたいなことを言われた。
ああ、そうだったかも・・・

でも、父は認知症ですよ!
しかし、認知症でも、成年後見人が付いているかとか、認知症の程度にもよる・・・云々。

「クーリングオフは契約書面が交付されてから、期間の計算をするんですよ。
 契約書面は交付されていたのかしら?」

「う~ん、なにせ2年前のことですから、契約書面が交付されていたかどうかは、今となってはわかりません。」

「契約書面は再交付してもらうことができますから、その書面の解除条項を確認して、どうしたら解除できるかを確認してみて・・・」

さすがにこれはちょっと不当な販売方法では?と相談員さんも思ったようで、調べてから、また来週こちらに電話をしてくれると言う。

来週かあ・・・今日、販売店の人は来るって言ってた。確か夕刊を配り終えてから・・・
そんな時間まで実家に居ることはできないんだよなぁ。
夫がデイサービスから帰ってくる時刻に間に合うように実家を午後四時半には出ないとならない。
母が一人で新聞販売店の人の対応をするのはムリだし、危ない。
う~ん・・・
再び、新聞販売店に電話をすると、先ほど電話で話した事務員が出た。

「先ほど電話をした者です。
 今日担当者が来るというお話でしたけれども、私は、契約したとされる者の娘で別に暮らしていて、今日はもう帰らないといけないのです・・・」

「あぁ、先ほどの電話で確認をしていなかったので、確認しようと思っていたのですが、●●様(父)はご在宅ですか?」

「いえ、父は特養に入っています!(ま、今日は一時帰宅しているけど)」

「あ、そうなんですか? 
 え~、でも、2年前はお元気でいらしたのでしょう?」

「2年前も、既に認知症でした。」

「あぁ、そうでいらしたんですか。
 ●●様以外のご家族が読んでいただければいいんですけど」

このやりとりで、先方の態度が少し変わったのが、電話越しに察せられた。

「いえ、家族も新聞は読まないのです。
 まあ、でも、1ヶ月分はね、購読しますからね、
 だから、12月分からは解除してくださいよ。」

「あ、それで、よろしいんですか?」

「まあ、こちらも今まで配達された新聞を保管していないのでね・・・
 1ヶ月分だけですよ。」
 (クーリングオフする場合、受け取った商品は先方に返さなければならないのが原則)

・・・というわけで、12月からの新聞購読は解除できた。

帰宅してから、自分のブログで、2年前の12月頃の両親の様子についての記述を確認した。
2年前より以前は、父は自分で歩いて買い物をしたり、使いこなせないスマホの契約をして、あとで私と一緒に契約解除のためにショップへ行ったり・・・という日々だったが、ちょうど2年前ぐらいから歩行が困難になってきて、外を一人で出歩くことがなくなっていた。そのため、母は父を一人で家において外出するようになっていた。そんなふうにして父が一人で家に居た時に、新聞の勧誘が来たのだろう。

若い人たちはネットで情報を得るようになり、新聞をとらなくなっているし、
営業のターゲットは主としてシニア層なのだろう。
そして、おそらくは厳しいノルマが課せられている新聞の営業員が
苦し紛れにムリに契約をとっているのではないかと想像するが、
判断力の低下した弱い立場の人を狙ったと思えて、
腹立たしいことこの上ない。

久し振りに怒り過ぎて、胃が痛くなってしまった。


 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの記事一覧
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR