FC2ブログ

記事一覧

認知症の中核薬について(夫の場合)

 記憶、判断力、見当識等に障害が出る認知症の本質的な症状に対する薬としてはアリセプト、リバスタッチ、レミニール、メマリー(それぞれの薬剤の代表的な商品名)がある。最初の3つは基本的な作用機序が同じなので併用できないことになっており、メマリーは併用ができるというもの。 夫がアルツハイマーと診断を受けた後、現在までの中核薬の使用については、次のような経過を辿ってきている。★アリセプト まず、2005年...

続きを読む

入院14日目・・・薬の変更

 わが夫、圧迫骨折で入院14日目。 入院する際、自宅に残っていた毎日服用する薬の残りを全部持参し、院内薬局に預け、毎日の服用を管理してもらうようにした。 その残薬もそろそろなくなり、今後は院内で薬を処方してもらうことになる。 夫の持参薬と同じ薬をこの院内薬局ではほとんで扱っておらず、同種の薬効の別のメーカーの薬に変更になる。以下のとおり。★変更したもの コバシル(血圧を下げる)→インヒベース ハルナ...

続きを読む

初めてのセレネース

 初めてセレネースを処方してもらった。 セレネース細粒1% 0.03g×2/日 ごく少量。 というのも、今日、妄想がひどかったので。 最近は、まあ調子がよいかなと思っていたのだが、今日は午後からおかしくなってきた。 午後、コウノメソッド実践医にてグルタチオン点滴を打つ予約があった。 午前中は眼科等に行き、移動途中で昼食をとったのだが、そのあたりからおかしかった。移動は車椅子に乗って、地下鉄で来たが...

続きを読む

注射嫌いの夫、試練の日常

今年はインフルエンザの流行が早いようだ。 10月下旬に訪問診療の際、夫と二人、インフルエンザの予防接種をしてもらった。 注射が怖い夫、いつも訪問診療の医師と看護師と私と3人がかり。 注射針が入る瞬間、どうしてもビク~ッと身体が引いて腕を動かしてしまうので、何度もやり直しにならないように、夫が私に抱きつくようにし、医師が腕を抑え、看護師さんが接種する。 インフルエンザ予防接種は、針が入ってから、ワク...

続きを読む

妄想時に用いる薬

 夫に妄想が出るようになったのは、昨年(83歳)頃からだ。 認知症が発症したのは恐らく70歳で脳梗塞を起こしたことがきっかけ. アルツハイマーだと確定診断されたのは74歳の時だ。 およそ10年~14年かけてゆっくりと進行した。 当初から日時についての見当識障害が見られ、近時記憶も厳しかった。 昨年ぐらいからは、記憶が1分も持たなくなり、場所や人についての見当識障害が顕著になり、自分のいる場所がどこか...

続きを読む

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。子どもはいません。
それに現在は猫1匹の家族。
夫、要介護5。アルツハイマー型認知症。生まれつき耳が聞こえない。
父は2018年秋に特養に入所。要介護4。毎週木曜日に実家へ介護タクシーで帰り、2泊3日。土曜日の朝、特養へ帰ります。
母は要介護1で、MCI? いや初期認知症かな? 最近、もの忘れが顕著になってきました。弟の家族と玄関が一緒の二世帯住宅に同居。私の家からは電車で1時間ほどの隣県です。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンター