FC2ブログ

入所申込をしていた特養が父の面談に来ました

5月31日のブログに「特養入所は、保留に・・・」という記事を書いた。
その後、7月下旬に、実家と同じ市内にあって最も距離的に近い特別養護老人ホームに、父の入所申込みをしておいた。開設されてまだ5年ぐらいの比較的新しいホームだ。

母と一緒に見学に行って、申込書をもらってきた。
桜並木沿いにあり、春にはさぞ桜がきれいだろう。
建物も新しくてきれいで、母も「ここならいいねぇ」と言っていた。
なんと言っても、実家からはコミュニティバスを乗り継いで30~40分ぐらい。
あらためて申込書を提出に行った時に、特養から実家まで歩いてみたが、約30分だった。
同じ市内にあるから母も土地勘があり、面会にも行きやすいだろう。

申込みの時に、現在の待機者がどれくらい居るかと訊いたところ、50人ぐらい(要介護3以下の人も含めて)とのことだった。
奇数月に入所判定会議をやるので、7月はもう決まってしまっており、次回は9月だと。
いずれにしても、そんなにすぐに順番が来るわけがないだろうから、
とりあえず申込みをしておいて、もし、この特養から入所できると打診があったら、我が家にとってはこの特養以上に条件が良いところはないと思うので、その時点で入所することにしよう・・・と思っていた。

そして、9月下旬、突然、私の携帯電話に件の特養から電話があり、
「入所順位が上位になっているので、面談に伺いたいのですが・・・」と。

一昨日、ちょうどケアマネの月1回の父母との面談日で、私が実家に行く日でもあったのだが、それに合わせて特養の担当者が実家に来宅。
特養の面談には、ケアマネも立ち会ってもらった。

これまでの経緯や今必要な医療処置(膀胱留置カテーテル)のこと等を話した。
そして、入所候補者の中での父の緊急度を尋ねてみた。
いわく、今回は一度に5室空いており(亡くなられたり、病院に移られたり)、候補者は7人だと言う。

父の現在の状態は、緊急度は、それほど高いとは言えないかもしれないが、現在の入所候補者の中で見た場合は、上位に位置するらしい。

もし、今回、保留にしてしまうと、次も同様の上位に位置しているかというと、もっと緊急度が高い人が入所希望が出されると、順番が下位になってしまう可能性もある。(あくまでも相対的なものなのだ。)

とりわけ、膀胱留置カテーテルを着けている場合、同特養で契約している医療機関の往診で対応可能な人数は4人までのところ、現在3人が膀胱留置カテーテルを着けているので、ちょうど今なら一人分は空いているのだと。

私たちにたぶん躊躇の色が見えたのだろう。
特養の担当者はこう言った。
「あまり、ぎりぎりの状態で入所するよりも、
 少し余裕があるうちに入所したほうが、
 ご本人にとっても、ご家族にとっても、
 良いと思いますよ。」
・・・・

そうなんだろうなぁ・・・

父に「どうしたい?」と訊いても、父ははっきりと答えない。
いろいろごにょごにょ言っているのを聞いてみると・・・

自分はいろいろなことができなくなってきているからなぁ。
そこに入ると、いろいろ全部お世話してくれるんだろう?

云々と言っている。

父は口には出さないが、本当は、自宅に居たいのだと思う。
でも、誰かの世話にならなければ暮らせないから、
自分が「家に居たい」とわがままを言ったら、
家族が困るだろう・・・

と、たぶん遠慮している。

私は、心情的には、父にはまだ実家に居て欲しい。

父はショートステイのロング利用中、「もう家には帰れない」と悲観的になったのか、食欲もなくし、体調も崩し、会話もあまり成立しなくなり、すっかり元気をなくしてしまったから。
それで、母と弟と私とショート中の父を車椅子で回転寿司に連れ出したら、笑顔が出て、美味しそうに寿司をぱくぱくたくさん食べたのだ。
その後は、週にショートステイを3泊、自宅を4泊(うちデイサービスを2日)というペースにして、最近の父は本当に元気になってきた(あくまで精神的に元気という意味。慢性腎不全がよくなったわけでもないし、膀胱留置カテーテルも付いている)。
だから、特養へ入所したら、また元気がなくなってしまうのではないか?
という心配がある。

母がどのように思っているのか、何回か訊いてみた。

  まあ、近いし。私が会いに行けばいいんだから・・・

ふ~ん・・・そうかぁ。
でも、母のことだから、そんなに頻繁に父に会いに行ったりはしないんじゃないかなぁ。
いや、実は、昔々のことを蒸し返すのもなんだが、
私が20歳の時に、40日ほどインドをバックパックで放浪して帰国したら、
検疫で赤痢に罹っていることが判明し、
保健所からお迎えの車が来て、
隔離病棟に丸々2週間、収容されたことがある。
当時の2階建ての広い隔離病棟に入っていたのは私一人だけ。
お世話係の看護師さん一人だけが、病室に入って来られる。
家族との面会も、病室ではなく、病室を出て廊下の端に張られた金網越し(!)にしか許されなかった。
刑務所とまでは言わないけれども、少年鑑別所ぐらいのイメージのところだった。
その2週間の入院中、父は毎日のように見舞いに来て、
私の注文に応じて本や雑誌等の差し入れをしてくれたけれども、
母は1回だけ、父と一緒に来ただけだ。
いや、別に母を非難しているわけではない。
母は、何というか、あっさりした性格なのだ。
私はどちらかというと、そういう点では、父似なんだろう。

母は言う。

  それに、私もまだ元気だから、
  いろいろやりたいことがあるのよ!

そうなんだなぁ。
それが良いとか悪いとかじゃない。

私が父と一緒に暮らしているわけではないから、
実際に日常生活で介護を担うのは母なのだ。
私の思いを押しつけてはいけない。

昨年の冬頃の父の状態は、血圧が急激に上がり、
ベッドからポータブルトイレに行くのもやっと。
ベッドサイドからすぐに車椅子に乗せてデイサービスへ行っていた。
いくら昼間デイサービスに行っているとは言え、
夕方から夜間、翌朝デイサービスに行くまでは、
母が世話をしなければならない。
ベッドから起き上がれないため、夜間も完全にオムツとなり、
介護に馴れていない母は、
尿漏れで全身びしょぬれになった服とシーツの全取り替えが一日2回
等という介護をやっていたのだ。
おそらくその介護疲れが原因で、免疫力が衰え、化膿性脊椎炎を発症し、
首・肩の激痛で1ヶ月入院となってしまった母。

これから冬に向かい、父が昨年と同じ状態にならないとも限らない。
昨年の父の歩行困難は脳血管性のものだと思う。
特養に入れば、室温も一定に保たれているだろうし、
その意味では血圧も安定させやすい。

今度の金曜日には入所を決定する会議が開かれ、
その結果を連絡してくれることになっている。
入所OKとなれば、
  その時が父が特養に入所する潮時なのだと思う。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

えぇ? うちは7番目ですか?

今日、父が入所申込みをしている特別養護老人ホームから
入所の可否の連絡があることになっていた。
先週の面談の帰り際に、決定会議は正午までには終わると聞いていた。
今日は、夫の訪問リハビリが自宅にて午前11時~正午まで。
午前11時半頃から携帯電話に注意し始める。

訪問リハビリが終わる頃、小規模多機能の車が夫を迎えに来る。
私も一緒に車に乗せてもらい、地下鉄の入り口のところで下ろしてもらう。

午後1時頃、実家へ到着。まだ連絡が来ない。
父母は既に昼食を終えていた。
私一人昼ご飯を食べ、おくすりカレンダーに父の薬の配薬。
明日からのショートステイの荷造り。
来週のデイサービスの荷物に、昼食後の薬を分けて入れる。
父の足の爪切り、髭剃り・・・
午後3時になっても特養から連絡が来ない。

おかしいなぁ。まだ電話が来ない。
もし、父の入所日が決まるのだったら、
夫のデイサービスの調整をしなければならないし、
早めに連絡が欲しいんだけどな。

しびれを切らして、こちらから特養へ電話をした。
先週、我が家へ面談に来た担当者が電話に出た。

「○○の娘です。今日、入所の可否のご連絡をいただけることになっていたと思うのですが?」

「あ! こちらからご連絡をしなければならないところ、申し訳ございません。
 本日、入所決定の会議がありまして、○○さんの入所順位は7番目でした。」

 (え? 先日の話では、現在の空き室は5室で、候補者は7人ということだった。
  父はその中でも上位のほうというニュアンスだで聞いていたのに、
  えぇ? 7番目? 実際に面談してみたら、緊急度低そう・・・という判断かぁ。
  ・・・ってことは、落ちた?)

「それで、入所の準備ができ次第、入所していただけるのですが・・・」

「え? 入所できるんですか? 7番目なのに、どうして??」

「えぇ、そうなんです。
 実は、あの面談の後、急に2部屋空きが出たので・・・」

なんだか、やけに大量に空き室が出たもんだなぁ。
ちょっと不安になる (;゜0゜) 
この特養、大丈夫か?
部屋が空いた理由を想像すると、手放しでは喜べない、複雑な気持ち。

でも、ここで躊躇なんかしていられない。
  前に向かって進んでみるしかない。

再来週に入所する方向でスケジュールを組むことにした。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

午後5時過ぎ、夫が小規模多機能のデイサービスから帰る前に帰宅した。
郵便受けを見ると、役所の介護保険課からの封書が届いている。
夫の介護保険の更新の認定結果が届いた。

  要介護5

ちょっと意外・・・ w(゚o゚)w
もっと軽い介護度が・・・4もしかしたら3が出るかも?と思っていたのだ。
去年の認定の時期よりも、ずいぶん歩行もよくなったし、介護の大変さという点ではずいぶん楽になったという実感があったから。
でも、確かに、自分の身の安全を守れないので、ちょっとの時間でも一人にしておけない、眼を離すと何が起きるかわからないしなぁ。
それと夫は耳が聞こえない、声で話せない、最近は妄想の世界に入っているので筆談もチンプンカンプン。そのため小規模多機能のスタッフとのコミュニケーションが困難だったりする。

当方としては要介護5の認定に不満はない。むしろありがたい。
現在、必要な介護サービス(小規模多機能、訪問診療が月2、訪問リハが週2、介護ベッドと車椅子のレンタル)は賄えているし、高額介護サービス費制度のお陰で、自己負担額も要介護2と同程度の負担で済んでいるから。
小規模多機能居宅介護施設の側にとっても要介護5だと利用料収入がたくさん入るので経営も助かるだろう。

これでいいのだ。( ^ω^ )

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

特養の部屋の下見

父は特別養護老人ホームに来週の木曜日に契約し入所する。

「入所にあたって、用意すべき持ち物などについて説明をする。
 部屋のカーテンも用意することになるので、事前に下見に来所して欲しい。」

と言うので、母と一緒に特養まで歩いて行った。
母は自転車を転がして・・・
とっとと歩けば、20分ほどで着く。
道も比較的分かりやすい。
ここなら母も土地勘があるので、今の母ならまだ一人でも通えそうだ。

特養のスタッフと約束した時間は午後1時半だったが、
母と正午に待ち合わせて、12時20分頃には到着。

特養が入っている建物の1階は、ショートステイ用の部屋が10室。
事務室と、それから地域に開かれた講座などを行うお部屋。
それから、障害者の方々が働くカフェスペースとお弁当や(予約制。配達もする)がある。
このカフェスペースで軽食ができるので、そこで昼食を。
母も私もカレーライス300円。それにホットコーヒー100円。

そのカフェスペースで、母に話しかけてきた方が居る。
母はかつて幼稚園に勤めていたのだが、
その時の教え子のお母さんだと言う。
幼稚園が閉園する前の最後の卒園生だったとのこと。

「○○先生にはとてもよくしていただいて、
 うちの下の子が2歳だったのだけど、預かっていただいて・・・」
 ○○先生のご主人にも、よくしていただいたの。
 ○○先生ご夫妻にはお世話になったわ~。
 クリスマス会の時には、先生のご主人がサンタクロースに扮してね。
 卒園した後も、2年ほど、先生のうちで集まりがあったんですよ。
 先生のご主人、今度、この特養に入られるんですか。
 私は、今日はここで、地域の方々に対しての脳トレのボランティアで来ていて、
 午前中終わって、今、ここでお昼ご飯をいただいていたところなんです。」

 あとでこっそり母が
「誰だったか、まったく覚えていないのよねぇ」と。
でも、また、ここでお会いできそうだ。

カレーライスを食べて、ホットコーヒーを飲んでいると、
また別の方が、
「あら~?」と話しかけてきた。
以前、母が所属していたサークルの先生(年齢は下)で、
この近所に住まわれている方。
さっきのことがあったので、私からすかさず、
「娘です。え~と、お名前は?」と訊ねる。
先方も、母の顔はよく覚えているけれども、
名前が出てこなかったようで、お互いに名前を確認しあった。
Sさんとおっしゃるその方は、ご主人が特養に入所されているそうで、
「ほとんど毎日来ている」と。
そして、このお弁当やさんでお弁当を頼んで、
ご主人の部屋で一緒に昼食を食べているのだそうだ。
ご主人が入所されたのは1年半前らしい。

「お母さ~ん、良かったねぇ。知り合いが居て、安心だね。
 何かわからないことがあったら、Sさんに聞いたらいいね。
 やっぱり同じ市内だから、知っている顔が結構たくさんいるねぇ。」

Sさんのご主人は3階だそうだ。
父はそのSさんのお部屋のちょうど下あたりの2階の10人のユニット。

カーテンが必要・・・とだけ聞いていたが、サイズについては、
昨日電話した時点では、「部屋によって窓のサイズが違うので・・・」
と部屋がまだ決まっていないのか、担当が居ないから分からないのか?
でも、カーテンは我が家で以前使っていたカーテンが余っていたので、
サイズはダメもとで、それを今日持っていった。

掃き出し窓用のカーテンを持っていったのだが、
部屋を見てみると、腰高窓だった。
でも、施設の腰高窓は大きめのものだったので、
レールにかけてみると、長さも幅もぴったり。
しかも、「遮光」と「レース」のカーテンを
「防炎」のもので、と指定されていたが、
持って行ったカーテンはまさに指定のそれだったので、ちょうど良かった。

トイレも個室の中にある。それに洗面所。
タンスは長年自宅で使っていたタンスを持ち込むつもり。
ヤマト運輸のらくらく家財宅急便を手配した。
そのタンスは私が物心ついた時から家にあったもの。
たぶん、両親が結婚した時に、最初に揃えた家具のひとつだと思う。
運賃は1万円ちょっとかかってしまうけれども、
新しくタンスを買ってモノを増やしたくないので。

持ち物リストをもらい、これに従って用意をする。

父の住民票は特養へ移すことになる。
特養へ移した住民票を1通提出・・・と。
入所後に、私が父を市役所に伴って転居届を出してこよう。

入所すると、オムツの補助はなくなる。
訪問理容券も使えなくなる。
・・・3週間前に訪問理容券を使ってカットしてもらったばかりだが、
せっかくだから、入所前にもう一度、キレイにカットしてもらってこよう。
母の友達の理容室に予約を入れた。

明日もまた実家へ行って、あれこれの準備を整える予定。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

父、特養に入所する

今日、父は特別養護老人ホームに入所した。

話には聞いてはいたが、職員体制が極めて手薄だという現実を痛感する。
父の入ることになったユニットは入所者10人。
スタッフは・・・たった4人。
内訳は、正職員3人、1人はパート職員。
しかも、パート職員は、他のもう一つのユニットと半々での勤務だという。
今日、契約などの手続が午前から昼食を挟んで午後までかかったが、
その間にユニット内で見たスタッフは1人だけ。

施設の相談員さんに「ユニットに日中は何人のスタッフがいるのですか?」
と訊いたところ、2人だと言う。
まあ、1人が入浴介助をしていれば、もう1人はフロアに居ないとならないからそうだろう。
でも、日中の全ての時間、スタッフ2名がユニット内に居るわけではなさそうだ。
別に、日中、看護師は5ユニットあたり3人。

夜間(午後10時~午前7時)は、
2つのユニット20人に対して、夜勤スタッフ1人。

たった3.5人で10人の入所者を
365日24時間、介護しなければならないのか~ (゚д゚)
これでは、スタッフは休暇もとれないのではないか?
こんなギリギリの余裕のない体制では、
長期休暇などとても望めそうにない。

今日のユニットに居たスタッフ(正職員)さんは、
日本語がややたどたどしいフィリピンの人。
ご主人が日本人で、
まだ小学生と中学生の子どもがいるお母さん。
子どものために仕事を休まなければならないことだって
多くありそうだけど・・・

施設には常勤のケアマネも不在。募集中なのだと・・・
現在は、同じ法人内の別の施設のケアマネが兼ねる形になっているそうだ。

今まで父が利用してきたデイサービスやショートステイよりも、
スタッフ体制が脆弱で、不安に感じた。
これでは、最低限の業務をするだけで精一杯。
デイサービスなどとは違って、
フロアで入所者さんたちは思い思いに座っていたり、
居室で寝ていたり・・・で、ま、何と言うか放置状態。
入所者の個別事情を踏まえてのコミュニケーションや、
パーソン・センタード・ケアなんて望むべくもない・・・
ように見えるが?

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

毎週施設に巡回してくれる医師と看護師が、
父の部屋に来たのでご挨拶。
今後は1ヶ月に1回診察。
薬は2週間に1度処方。

で・・・父の膀胱留置カテーテルの交換の件。
当初は施設を訪問した医師が交換してくれるという話だったが、
「今まで通院していた総合病院の泌尿器科で交換してもらったほうがよいのでは?」
と言われた。
父には前立腺癌があるので、内科専門である医師がカテーテルを挿入の手技がうまくできるか不安だ・・・というニュアンスだと私は理解した。
私としても、沢山経験を積んでいる泌尿器科の専門医にカテーテルを交換してもらったほうが安心だ。
(手技が下手な医師がやると酷く出血したりする。
 うちの夫が、救急車で大学病院へ受診した時に、研修医の実技練習台にされて(大学病院というのはそういうところだからやむを得ないが)膀胱留置カテーテルを挿入したが、その後、数日間出血し続けることになり、本体の病気以外に余計な心配事が増えた。)

ただし、施設外の病院へ行くわけだから、家族が付き添わなければならない。
4週間に一度、私が父に付き添って、カテーテル交換をしてもらいに病院へ行く。

特養に入ったからと言って、私がやるべきことが減るということはなさそうだ。
かえって手間が増えてしまうことがあれこれあり、私にとってはあまり「楽になる」という感じはない。
もしかしたら、以前よりも大変になるのかもしれない。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

特養の生活が始まった

父が特養へ入所してから、まだ1週間も経っていないが、
少しずつ個室の環境が整ってきた。

今日、父の通院に付き添うために訪ねたら、
「トイレの便器を掃除するブラシを用意して欲しい」
とスタッフから言われた。
特養によると思うけれども、基本的に個室で必要なもの
一切合切は自前で用意するということだ。
その他に、個室用のゴミ箱と
ホワイトボード(1週間の予定表形式)を買った。

洗面台の白い陶器の端に、濡れたタオルが畳んで置いてあった。
「このタオルは何ですか?」
とスタッフに訊くと、
「朝、顔を洗うのに使った後、ここに置いておいて、夜まで使うのです(その後に洗濯する)。」
私が「え~?」という表情をしたのだろう、スタッフが慌てて、私が買ってきて洗面台の横に置いたペーパータオルを見ながら、
「あっ・・・では、タオルは朝使った後は、すぐに引き上げて(洗濯へ)、その後はこちらのペーパータオルを使うようにしましょうか?」
「はい、そうしてください。」
使った後のタオルを、仮に一度水で洗い直したとしても、濡れたタオルを畳んだ状態で洗面台の上に置いておけば、居室内は室温も高いし、雑菌が増えてタオルが臭くなると思う・・・
他の人たちは、皆、そのようにやっている・・・との話だったけれども、うちの場合は
「ペーパータオルにしてください!」

洗面台に置くハンドソープも必要だったけど、今日は買い忘れた。
 明日、母に持って行ってもらう。

母は、入所以来、ほぼ毎日のように、父の特養へ顔を出しているようだ。
自転車で行くと片道10分。途中、線路を渡るため、陸橋を自転車を押しながら登る。
天気がよい日は歩いたそうで、30分かかったと言っていた。

特養の居室のあるフロアに行くためのエレベーターは、
ロックがかかっていて、暗証番号を入力して解除する。
果たして母はこの暗証番号を覚えられるのか?
ちゃんと父の部屋まで行けるのか? と心配したが、
暗証番号を覚えるために私が作った語呂合わせを母に教え、
それで何とかやれているようだ。

******************************

今日は膀胱留置カテーテルの交換日だった。
本来は4週間ごとに交換するのだが、
今回は諸般の事情で5週目になってしまった。

父の特養を訪問している内科医が使う膀胱留置カテーテルは
ラテックス製のもので2週間ごとに交換が必要なタイプだ。
私としては、あまり頻繁に交換するのは、
尿道への侵襲が増えてしまうし、
また、頻繁に交換しても感染の可能性が低くなるわけではなく、
かえって感染の可能性が高くなるという説もあり、
4週間ごとの交換でよいシリコーン製のカテーテルのほうがベターだと思っている。
しかし、そのシリコーン製のカテーテルは、納入の関係で
特養内では用意できないと言うので、
また、先に書いたように内科医が手技を行うので、
前立腺癌もある父のカテーテルの交換は
  熟練した医師にお願いしたほうが良いのでは?
と内科医に言われたこともあり、
結局、これまで通院していた総合病院で
4週間ごとにカテーテルを交換することになったのだ。

いろいろ後々の感染症などトラブルがあった場合のことを考えると、
月に一度ずつこの総合病院へ通院しているほうが安心だとも思う。

******************************

特養に訪問歯科が来てくれるので、
これまでまったく手が回らないでいた父の口腔内と義歯(総入れ歯)の点検を依頼した。
その結果をスタッフから報告を受けた。
父が使っている上下の義歯には、奥歯にひっかける金属部分が付いている。
かつて奥歯がまだあった頃につくった義歯と思われるが、現在は、その奥歯はもうないので、金属のついていない義歯に作り直すことになった。
歯科医が特養に来て治療や義歯の調整をやってくれるので、とても助かる。

******************************

特養に入って2日目の夜中、
2ユニット20人を見守るスタッフ1名は、
父のユニットではなく、隣のユニットに待機することになっている。
深夜勤のスタッフが、夜中3時頃に父のユニットを見回りに来たところ、
父が一人で、ユニットのリビングに座っていたそうだ。
ちゃんと、尿バッグを手に持ち、居室から出て、リビングまで一人で歩いてきたようだった。
「夜中だからまだ寝ましょう」とスタッフが声をかけると、素直に居室に戻りベッドに入ったそうだ。
夜中に起きてきたのはその日だけで、後はよく眠っているようだ・・・とのこと。

そして、今日になって、父が突然、
「ここが老人ホームだとは知らなかった。」

いや、もうちろん何度も言っているのだが・・・
同じ入所者の誰かと会話をしている時に、
「ここは老人ホーム」とか、そんな話が出たのかもしれない。

「ご飯を食べたり、何だりするところかと思った。」
と父が言う。

「その通りだよ~。ここは、
 ご飯を出してくれて、お風呂に入れてくれて、
 その他、身の回りのお世話をしてくれるところです。」


 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村  
プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの記事一覧
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR