FC2ブログ

71年前の今日、昭和20年1月27日、命拾いをした話

 昨日1月26日、東京メトロ日比谷線の銀座駅構内で白煙が立ちこめる騒ぎがあった。
ちょうど銀座のそのあたりから日比谷あたりまでの都心に、71年前の今日、昭和20年1月27日、米軍の空襲があり、たくさんの爆弾が落とされ、多くの名だたる建物が破壊され、多数の人命が失われた。

 最近の夫は、せん妄状態に陥っていることが多い。
 語ることも、妄想が多くなり、日本語に違いはないけれども、意味不明ということが日常茶飯事だけれども、次に記したのは、この昭和20年1月27日に、夫が辛くも命拾いをした話である。
 これは夫が認知症を発症したごく初期の頃から、何度も繰り返し聞いた話をまとめたものである。
 既に認知症を発症した後のことなので、毎回話すことが微妙に違っていたり、中には他の記憶と混線しているのでは?とか、事実に誤りがあるかも?と思われる事柄もあるけれども、夫の体験としての真実がそこにはあると思う。
-----------------------------
 昭和19年9月から、当時小学5年生だった夫は、埼玉県のある村のお寺に学童疎開をしていた。
 昭和16年12月に始まった大東亜戦争の戦況が厳しくなり、本土空襲のおそれが切迫していたためである。
 疎開先では、食糧が慢性的に不足していた。
 したがって、勉強は午前中だけで、午後からは生徒たち皆で近くの農家の畑作業の手伝いに行き、サツマイモ等を分けてもらいながら食いつないでいた。
 いつもいつも腹ぺこだった。
 正月を前にした昭和19年12月末、夫は、疎開先から東京・本所区石原町(現在の墨田区)にあった自宅へ帰省した。
 妹2人と弟1人は、母親の実家(農家)の茨城へ縁故疎開しており、一番下の妹(当時2歳半)だけが両親と祖父母だけ本所の自宅に残っていた。

 年が明けて昭和20年の正月も過ぎ、疎開先へ戻らねばならなかった。
 けれども、疎開先の食糧不足や家族と離れて暮らすことの辛さから、疎開先へ戻るのを延ばし延ばしにして、ついに1月下旬となってしまう。
 さすがに、もう戻らねば・・・。
 疎開先に戻る前に、何か映画でも見て、友達への土産話にでもしようか・・・

 昭和20年1月27日土曜日の昼前、一人、本所区石原町の自宅を出て、錦糸町駅から省線電車(後の国鉄、現在のJR)に乗り、秋葉原駅で乗り換えて、有楽町駅で下りた。
 日比谷にある映画館に入り、上映を待っていた。
 ところが、警戒警報が発令。映画上映は中止となった。
 「今日見られなかった券はどうなるのか?」と映画館の窓口で訊くと
 「明日来なさい。そうすれば、この券で見られますよ」と言われ、
 券に証明のための判子を押してもらう。
 映画館を出て、足早に省電の有楽町駅に向かった。
 有楽町駅は、警戒警報のため家路に急ぐ人たちが駅に詰めかけ、押し合いへし合いしている。
 仕方なく電車に乗るのは諦めて、宮城(きゅうじょう:現在の皇居)側にある日比谷壕-馬場先壕-和田倉壕の脇の通りを歩いて秋葉原駅へ向かった。
 途中、ドォ~ン、ドォ~ンという、つんざくような地響きが何度もした。
 ところが、空を見上げても、雲が低く垂れ込めていて、敵機は見えない。
 ようやく秋葉原駅まで出た。
 何とか電車に乗り込み、出発するのを待っていると、突然、ドォオ~ンというもの凄い地響きがあがり電車ごと揺れた。
 座っていた乗客たちも、皆、慌てて立ち上がり、伸び上がって、音のした方角を見ていた。
 黒煙が上がっている。
 今日はもう電車は動かせないようだ。
 仕方なく、秋葉原駅を出て、また歩き始めた。
 隅田川にかかる両国橋を渡り、本所にある自宅まで歩いて帰った。
 家では、母が心配して待っていた。
 「ああ、どこへ行っていたの? 無事だった? 心配していたのよ!」
 「大丈夫でしたよ。」
 そう言って、自宅の2階に上がり、爆弾が落ちた位置を確認してみた。
 自宅から比較的近い浅草方面にも黒煙が上がっているのが見えた。

 爆弾が落ちた所って、どんなふうなんだろう?

 母の目を盗んで、浅草まで、一人、自転車を走らせた。
 爆弾が落ちたところでは、警備隊が出て、消火活動をしていた。
 見た目には普通の火事と変わらないようにも思えた。
 この時は、まだ、本当の空襲の怖さというものを実感できないでいたのだ。

 そして、翌1月28日。
 昨日見損なった映画を見に行こうと、判子を押してもらった映画券を握りしめ、再び日比谷の映画館へ向かった。
 ところが、省電は有楽町駅では停車せずに、新橋駅まで行って停車した。
 昨日、有楽町駅に爆弾が落ち、駅構内が激しく破壊されたからだった。
 帰宅を急ぐ人たちで押し合いへし合いしていた多くの人たちが、爆弾の直撃を受け、吹き飛ばされて、無残な姿で亡くなった。
 もし、昨日、あのまま電車に乗ろうと混雑する有楽町駅にとどまっていたら、爆弾にやられて死んでいたかもしれない。

 新橋駅から日比谷の映画館に歩いて向かうと、あちこち爆弾が落とされ、名だたる建物が破壊されていた。
 映画館も被害を受けたのか、外に机と椅子が出されていて、そこに映画の案内の人が居た。
 握りしめた映画券を見せると、「ここでは上映できませんが、浅草や上野、新宿の映画館で見ることができます。そちらへ行ってご覧ください」と。

 結局、夫は、他の映画館に映画を見に行ったそうだが、そのあたりは記憶が曖昧。
 その数日後、夫は、埼玉県のお寺の疎開先へ戻った。

 そして、その1ヶ月とちょっと後、3月9日深夜から10日未明にあった下町の東京大空襲によって、本所区石原町にあった夫の実家は全焼してしまった。
 自宅に残っていた家族は奇跡的に全員無事だったが、隣近所の多くの方々が亡くなった。
-----------------------------

 戦後生まれの私には、戦争中の市井の人々の日常の様子というものが、なかなか想像できない。
 開戦からわずか4ヶ月後の昭和17年4月に東京に初空襲があり、その後、昭和19年11月くらいから東京にもボツボツ爆弾が落とされ始めていた。
 そのような中にあっても、映画館で、「普通に」映画が上映されていることや、そもそも「暢気に」映画を見に行こうという人たちがあったことに、驚きを禁じ得ない。

 ネットで調べてみたら、ちょうど同じ日に、父親に連れられた少年(たぶん夫と同年齢)が、日比谷で映画を見ている最中に警戒警報が出て、上映が中止になり、慌てて避難したという体験談を見つけた。

 やはり映画を見に行っている人が居たんだなあ ( ‘o’)

 一般国民の間では、この頃はまだ、それほどの切迫感はなかったということなのか…?

 ずっと平和な時代を過ごしてきた私にとっては、もしたった1発でも、東京に空から爆弾が落ちる等ということがあったとしたら、もう、それだけで、明日から怖くて外を歩けない。
 家に籠もって泣いているかもしれないし、家族の誰かが外へ出歩くことも、心配で、心配で、耐えられないと思う。
 ましてや小学生が一人で、空襲があるかもしれない、爆弾が落ちてくるかもしれない街を歩き回っているということ自体、信じられない。

 夫の話に「暢気さ」を感じてしまうのは、昭和20年1月27日の時点では、まだ本格的な空襲を体験していなかった東京の人々の心象風景があるからなのかもしれない。

 だから、「爆弾が落ちた所ってどんなふうになっているのだろう?」
 と、興味津々で、わざわざ自転車に乗って見に出掛けたのだろう。

 おまけに、爆弾が近くに落ちて上映中止になった映画館で、映画を見に来る客のために案内人が外に出ていて、他の映画館を案内していたという話も、なんだか、とぼけた感じでおかしい。

 そんなにみんな暢気だったの? 
 戦争というものが、日常生活に中にあって、当たり前だったから・・・?

 それにしても、夫が見ようとしていた映画は何だったのかな?
 夫に訊くと、
 「はっきり覚えていないけれども、劇映画ではなくて、ニュース映画を見ようと思っていたかなあ?」

 まだテレビ放送がない時代、大東亜戦争の戦況や銃後の記録映像をニュースとして上映していた。
 ニュース映画上映専門館もあったそうだ。

 夫の暮らしていた本所区の錦糸町駅近くにもニュース映画専門館はあったから、この日、わざわざ日比谷まで出向いたのは、劇映画を見ようとしたのではないのかな?

 いろいろ想像し、夫に訊いてみたのだが、そのあたりの記憶は定かではないようだ。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト

パラシュートで飛び降りたよ!

 横浜に住んでいる友人夫婦宅を訪ねるときに、いつも渋谷駅から東急田園都市線を利用する。
 電車が二子玉川駅を過ぎて多摩川を渡る時、夫が言った。

 昔、子どもの頃、この河川敷に、パラシュートで降りるところがあったんだよ。
 50メートルぐらいの高い鉄塔の上から、パラシュートをつけて、飛び降りるんだけど、
 ボクもパラシュートで飛び降りたよ。10歳ぐらいの時だったかな。
 子ども用のパラシュートには、ロープがついていて、下まで降ろしてくれるんだけどね。
 大人用のパラシュートの方は、ロープなしで地面まで降りるんだよ。

よみうり大落下傘塔_0001
 どんなふうなものだったのか、夫に、描いてもらった。
      絵の中の文字も夫が描いたもの。
 左側にぶら下がっているのは、ロープが付いている子ども用のパラシュート。
 子ども用のパラシュートには、ブランコみたいに座るところと掴むところがある。
 右側の大人用パラシュートは、自分でボタンを押すと、ロープが外れるようになっている。
 地上では、パラシュートに乗るために行列していた。
 鉄骨造りの塔で、エレベーターも付いていた。

よみうり大落下傘塔_0002
 右側は、初級の練習生。ヘルメット?を被っているようだ。
 1メートル30センチぐらいの台の上でパラシュートを付けてもらい、上に吊り上げられる。
 「丘陵」とあるが、たぶん多摩川の土手のことだと思う。
 パラシュートの頭にロープが付いているのが子ども用。

   ボクは、先生の引率で学校のみんなと一緒に行った。
   ボクを含めて5~6人がパラシュートに挑戦したよ。
   パラシュートで降りると、認定書をくれるんだ。

   大人用は、ロープを付けないでパラシュートだけで降りてくる。
   運動クツを履いて、足をバタバタさせて地面に降りてくる。


 以上は、夫が、朝からせん妄気味で、眉をしかめ、口をとがらしていた時に、以前、夫が話していた「大落下傘塔」のことを話題にしてみようと、夫に落下傘塔の絵を描いてもらいながら、質問を重ねつつ、聞いた話です。
   
よみうり大落下傘塔_0003

 夫の話した内容を確認するために、調べて見つけた写真。
      (『讀賣新聞八十年史』より)
 新撰組の隊服のようなダンダラ模様の入ったパラシュートが、
  夫の言っていた子ども用のパラシュートらしい。
    確かに、何か四角っぽい形のものが見えるが、
    これがブランコ用の乗るところだな。
 右側のパラシュートはロープが付いた状態。
 左側のパラシュートは、ロープが外されて、降下中。
 鉄塔の下のほうに、白っぽい台のようなものが見える。
   この台の上でパラシュートを付けてもらったようだ。
 鉄塔には、階段が付いているのが見えるが、鉄塔の中心を貫くように
鉄骨が走っている・・これがエレベータなのかな?
鉄塔の一番上のアームの下に、白い文字で右から左へ
「パラシュート塔」の文字が見える。
「讀賣パラシュート塔」と書かれてあったもよう。

よみうり大落下傘塔0004
 讀賣新聞 昭和15年11月8日付 掲載の写真(初等用パラシュートに乗っている写真) 
 昭和15年(紀元2600年)11月7日、讀賣新聞社が、よみうり遊園の中に「大落下傘塔」と「体験飛行場」を開場したことを報じた。
 このパラシュート塔は、米英との戦争開始後は、英語名を改め「落下傘塔」に。
 日本陸軍の落下傘部隊の訓練生が、民間人に混じって、落下傘の降下訓練をしていたそうだ。
 戦後、神奈川県江ノ島に移され「讀賣平和塔」となり、昭和28年に江ノ島展望塔に改称。
 平成14年末まで残っていた。

 夫が少年だった頃の時代に思いを馳せつつ・・・・今日はここまで。



 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村


北朝鮮のミサイル発射で・・・

 今朝、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。
 ミサイル発射予告を受けて、我が家のすぐご近所に、PAC3(パックスリー:地対空誘導弾パトリオット3)が(テレビで見たら2機のようだった?)配備されていた。
 そこがPAC3の展開地であることを知ったのは、数年前の新聞報道。
 ちょうどその頃、PAC3展開地の隣接地に超高層マンションが建設され売り出し中だった。
 万一、破壊措置命令を受けてPAC3が発射された場合、その風圧で超高層マンションの窓ガラスは全部割れてしまうと予想される、と。現在は、法律の規制がないので、PAC3展開地のすぐ側にこのような超高層マンションが建てられている、云々。
 こんな報道が出て、あのマンションを買う人がいるのかなあ?と思っていたが、結局、完売。閣僚経験のある某国会議員もそこに住んでいるようだ。
 ともかく、そんな恐ろしげな「展開地」が、こんな住宅街の我が家のすぐ側にあるというのは、ちょっとなあ。窓ガラスが割れてしまうのは、そのマンションに限らず、近隣一帯の住宅もじゃないのかな? 
 でも、このPAC3が発射されるのは、首都上空に飛んでくるミサイルを迎撃する時だろうから、マンションの窓ガラスが割れてしまうとか、そんな苦情を言っているレベルではない緊急事態なんだろう。

 戦後70年の間、戦争のない平和な時代が続いてきた。
 私は戦後生まれなので、自分の住んでいるところに爆弾が落ちるかもしれない・・・という緊迫した状況を経験したことがないが、夫の少年時代は、常に戦争と隣り合わせで毎日を送っていたんだよね。

 10年ぐらい前かな、東京ドームの前を通った時に、夫が言った。

 小学生の時、後楽園球場のグラウンドいっぱいに真珠湾の模型が造られて、そこで映画撮影のため、ミニチュアの軍機を飛ばして真珠湾を攻撃をするのを見たことがあるよ。

 えぇ? 後楽園球場で? 映画撮影のセットがあったの?
 なんじゃい、それは?

 調べてみたところ、ありました。
 昭和17年12月5日~14日まで、後楽園球場にて、大東亜戦争1周年記念「映画報国米英撃滅大展覧会の開催。
 『ハワイ・マレー沖海戦』の映画撮影に使用した真珠湾軍港のセットをそのまま、後楽園球場に移して、一般市民に無料で公開された。
 開戦1周年にあわせて撮られた映画『ハワイ・マレー沖海戦』が封切られてまもなくのことで、多数の市民が詰めかけたという。
 少年時代の夫も、これを見に行ったんだな。

 実はこの映画の特撮を担当したのが、あの『ゴジラ』や『ウルトラマン』の特撮で有名な円谷英二。
この頃から培った特撮技術だったんですね。
 映画『ハワイ・マレー沖海戦』には、先頃亡くなった原節子も出演している。

 最近、『ハワイ・マレー沖海戦』のDVDをAmazonで買って、夫と一緒に見た。
 けれども、夫は、ちらっと見ただけで、集中して見続けることができなかった。
 子どもの頃見たはずの映画なら、もしかしたら集中して見れるかな?と思ったのだけれども・・・残念。
 夫が今集中して見れるのは、ストーリーがなくてもわかる、猫やら犬やらの可愛い動物が出ているものぐらい。
 まっ、平和でいいかぁ~?

 
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

 

もっと聞いておくべきことがあるのではないか?

毎度、NHKの朝ドラの話で恐縮ですが・・・

今日の放送の中で、青柳商店の女将さん(常子の祖母)が、知り合いから頼まれて、物資不足の中にも関わらず、その人の家を建てるためのりっぱな木材を集めてやり、ほとんど儲けなしで売る、という場面がありました。

「ああ、こうして建てたりっぱな家も、あと4年もしたら、きっと空襲で焼けてしまうことになるんだろうなあ・・・」

と私は、夫の先輩のTさん(2年前に89歳で鬼籍に入られました)が話してくれた戦時中の体験を思い出していました。

昭和20年5月25日、Tさんは、元同級生のIさんと自分の父親と3人は、学校で行われた優しかった恩師の葬儀に参列していた。
ところが、正午過ぎ、葬儀の最中に、空襲警報が発令されたため、葬儀は中断され、3人は急ぎ徒歩で帰宅したのだった。
その日の深夜、空襲が始まった。
当時、Tさんは、両親と姉と4人で、当時の東京市牛込区の早稲田に住んでいた。
焼夷弾が降る中を、家族とバラバラになりながら、Tさんは逃げ惑い、神田川べりまで来て、そこで疲れ果てて眠ってしまった。
あたりが白々と明けてくる頃、目が覚め、自分の後ろを振り返ってみると、あたり一面真っ黒に焼け野原になっていた。
自分の家はどうなったか、家族はどうしたかと、自宅に向かった。
自宅は焼け落ちていた。
しばらくすると、姉が無事で戻り、両親も戻ってきた。
腹が減ったので、自宅の庭に埋めて隠しておいた米を掘り出した。
そして、焼け落ちた自宅の木材を集めて、火をおこして、米を炊いて食べた。
焼け落ちた家の柱を火にくべると、檜の良い香りがした。
「せっかく、父親がりっぱな檜を集めて建ててくれた家だったのに・・・もったいなかったなあ」

そんなふうにTさんが話しをしていたことを思い出しながら、朝ドラを見ていました。
Tさんの自宅が焼失したのは、いわゆる「山の手空襲」と言われる空襲でした。

ちなみに、一緒に恩師の葬儀に参列したIさんの方は、既に3月10日の大空襲で神田にあった自宅が焼失していたため、牛込区の神楽坂、肴町というところに転居していたそうですが、ここもこの5月25日の空襲で焼けてしまい、再度、転居することになりました。さらに、その後に転居した3度目の住まいもまた空襲に遭ってしまうのですが・・・。

夫とは、機会あるごとに、こうした話をしています。
夫から、もっと聞いておくべきことがあるのではないかと思います。


 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村




我が家に残る2冊の『暮らしの手帖』

NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』で話題になっている『暮らしの手帖』。
私の実家でも、ずっとこの『暮らしの手帖』を購読していた。
この『暮らしの手帖』に、藤代清治の切り絵の挿絵のついた「お母さまが読んで聞かせるお話」とういうシリーズがあり、私も、幼い頃、母にせがんで寝る前に読んでもらうのが楽しみだった。
長じて自分で読めるようになってからは、家に置いてある『暮らしの手帖』を当たり前のように手にとって読んでいたけれども、あらためてこんな雑誌は他にはないなあ・・・と思う。
先日、実家に帰った時に、母に「『暮らしの手帖』って家にまだあるの?」と聞いたが、もうとっくの昔に処分してしまったとのこと。たぶん、実家の建て替えの際に古紙回収にでも出してしまったのだろう。(T_T)

我が家には2冊の『暮らしの手帖』が残っている。
1冊は、「ある日本人の暮らし」というシリーズに、夫の友人(先輩)夫婦が取り上げられた時の『手帖』だ。
暮らしの手帖45
その奥様は92歳で健在。
昨年9月、夫と二人で島根まで会いに行って来た方です(92歳のガールフレンド)。

もう1冊は、これです。↓

暮らしの手帖96     

黒く焼け焦げた革張りの手帖の上に、朝露で濡れた赤いバラのつぼみが1輪置かれている。
この印象に残る美しい装丁も、あの名物編集長花森安治の手によるものです。
ここには、戦時下に、日々何を食べ、何を工夫して、どんなふうに暮らしてきたのかを、市井の人々自身がペンをとって書いたものが載せられています。
「保存版」は現在も入手できます。

さて、下の書は、雨の日に外へ出掛けられないので、家で暇つぶしに夫が書いたもの。
いずれの句も「種田山頭火」のものです。

山が遠ざかる 
また見ることもない山が遠ざかる

枯れゆく草
枯れゆく草のうつくしさにすわる

歩き続ける
歩きつづける 彼岸花咲きつづける

書き初め用の紙を使っていますが、1枚に小さく2行にわたって書くということが、どうしてもうまくできなかったので、2枚に分けて書いてもらうなどにしました。
簡単に書いているようですが、大変でした。
句を私が大きな文字で紙に書いて、それを見て写して書くのですが、集中力がないため、1文字ずつ書く文字を指し示していかなければなりません。
また、大きな文字で書くと、文字というより画像として見ているようで、1本線が足りなかったり・・・苦労しました。
本当はもっと伸び伸びと楽しく書けるようにすればいいのでしょうが、ついつい、厳しく、「あっ! そうじゃない! ここ、ここ、これを書くのよ~!」などと、スパルタ化してしまう私です 。゚(゚´Д`゚)゚。
紙が切れているのは、失敗したところをハサミで切り取ったからです。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの記事一覧
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR