FC2ブログ

入院して学んだ紙オムツのしかた

 今までいわゆるリハパンだった。服の外側から目立たないように、外出時にはリハパン1枚か、せいぜい尿取り紙パッドをリハパンの股の部分に平たくテープで留めるだけだった。

 その後、ベッド上での排泄となり、取り替えしやすいように紙オムツを買ってきて、尿取りパッドは今までと同じように、股の下に平たくテープで留めていた。

 テープで股の下に平たく留めると、パッドだけを取り替えたい時に、イチイチお尻をあげてもらわねばならない。パッドがお尻の下敷きになっているからね。

 ところが、夫は腰を傷めているから、お尻も上げられないし、体位を横にするのも激痛で容易ではない。そのため、尿取りパッドを交換するだけでも、苦痛に耐えねばならなかった。

 今回入院して、病院での紙オムツのあて方を目の当たりにし、まさに「目からうろこ」だった。

 紙オムツ、大きな尿取りパッドは平たく股の下に、そして小さな尿取りパッドを棒に巻き付ける! 男性用の紙オムツのしかたがあるんだ! 介護のプロからしたら、こんなことは当たり前のことなんでしょうが、そこは素人、全然、気がつかなかったなあ。

 こうすると紙オムツの前の部分は何重にもなってしまって、ぽっこりしてしまうので、歩行できない、寝たままの人向けのやり方だ。夫のように、腰を上げられない状態の男性には好都合。尿取りパッドだけを交換するのが楽チンです。

 それにこの入院先は、オムツの持ち込みができないので、1枚ずつ買わねばならないので、この方法だと一番安い尿取りパッド小の交換が多く、値段の高い紙オムツと尿取りパッド大を節約できるので助かる。

 入院してから、なぜか、夫の尿を小出しにする。「トイレに行きたい」と言われて、すぐに紙パンツを開けるが、だいたいもう出てしまっている、あるいは出ている最中ということが多い。
 ずっと寝ているので、腹圧がかからず、残尿が多いのだろうか・・・

 お通じについては、幸い、完全な便秘にはなっていないが、こちらも腹圧がかからず、重力も利用できずで、1センチくらいずつ、ちょび、ちょび、ひり出すような感じ。
 まったく出ないわけではないので、浣腸や座薬・飲み薬は使わず、様子を見ることに。
 
 のどもずっと、ガラガラいっているのに、うまく痰が排出できていない。

 いずれも、早く痛みが治まって、椅子に座れるようになれば、解決する問題なんだけどな。

 応援クリックお願い致します

      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

入院4日目・・・車椅子に座れた!

 昨晩、痰がゴロゴロとからんでいる音が聞こえているが、痰がうまく排出できない。咳をして出すように促すが、寝ていて認知機能が落ちていることもあって、疎通性がよくなく、なかなか「咳払いをして痰を出す」ことができない。

 看護師さんに、「痰の吸引もできますよ」と言われたが、超怖がりの夫に、鼻から管を入れて吸引するのは、かなり厳しいと思われた。
 ちなみに夫の怖がりは、眼科のゴールドマン眼圧測定(眼球表面に測定器をあてて測定する方法)も、まともにできないぐらい。無理に強いると、声を上げて泣き出したりするので、眼科医から、「白内障の手術は全身麻酔でないと無理ですね」と言われているぐらいだから。)

 そこで、身体を起こすことができれば、痰も排出しやすいだろうということで、夕食の時に、看護師さんが、ギャッジベッドを操作して、うまく夫をベッド上に座らせた。
 その方法は次のとおり。

1. まず、ベッドを平らにしてベッドの一番上まで頭が届く位置に
    身体を持って来る。
    夫はまだ自分でベッドの上まで身体を動かすことができないので、
    介助して身体をずるずる上までひっぱる。

2. このまま頭を上げると、足の方にずるずるさがってしまうので、
     先に足下のベッドを少し上げる。

3. 次に、両膝を曲げる(伸ばしているより、
     両膝を曲げた方が痛みが少ないようだ。
    ちなみに、夫は以前から長座(足を伸ばして床に座る)ができなかった。

4. それから、頭側のベッドを上げていく。
    この時、途中で痛みが出るので、身体が横に逃げたりしがち。
    身体が横を向いてしまうと、食事をするにも、車椅子に移乗するにも
    うまくいかないので、まっすぐに座っていられるように、
    少しずつ調節しながら、ゆっくりベッドの背を上げていく。

5. 完全に身体を起こす。

 起こしている最中は、「痛い、痛い」と声を上げるが、ちょっとの辛抱。いったん体勢が定まると、痛みがひいていく。こうして、ベッド上に座ったまま、夕食を摂ることが出来た。

 今朝も、ベッド上に座って朝食。その後、「トイレに行きたい」と言うので、試しに、車椅子をベッドサイドに持ってきて、「じゃあ、トイレに行くので、車椅子に移ろう」というと、自分でベッドから、両足を降ろしてきたので、靴を履かせ、ベッドの高さを低くし、両足を床に付けた。夫は自分で立とうとしたが、痛みがあるのか、膝が伸びず、ヨロヨロしているので、身体を支えて、車椅子の方向にお尻を方向転換させ、座らせた。

 やった! 車椅子に移乗できれば、あとは、車椅子用のトイレまで行き、同様に、便座に移乗すればよい。こうして、入院後、初めてトイレで排尿・排便ができた。

 ただ、やはり立ち上がりに痛みがあり、膝を真っ直ぐにして立てない。本人曰く「腰の背骨から脳天まで痛みが走る」。これでは歩行はできないし、そもそも、こんな痛みがあって立ってもよいものか? 
 明日、整形外科の先生に診てもらう予定。リハビリの予定も訊こう。

 応援クリックお願い致します

      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

入院5日目・・・車椅子から落ちていた

 前回は、「車椅子に座れた!」と勇んで書いたが、今日はそのような気持ちもしぼんで、辛い気持ちです。

 ベッドから起き上がらせるのは、前回のブログに書いた方法で起き上がらせることができることはできる。
 けれども、やはり激痛があるようで、身体を横にのけぞらして「痛い!」と言っているのに、無理に起こしているので、なんだか虐待をしているようで辛い。
 いったん、起こして、車椅子に移乗し、きちんと座れば、痛みはほとんどないのだが・・・

 今日、整形外科医とあらためて話をしたが、「画像上は古い圧迫骨折の跡しか確認出来ない・・・」「大腿骨骨頚部も大丈夫」「骨盤もOK」なので、「寝ていなければならない」との指示はない。
 「でも、激痛を訴えているんですけど・・・? このまま無理に起こしていて、良いのでしょうか?」
 「本人の痛みの程度との兼ね合いですね。」
 ・・・・

 もともと認知症があるので、ベッドに寝たままの状態が長いと、どうしてもきちんと覚醒しないようで、より認知レベルが低下するという感じ。起こして、車椅子に座らせただけで、顔つきが違う。だから、ベッドで寝ている時間は少なくしたい。

 それに、相変わらずのどがゴロゴロいって痰がたまっているが、これも寝ているより、起きた方が吐き出しやすい。でも、今日は起きていた時も、「咳をすると背骨から脳天まで痛みが走る」と言って、咳反射が起きても、痛みが出ないように咳を止めてしまうので、痰が出せていないが・・・。

 他方で、起き上がって、動いていることで、X線やCT画像では見えない骨折が「偽関節」(折れた骨がくっつく前に、動かしていると、骨がつかないままパクパク動くように固まってしまい、まるで関節のようになってしまうこと)になってしまわないかが怖い。

 そのあたりの兼ね合いが本当に悩ましい。
 整形外科の医師に「偽関節になってしまわないでしょうか?」と突っ込んで訊けなかった。

 午前中、整形外科医と話をした後、私自身が、他の病院での診察予約があるため、外出した。
 その際、夫をベッドに再び寝せると、昼食時にまた起こさねばならず、また痛がらせるのは忍びないと思い、夫を車椅子に座らせたまま、ナースステーションに声をかけて出掛けた。
 夫の病室は、ナースステーションの隣にあり、ナースステーションのドア窓から夫の病室内が見える。また、廊下側の病室のドアも開け放って、外からも見えるようにしておいた。
 およそ1時間ほどの外出で、正午頃、病室に戻ってみると、夫がいない。
 ??
 ナースステーションを覗くと、中で、夫は車椅子に座って、昼食を食べていた。

 私が覗くと看護師さんたちが寄ってきて、「実は、車椅子から落ちていたんです」。
 おおむね次のようなことだった。

 最初は、ナースステーションと病室を隔てるドアがガラガラと開いたので、見ると、夫が車椅子から半分ずり落ちるようにして、ドアを開けていたと。
 それで、体勢を立て直して車椅子に座らせ、ナースコールを手に持たせて、押して呼ぶようにと伝え、頻繁に声かけをしたりしていた。
 ・・・が、たまたま病棟に来ていた薬剤師さんがふと病室内を見たら、夫が病室の床に仰向けに寝転がっていたと。車椅子は折りたたまれていたと。
 看護師がそのほんの5分ぐらい前に夫に声かけをしていたので、長時間、そのままになっていたと言うことはないが・・・とのことだった。
 「車椅子に安全ベルトが付いていることに気づかず、していないかった。すみません」とも。
 また「頭を打ったかどうか」訊いたが、はっきりしないと。

 夫は認知症だから、頭を打ったかどうか訊いてみても、全く覚えていないので意味がない。
 この話のやりとりを、車椅子に乗った夫はまるで他人事のように、ニコニコしながら聞いていた。

 見た感じ、あらたに怪我が増えたということはなさそうだ。
 頭は? 
 打ったかどうか、わからないが、今のところ夫の様子に変わりはない。

 もし、頭を打っていたら、今は大丈夫でも、1ヶ月とかもっと後になって、ジワジワと出血して・・・慢性硬膜下血腫ということもあり得るから、注意が必要だな。

 やはり、私が不在にする時は、ベッド上に寝かせるか(今はまだ痛みで一人では起き出せないだろう)、車椅子に乗せたままにする場合は、ナースステーション内に居てもらうようにしないと。
 認知症の夫は、自分が腰の痛みで歩けないということを忘れて、動こうとしてしまうので、目が離せない。

 夕方、理学療法士さんにリハビリをしてもらった。最初は、ベッド上で下肢の筋力が落ちないように、簡単に足を動かすところから。足自体の動きには問題がないようだ。
 また、試しに車椅子から、正面のバーを握って、立ち上がらせてみると、痛みなく立ち上がれた。ただし、両膝は曲がっていて、バランスが悪く、バーがないと立ち続けるのは難しいようだ。
 けれども、真っ直ぐに立つときには痛みが出ないというのは、今日の発見だった。でも、日常生活の場では、こんな真っ直ぐなバー等なく、立ち上がりの際に捕まれるところは、斜め先にあるものばかり。そして、斜めに移動するためには、ちょっと身体をひねる必要があり、それで痛みが生じるのかなあ。

 こうしたいろいろなことを、一人で家で夫の介護に向き合っていると、あれこれクヨクヨ悩んでしまい、一人で抱え込んでしまう。病院に居ても、この心配や悩みがすっきり解消するわけではないが、看護師さんも理学療法士さんもいるので、心配なことを口に出して、話をすることで、ずいぶん精神的に支えられている。

 応援クリックお願い致します
      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

入院6日目・・・激痛で混乱、看護師さんをひっかく

 今日は、午前中はあまり無理をさせず寝かせておこうと思って、朝食のベッド上で食べさせたが、食べ終わると「トイレに行きたい、ウンコ」と言う。
 ならば、ベッドから起こして、車椅子に乗せ、トイレに行こう。
 けれども、一人で起こすのはしんどいなと思ったので、看護師さんを呼んで手伝ってもらうことにした。
 看護師さんが、夫をベッドから抱き起こそうとした時、夫は激痛から、看護師さんの腕を、両手の爪を立ててぎゅっと力を入れて反撃(!?)したので、慌てて、私は夫の手を押さえ、看護師さんに「スミマセン、スミマセン」と謝った。
 やっぱり、ベッドから直接起こすのは無理そう。
 ギャッジベッドの背を上げて起こした。
 夫が痛たがっても、ひるまずに。
 一度起こしてしまって、体勢が安定してしまえば大丈夫。
 「痛い?」と訊いてみると、「痛みは和らいだ」と言う。ほらね。
 「じゃあ、車椅子に移ろうか」。
 車椅子への移乗は、ベッドからの起き上がりに比べるとだいぶ楽だ。

 車椅子に乗せてトイレへ。
 しかし、ベッドからの起き上がりの痛みでショックを受けていた夫は、眉間に皺を寄せ、「怖い」と言っている。痛みが出るのが怖くて、動きが鈍く、せっかくトイレに座ったが、ウンコしたさは消失してしまった模様。残念!

 その後、私は洗濯と2匹のお世話等の家の用事のために、いったん自宅へ戻るが、その間は、昨日のことがあったので、夫を再びベッドに寝かせた。
 寝かせる時に、再びベッドの背を下ろす時にも痛みが生じる。今回は、夫にベッドの操作盤を渡して、背を下ろすボタンを自分で押させるようにした。自分がボタンを押すと、背の部分が下がっていくので、不意打ちがない分、比較的スムーズに下げることができたように思う。
 そして、念のため全周囲にサイドレールを付け、ナースステーションに声をかけて出掛けた。

 正午に戻ってみると、夫はベッド上で、サイドレールに頭を付けるようにして斜めに横になっていて、目を開け起きている。

 昼食を摂るので、ここで再び

 応援クリックお願い致します
      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

入院7日目・・・痛みは一進一退

 昨晩は、寝入ってから起きるまでのトイレは5回。
 最初の3回は寝入ってから1時間半という短い間隔で、尿瓶でとった。100cc~150ccぐらいずつの薄い色の尿。

 その後、午前2時半頃、布団をはいでいるのに気づく。布団をはいでいるのはトイレに行きたくなっているサインだ。

 ベッドの頭のところにある電灯をつけて、呼吸器をはずし、「トイレ?」と訊くが、半分寝ぼけているようだが、「もう出る」と。
 紙オムツを外すと、まさに真っ最中で、あわてて尿瓶をあてがったが、尿瓶にとれたのはほんのちょっぴり。
 ほとんど完了していた。尿取りパッド小がはずれていて、尿取りパッド大がびしょびしょ。さらには、病衣のすその方も少し濡れている。
 きちんと全部替えようとすると、仰向けに寝ている身体を横向きに左右動いてもらわないといけないが、痛みが出るので、睡眠に悪影響が出る。
 仕方がないので、お尻の下に敷かれている尿取りパッド大は引っぱり出し、新たに尿取りパッド大はお尻の下に敷くのはあきらめ、前の部分にのみ置き、さらに尿取りパッド小を棒に巻いて、最後に紙オムツのテープを留める。
 病衣のすそが濡れているところは、ティシューペーパーで上下を挟んで水分を吸い取り、さらに肌にあたる部分にタオルを敷いて、冷たくないようにして応急処置。

 この後のトイレは、朝5時半頃、尿瓶で採れた。

 寝た状態で尿瓶で採るとき、必ず、夫には尿瓶を見せてから、「これでやろうね」と言ってあてがい、尿瓶に手を持って行って触らせて理解させるが、尿が出るまでに時間がかかると、その間に夫は尿瓶をあてていることを忘れて、再び「お手洗い行きたい」と言う。
 それで、再び、尿瓶に手を持って行って触らせて理解させようとするが、触っていても、それに尿をするのだとつながらない時があり、また「お手洗い行く」と言う。
 そこで、また、尿瓶を顔の近くまで持って言って見せて、
 「これにしようね」
 「ああ、そうか」となって、ようやく目的達成・・・

 寝ている体勢からだと、尿瓶が見えない、見えにくいのが気になる。
 進行性核上性麻痺(PSP)の症状に、眼球が下に向かない(下が見えない)というのがあるので・・・ 転倒する場合は、前方ではなく、必ず後方に倒れるし・・・

 昨日は、まっすぐ立ち上がった場合は、あまり痛くないと言っていたのに、今日は、痛みがあるようだ。
 「お手洗いに行きたい」と言うので、トイレに連れて行くも、立ち上がると痛みがあることにショックを受けて、眉間に皺を寄せ「もうできない。出ない。」と言い、不穏な雰囲気が感じられたので、いったん、トイレから撤退。早めにベッドに寝かすことにし、後は、ベッド上で尿瓶でとろう。痛みは一進一退だなあ。

「痛い! お尻の下のほうから、楔を打ち込まれて、バラバラに壊れてしまったようだ。」 夫の口から出た言葉である。
 それにしてもすごい表現力。
 X線でもCTでも分からない身体の中の状態を、自身の身体感覚で案外正確に表しているのかもしれない。

 今日、夫に「トイレ」と言っても、なかなか通じなかった。何度か繰り返して言っても、通じない。あれ~?
 気をつけてみると、夫自身は「トイレ」とは言わず、「お手洗い」と言うことが多いようだ。たまに「はばかり」と言うこともある。
 私はこれまでほとんど「トイレ」という言葉を使っていて、それで夫に通じないということはなかったと思うけど、最近の記憶障害の進行で、夫は「トイレ」という比較的新しい言葉(と言っても50年ぐらい前には既に一般的に使われていたかな?)を忘れてしまったのかも?

 また、漢字についても、時々、旧漢字で書くことがある。
 「昼」の旧漢字は「書」という時に似ているのだが、こんな難しい漢字を書いたりする。
 戦前に習得した漢字が出てきているのだろう。記憶がそこまで戻っているのかと思う。

 今日、夫に年齢を訊いてみたら「50歳前だと思います」とのこと。
 年齢は日によって変動する。
 一日のうちでも、訊く度に答えが違う。

 応援クリックお願い致します
      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの記事一覧
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR