FC2ブログ

そもそもの始まり・・・脳梗塞の発症

夫がアルツハイマーだと診断されてから8年。
現在の夫は自分の家にいながら、夕食後に・・・

 ごちそうさま。また、来ますね! 
 
と、帰ろうとする。
たぶん、20代まで住んでいた実家へ帰ろうというのだろう。

デイサービスから帰ってきた夫を、家で迎えると・・・・

 また、時々、ここで会おうね! 

と、私と結婚して、この家に住んでいることも忘れている。

夫の病名はアルツハイマーと診断されているが、そうかな?と思いつつも、
認知症状を呈する別の病気かも知れないとも思う。(このことは追々書くとして)
しかし、そもそもの始まりは脳梗塞だった。

その日の朝、夫は手に持っていたコーヒーカップを落とした。

 なにやってるの~。ちゃんと注意してよ~

午後3時頃、私が仕事から自宅に帰ってみると、夫が足をひきずって歩いている。

昼食にラーメン屋に食べに行ったんだけど、気がついたら、片足にサンダル履いてなくて・・・
サンダルが脱げちゃっているのに、スタスタ歩いていたんだよ。
 これから、整形外科に行ってこようと思う。


 え~!? それは、アタマだよ、アタマ!

診察の時間はとっくに過ぎているので、最寄りのK病院にあらかじめ電話をして、症状を伝え、救急外来での
受診を希望することを伝え、大通りまで、夫を連れて歩き、タクシーをひろってK病院へ。

 目をつぶって、両腕をあげたままにしてください

と医師に指示されても、片腕が落ちてきてしまう。

  脳梗塞ですね。このまま入院してください。

今まで特に持病もなく、病院通いもしたことがなかった夫は、そのまま入院となった。

この日、私が自宅に帰り着いたのは夜11時頃だったと思う。
疲れてそのままテレビをつけることもなく、風呂に入って、寝てしまった。

翌朝、朝刊を開いて、びっくり!

  アメリカで、同時多発テロ

夫の脳に一撃が加えられた日、アメリカの貿易センタービルには航空機が突っ込んでいたのだ。

  戦争が始まるかもしれない。

夫が入院した日に、こんなことが起こるなんて・・・・

夫の脳梗塞は、細い血管の詰まる「ラクナ梗塞」というもの。
今回の麻痺を起こした梗塞病巣以外にも、小さな無症候性の脳梗塞が多発していました。

 アメリカで、同時多発テロ

 夫のは、たぶん「同時」ではなくて、「異時」?多発梗塞だったのです。

2001年9月11日。
夫70歳の時でした。
これがそもそもの始まりです。

 応援クリックお願い致します
      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

脳梗塞・・・その後

2001年9月11日に発症した夫の脳梗塞は
脳の細い血管が詰まる「ラクナ梗塞」というもので、
右半身に軽い麻痺が生じましたが、
約10日間ほどの入院・治療により、ほとんど
目立った麻痺などは残らず、退院できました。

ただ、右手で細かい文字が書けなくなりました。
毎年来る年金のハガキ大の「現況届」の小さい署名欄に
名前を書くのが大変です。
いつも大きくはみ出してしまいます。

しかし大事なことは、この時に、次の2点から夫に記憶障害が起きている
ことに気づきました。

1.自分が入院するに至った病名が覚えられなかった
2.薬の名前や効能がまったく覚えられなかった

 退院後、入院のうわさを聞きつけた友人・知人から
「入院したって聞いたけど、どうしたの?」と質問を何度も受けた。
 これに対して夫は、ちょっと、とまどったような顔をして

 え~、身体の、あちらこちらを精密検査しただけだよ~

等とムキになって答えていた。
プライバシーに関わる病気のことだから、適当にはぐらかしているのかな?
とも思ったが、どうも本当に何の病気で入院したのかを覚えていないようだった。

 あなたは脳梗塞で入院したんだよ。
 脳梗塞 の・う・こ・う・そ・く
 言ってごらん。


 え~と、のー・・・そく?

< 脳 梗 塞 だよ。 

のう・・・そく・・??

 あれえ? おかしいな。でも、これは脳梗塞による一時的な影響だろう、
回復するに連れてよくなるだろう・・・と、その時はあまり深刻に思わなかった。

 最近、大山のぶ代が認知症であることを告白した、夫の砂川が、
認知症状の出始め当初は、脳梗塞による一時的なものなのだろう、と思っていたそうで、
私もまったく同じでした。

 この当時、夫が脳梗塞の再発予防のために服用することになったのは次の薬です。

 ブロプレス (降圧剤)
 小児用バファリン (血液をさらさらにするための薬)
 サアミオン (脳循環薬・・・どういう薬かな・・ まあ、脳梗塞後の鬱予防かな? 活気づけ、気休め?)

 夫は今まで持病もなく、薬を服用したこともなかったから、このようなカタカナの薬名が
覚えにくいのも、むべなるかなと思い、「まあ、覚えられなくても仕方ないかな」と。

 応援クリックお願い致します
      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村


 
プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの記事一覧
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR