FC2ブログ

漫画「わたしのお婆ちゃん」のご紹介

最近、自然災害が多い。
いや、多いと感じるのは、私の人生の前半までは、それほど災害が頻発していたという記憶がないだけのことで、長い地球の歴史から見れば、今の状態が普通のことなのかもしれない。

それにしても、災害が起きると、心身が健康な人でも大変なことだけれども、
病気だったり、高齢だったり、障害を持っている人たちは、
ごく普通の日常生活の中でも、いっぱいいっぱいで、
ぎりぎりのところで生きていたりするので、
ひとたび災害に遭おうものなら、そのダメージは計り知れない。

東日本大震災の際に、宮城県山元町で津波に呑み込まれ、
かろうじて生き延びた「おばあちゃん」の孫が
描くドキュメンタリー(?)漫画を紹介したい。

「わたしのお婆ちゃん」
(ニコ・ニコルソン作 講談社)

ニコさんのお婆ちゃんは、2011年3月の東日本大震災の時、
ニコさんの母と二人で海岸沿いの自宅で津波に遭う。
津波にのまれた母ルは流れてきたタンスによじ登り、
婆ルの腕を必死になってつかみ、タンスに引き上げ、
ようやく自宅2階に這い上がって生き延びた。
この時、母ルソン56歳、お婆ちゃん81歳。
お婆ちゃんはプチ認知症だったのだが・・・

震災当時、ニコ・ニコルソンは漫画家として
東京で一人暮らし。
なかなか安否が確認できなかった二人が、
避難所で無事に居ることがわかる・・・
その後、仮設住宅に母ルソンとお婆ちゃんは移るが、
長年住み慣れた家やご近所の人間関係から引き離されたお婆ちゃんは、
いっきに元気をなくしていった。

そんなお婆ちゃんを見て、母ルソンは、
自宅を再建する決意をする。
しかし、母ルソンにガンが見つかり、
手術、抗がん剤治療・・・を乗り越えながら、
地震保険や災害給付金でもって
自宅を再建するまでの過程は、別の漫画

「ナガサレール イエタテール」
(ニコ・ニコルソン作 太田出版)

で描かれている。

そして、ようやく元の場所に再建された自宅で
(津波被害にあった1階と外壁・屋根のリフォーム)
母ルソンが夢見ていたのは
「お婆ちゃんと大型犬との幸せな楽しい生活」が始まるはずが、

 もうね、お母さんと一緒に死のうかと思って

という母ルソンの衝撃の言葉を、
ニコルソンは聞くことになる。

ニコルソンが東京で仕事に打ち込んでいる間に
母ルソンは、お婆ちゃんの介護で追い詰められていたのだ。

母ルソンは仕事をしながら、新しくなった自宅で
お婆ちゃんを一人で介護していた。

ニコルソンは、お婆ちゃんの認知症が
そこまで進んでいるとは知らず、
いや、そもそも認知症であったことも知らずに居たのだ。

その後、ニコルソンも実家へ戻って、
(仕事は漫画家だから、実家へ戻っても、一応できる)
母ルソンとともにお婆ちゃんの介護を手伝い始めるのだが・・・

この母ルソンとお婆ちゃんの2011年3月当時の年齢が、
ちょうど今の私と母の年齢と同じなのだ。
さらに母がプチ認知症だということも共通している。

なのでまったく他人事ではない。

この漫画の中では、
母ルソンが仕事に出た後、
日中一人で暮らすのは、とても難しいと思えるのに、
お婆ちゃんは要介護2と認定されている。

担当ケアマネが、母ルソンの介護疲れの様子を見て、
「ショートステイよりも、デイサービスを増やしましょう」
と言ったりするのだが、ちょっと意味不明。
一般的には、ショートステイに行ってもらったほうが、
介護者はゆっくり休めるのではないかなぁ?
特に夜間何度も起きて、介護者が眠れないような
本ケースのような場合・・・
要介護2の介護保険で利用できる単位数が不足している中で、
ショートステイで点数を大きく使ってしまうよりかは、
デイサービスの利用日を増やしたほうが介護者の負担が
少なくなるということなのか・・・
実際、デイサービスの利用を増やすことになったが、
介護保険内でおさまらず、半分は自費での利用になったと。
う~ん?
必要なサービスが、介護保険で賄えないというのは、
そもそも、要介護2という判定自体が間違っていると思う。
ケアマネは何をしているんだろう?
すぐに区分変更申請をした上で、
介護保険調査員への応答のしかたをアドバイスするとか
対策をとるべきでは・・・等という
つっこみどころも、あるにはある。

でも、よく描けているんですよ。
認知症の人と介護する家族の思いと実態が。
お勧めです。

紙の本より、Amazon の kindle のほうがお得です。

    

下記の「婆ボケはじめ、犬を飼う」もニコ・ニコルソン作の関連本。
時間軸からすると「ナガサレール イエタテール」と「わたしのお婆ちゃん」の間のエピソードを描いています。

  

追記: このブログを投稿した日の朝、偶然、NHKあさイチの「特選!エンタ」コーナーで、
ナビゲーターのヤマザキマリさんが、読書の秋にぴったりな書籍情報として、
ニコ・ニコルソンさんの「ナガサレール イエタテール」を紹介していました

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村     
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの記事一覧
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR