FC2ブログ

睡眠時無呼吸症候群と認知症

 夫は重度の睡眠時無呼吸症候群である。

 いつからそうだったのか?は定かではないが、脳梗塞後、しばらくしてから気づいたから、72~73歳の時には既に睡眠時無呼吸症候群だったのだろう。

 夫が75歳ぐらいの時に、一度、睡眠障害専門のY睡眠クリニックを受診。入院しての「終夜睡眠ポリグラフ検査」の結果、睡眠時無呼吸症候群の診断が確定。その他、鼻の息の通りの状態等の検査等を経て、CPAP治療(Continuous Positive Airway Pressureシーパップ:持続陽圧呼吸療法=予めその人の無呼吸解消に必要な空気の圧力を調べておき、機械に圧力を設定しておく。機械から設定された圧力の空気を鼻から気道(空気の通り道)に送り込み、気道を広げて睡眠中の無呼吸を防止する治療法)を開始した。送り込むのは機械が室内から取り込む「空気」であって「酸素」ではない。簡単に言うと、もの凄い勢いのある風がマスクから吹き出してくる。

 下記の日本呼吸器学会のホームページにCPAPが無呼吸をどのように解消するのかその仕組みが紹介されているので、詳細は下記をご覧ください。
 http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=141

 このCPAPの機械はレンタルすることになるのだが、毎月クリニックに通院して、機械に装着された呼吸状態の記録データを解析してもらい、調整等を行う必要がある。

 この毎月通院するというのが結構な負担なのである。当時私はフルタイムの仕事をしており、一人で通院できない夫の受診には、毎回同行せねばならず、様々な持病が増え、通院しなければならない回数が増えていく中で、当時の私は、この無呼吸症候群の治療の重要性についての意識が低かったため、夫のCPAP治療を中断させてしまった。

 しかし、夫が79歳になった頃、夫の睡眠時の無呼吸がひどくなってきていることに気づいた。
 テレビで睡眠時無呼吸症候群の人の睡眠の様子を放映しているのを見ると、グオーグオーと凄い大きないびきをたてているが、夫の場合はそのような大きないびきはかかない。

  ふぅ~ ふぅ~ ふぅ~ ふぅ~ ふぅ~ ・・・(無呼吸)・・・・ん ん ふぅぅぅぅ~ふぅ~ ふぅ~ふぅ~ ふぅ~

 このような感じの呼吸を繰り返す。文字で息の様子を表すのが難しいのだが、ふぅ~と書いてはいるが、口をつぼめて呼吸をしているのではありません。他に息の様子を表す適当な文字がないので、こんなイメージということでご了解を。

 夜中にふと、夫が呼吸をしていないことに気づき、パシパシ頬を叩いて起こしてみたり、横向けに寝かせてみたり(少し無呼吸状態が減る)、かなり気になる状態になっていた(悪化していた)。

 やはり睡眠時の無呼吸の治療が必要だと痛感し、脳梗塞とアルツハイマーの関係で通院中のJ病院の呼吸器内科医に相談した。
 ところが、その時の担当医師は「認知症患者にはCPAP治療は無理ですよ」と言われてしまった。
 確かに・・・以前の短い治療経験からしても、CPAPに馴れ使いこなすには、かなりの忍耐と習熟が必要であり、治療への患者本人の動機付けがなければ、使用継続が難しい機器なのだ。

 認知症患者の場合は、その点、かなり厳しいというのはよく分かる。
 でも、前回のCPAP治療は、夫を介助する私の都合で中断させてしまったという思いもあり、あきらめきれない。
 ネットで調べてみたところ、バスで通院できる距離にS睡眠クリニックを見つけた。このクリニックに夫を連れていき受診したのが79歳(2010年、平成22年)の時。入院して(もちろん、私も付き添いで一緒に泊まり込み)の終夜睡眠ポリグラフの検査結果は・・・

 無呼吸の総数は218回。1時間あたりの指数(AI)は43.3。
 無呼吸と低呼吸の総数は392回。1時間あたりの指数(AHI)は77.9。
 無呼吸のうち、最も長い無呼吸時間は83.7秒で、最も低い酸素飽和度は82%。

 一晩(7時間)の睡眠中に30回以上の無呼吸があると睡眠時無呼吸症候群と診断されるところ、夫はなんと218回もの完全な無呼吸。低呼吸と合わせると392回。
 「成人の睡眠時無呼吸症候群 診断と治療のためのガイドライン 2005」によれば無呼吸指数(AHI)による重症度は次のとおり。

 軽症 5 ≦ AHI <15
 中等症 15 ≦ AHI < 30
 重症 30 ≦ AHI

 夫はAHIが77.9だから、かなりの重症。
 最初のCPAP治療時、私の記憶では、確かAHI指数が30代だったような・・・。
 放置した結果、重症に移行してしまった・・・と大後悔。
 大反省をし、心をあらためて、睡眠時無呼吸症候群の治療を開始した。

 ところで夫の場合、いびきの音が大きくないことが示すように、一般的な睡眠時無呼吸症候群(肥満気味で舌根が気道に落ちてしまうような閉塞性タイプ)とは、タイプが異なる「中枢型無呼吸」が生じていることが検査結果で判った。正確に言うと「閉塞型無呼吸」も出る。最も多く出現するのは「中枢型+閉塞型の混合型無呼吸」だった。
 上に記載したような夫の呼吸のパターンは、いわゆる「チェーンストークス呼吸」というもののようだ。
 夫にこのような中枢性無呼吸が出現する理由は定かではないが、夫には肥大型心筋症があること(心臓からの影響)と、脳梗塞の影響と両方あるのかもしれない。
 中枢型の無呼吸症候群には、CPAPよりもASV(adaptive servo-ventilation)という治療機器を使ったほうが、無呼吸が解消されやすいのだそうだ。ASVは慢性心不全への治療として処方されるものなのだ。
 実際のところ、夫はCPAPで治療を再開したが、無呼吸の数は減るには減ったが、いまひとつ。そこで、ASVに変更してみたところ、無呼吸の数はだいぶ減り、だいたい上記の軽症の範囲以上の無呼吸成績に収まるようになった。
 毎月1回の通院は大変だが、とても重症の無呼吸症候群であることが明らかになった以上は、そのまま放置しておくことはできない。

 認知症の人には、睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療は無理だとJ病院の医師に言われていたが、認知症患者自身が自分で治療機器を装着したり操作したりできないのは確かなので、要は介護する家族の取り組み方次第ということかなと思う。
 で、実際にやってみて、正直言って、かなり大変です。
 まず、正しく装着して快適に使えるようになるためには、一定の習熟期間が必要。少なくとも1ヶ月は忍耐強くやってみる必要がある。その上、鼻柱のところにマスクが強くあたり過ぎて痛みが出たりして適切な強さにベルトを調整するのが難しかったり、マスクのフィッティングが悪くて空気が漏れたり(空気が漏れると、ブワァ~ともの凄い音がする、時にプゥ~プゥ~、とか、それはそれはいろいろうるさい音が・・・・きちんと装着されていればそのような音はでないのだが、寝ているうちに、口の開け具合が変わったり、寝返りをうったりすれば、マスクのフィッティング状態もそれにつれ変わる。)
 それに、そもそも機械を通しての増幅した呼吸音が常にしているので、夫の隣で寝ている私は常にその音を聞きながら寝ている。うまくマスクのフィッティングが調整できていない時には、これらの不快な音に悩まされ続け、夜中に何度もガバッと起きて、マスクのフィッティングの調整に苦心し、すっかり神経症気味、睡眠不足に。

 夫はトイレに行きたくなると、自分でこのマスクを外す。するとブワァ~というものすごい音がし、ピーピーピーという警告音が鳴る。このものすごい音は神経に触るので、夫がマスクのベルトのマジックテープをはずす「ベリッ」という音を聞いた途端、私はパッと目が覚め、電灯を点けて、マスクをきちんととはずしてやり、ASVのストップボタンを押してから、トイレ介助をし、再び寝かせて、マスクをつけ直し、ASVを再開する。

 それで、当の夫はというと、馴れてきたら、このASVを使うことを嫌がったりはしない。
 「これつけて寝る?」と訊くと、「うん。あった方がいい」と言うから、当人としてもASVをつけて寝た方が快適なのだと思う。

 ただ、花粉が飛ぶ季節や、風邪を引いて鼻が詰まっている時などは、夫は苦しくなってマスクをつけ続けることができず、自分で外してしまう。けれども、そうすると、やはり無呼吸が出て、眠りが浅くなり、ほとんど眠れていない状態が続き、翌朝は体調不良となる。だから、できるだけASVを装着したい。鼻が詰まっている時は、市販の鼻の通りをよくするスプレーを使ったり、しばらく時間を置いて、夫の眠りが深くなった様子が見られた時に素早くマスクを装着すると、うまく行く。

 夫にはREM睡眠行動障害もあり、REM睡眠時は手足をバタバタさせたり、うなされて寝言を言ったり、悪夢を見たりする。こうした時には、顔にぴったり装着されているASVのマスクが、さらなる妄想を誘発することがある。けれども、REM睡眠時に多くの無呼吸が発生するものなので、外していまうとデメリットが大きく、何だか三重苦状態で、不憫だな~と思う。

 そんなこんなで治療を再開してからは、ASVを使わなかったのは、我が家の猫がチューブをかんで穴を開けてしまった時の一日だけで(以降、予備のチューブを必ず備えている)、旅行の時にも必ずこの重くてデカイASVを持って行く。
 私たちは車を持っていないので、旅行に行く時は、夫の車椅子、このASV機器セット、それに旅行の荷物と全部私が抱えて持って行かねばならず、正直言って、とても大変。
 ASV機器がもっとポータブル性のあるコンパクトなものになってくれることを要望している(CPAPよりASVの方が一回りも大きく重い)が、ASVはCPAPに比べて利用者が多くないためか、より小型の機器が開発製造されたという話はちっとも聞かない。
 昨年、2014(平成26)年から、訪問診療契約に切り替えた時に、睡眠時無呼吸症候群も併せて在宅クリニックで診てもらうようになり、毎月1回の通院の負担が減った。

 「認知症ネット」のホームページに次のような記事が掲載されていた。

 不自然にいびきがうるさい人や睡眠時に呼吸が不規則になる人は、早い時期に記憶障害や思考の衰退を引き起こすリスクが高いという研究結果が発表された。
「ADNI: the Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative( アルツハイマー病脳画像先導的研究)」グループの調査・研究によるもので、2015年4月15日、米国神経学会(AAN)の機関誌「Neurology(ニューロロジー)」にオンライン版で掲載された。
 ・・・・
 これらの結果から、睡眠時呼吸障害についてCPAPの治療をおこなった場合は、軽度認知障害あるいはアルツハイマー病の発症を数年から10年は遅らせることができることが示唆されたというわけだ。

  https://info.ninchisho.net/archives/4089

 ああ、夫の無呼吸症候群は、夫のアルツハイマー病が発症するのを10年早めたのだなあ~。
 低酸素に弱い海馬を守るためにも、睡眠時無呼吸症候群の治療はできるだけやった方がいい。
 ただ、認知症の人の睡眠時無呼吸症候群の治療には、介護者側のかなりの努力が必要です。 大変です。

 応援クリックお願い致します
      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト

ASV呼吸器の故障騒動

 夫は重度の睡眠時無呼吸症候群である。
 夫79歳(2010年、平成22年)の時に、入院して終夜睡眠ポリグラフの検査を受けたその結果票 ↓
PSG検査結果

 夫の場合、一般的な睡眠時無呼吸症候群(肥満気味で舌根が気道に落ちてしまうような閉塞性タイプ)とはタイプが異なる「中枢型無呼吸」も生じており、「中枢型+閉塞型の混合型無呼吸」タイプである。

 中枢型の睡眠時無呼吸症候群は、CPAPよりもASV(adaptive servo-ventilation)を使ったほうが、無呼吸が解消されやすい。

 ASVとは、患者の呼吸を学習し、その呼吸パターンに同調して滑らかに圧力を供給する呼吸療法治療器のことです。
 当初、夫はCPAPを使っていたが、無呼吸解消の成績が思わしくなく、現在はASVを使っている。

 さて、認知症の夫は、自分一人でASV呼吸器のマスクの装着したり操作したりできない。
 しかも、マスクをぴったり装着して寝始めても、寝返りをうって寝相が変わったり、口の開け具合が大きくなったりすると、マスクのフィッテイングが悪くなり、空気が漏れて、ブワァ~、プゥ~プゥ~とか、いろいろな騒音が聞こえてくる。マスクが完全に外れてしまうと、ヴワァ~という大きな風の音と共に大音量の警告音! 
 これでは夫も眠れないけれども、隣で寝ている私も眠れない。
 耳栓をして寝ようと思ったこともあったけれども、それでは、何らかの異常事態が発生したときに、察知するのが遅れる心配があるので、結局、耳栓はしていない。

 それで先週の金曜日の夜。
 何だか、ASVの音がいつもと違う感じがするし、音も余計うるさいように感じる。
 何かヘン? どうしたんだろう? マスクのフィッティングを直したりして、電気を消して寝る。と、しばらくすると、

    ピー!ピー!ピー! 

と警告音を出して、ASVが止まった。

 う~ん? 何だろう? 

  高圧アラーム

 「高平均圧アラーム 電源を切ってください」 だと?
 マスクのフィッティングが悪かったのかな? 電源を切って、もう一度マスクのフィッティングやり直し、電気を消して寝る。と、しばらくすると、また

    ピー!ピー!ピー! 

  高平均圧アラーム

 「高圧アラーム 電源を切ってください」
なんじゃこりゃ? 
 ASVが止まる時を見ていると、夫が仰向けに寝ていて、閉塞性の無呼吸になるところで、ASVの圧が高くなるとASVが止まってしまうようだ。ASVが止まった時、夫の呼吸を見ると、やはり無呼吸で止まった状態になっているので、軽く叩いて起こし、呼吸を回復させる。
 ASVが止まってしまうと、夫は良質な睡眠を確保することができない。

 それより、機械で対応できないほど、夫の無呼吸状態が悪くなっているということなのか?
 こうなると私も心配で眠っていられない。
 この何度も警告音が鳴って、ASVがストップするので、私も心臓がドキドキして、頭も痛くなり、血圧を測ってみると・・・・

    上 201  下 121  

 これまでの最高血圧を記録 

 これは、いか~ん  慌てて降圧薬を飲む。

 こうした呼吸器には24時間のサポートデスクシステムがあるので、深夜にコールセンターに電話をして、状況を伝えて相談するが、すぐに駆けつけて来られるわけでもなく、翌日、担当者に来宅してもらうことを約して、とりあえず、舌根が落ちないように、横向きにして寝かせるようにしてASVなしで寝る。
 当然のことながら、夫はよく眠れず、翌日、体調悪し。私も心労で体調悪し。

 翌土曜日、休日当番の人に来てもらって機械を見てもらうが、機械自体の故障ではなさそう? マスクが古くなってきちんとフィットしていないためか、チューブに問題があるのでは? と、新しいマスクとチューブを置いていった。

 土曜日の夜、新しいマスクとチューブで試すも、前日の夜と同じ状況で、ASVが止まってしまう。また、24時間サポートデスクに電話。電話中にもASVが止まる状態が再現される。サポートデスクから、今日、来宅した担当者に連絡が行って、担当者から電話をもらう。
 どうも空気圧が15cmを超えると、ASVが止まるようだということを伝える。
 夜間、どうしようもなく、明日、また日曜日の担当者が来宅することになる。
 また横向きに寝させる・・・と言っても、私が寝込んでいる間に、仰向けに寝て、呼吸が止まっている時が当然ある。ずっと呼吸は止まっているわけではなくて、ある程度限界まで来ると、呼吸が再開するのだが、血圧が上がり、心臓など身体にはかなりの負担となる。

 CPAPやASVの設定圧を変える場合は、医師の処方が必要なので、日曜日の朝、在宅クリニックの休日当番にも電話をし、状況を伝え、ASVのサポート業者とも連絡を取り合ってもらうよう依頼をする。
 昼頃、サポート業者の担当者がやってくる。ASV機器の所有者の帝人(日本の代理店)と相談した結果、やはり機械の故障の可能性が高いということで、機械そのものを交換することになった。

 日曜日の夜、交換したASVを装着したら、夫の舌根が落ちて、閉塞性の状態になり、空気圧が15cmになってもASVは止まることなく、動き続けるようになった。
 良かった。
 やっと眠れる。
 ヤレヤレ・・・ 

 応援クリックお願い致します
      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

 
 

真夜中のご乱心(REM睡眠行動障害?)

 雨模様が続き、洗濯物の室内干しが続きます。
 浴室乾燥機を使っても、タオル等はどうしても匂います。
 そこで、洗濯物を室内に干す前に、軽くアイロンがけをします。
 こうすると洗濯物の表面の雑菌が少なくなるのでしょう・・・匂いません。

 今日の午前中、私が家事をあれこれしている中、夫が手持ち無沙汰にしているので、
    アイロンがけ、できる?
 と訊くと、
    できる。 
と言うので、夫にアイロンがけをしてもらった。
 洗濯物表面の雑菌を殺すのが目的なので、かなり適当なアイロンのかけ方でも大丈夫。

 夫は家事を分担したいという気持ちを常に持っている人だ。
 この年代の男としては珍しいほうだと思う。
 うまくはできないけれども、簡単な家事を一部でもやってもらうと、
 夫の「何かしなければ」という焦燥感もかなり落ち着くようです。

・・・・・・・

 さて、先週のASV故障騒ぎも機械の交換によって解決し、夜間睡眠時に、再びASVのマスクをつけて眠るようになりました。
 認知症の人へのCPAPやASVといった呼吸器を装着するのは介助者がやらないとなりませんが、装着には認知症本人の協力が不可欠です。
 本人が装着を拒否している場合は、装着できないでしょう。

 そもそも、顔にマスクをつけるというのは、かなりのストレスになるからです。
 私も、ためしにこのマスクをつけてみましたが、ヴワァ~という強烈な風がチューブから吹き出してくるので、「閉所恐怖症」の私にはこれは耐え難いもので、全く装着し続けられません。

ASV全体像

 ちなみに、このマスクは鼻と口の両方を覆うタイプです。
 通常は、鼻マスクが推奨されていますが、
 夫の場合、鼻呼吸がうまくできず、どうしても口が開いてしまいます。
 チンストラップ(顎から頭にかけてバンドをかけて口を開かないようにする)をしてみたり、
 口に「痛くないテープ」を貼って、口が開かないようにしたりしましたが、
 ほとんど効果がありません。
 口が開いてしまうと、いくら鼻からの空気圧をかけたところで、
空気がみんな抜けてしまって、圧がかかりません。
 そういう人は、この鼻と口の両方を覆うタイプのマスクを使います。

 このようなマスクと呼吸器を夫が装着し続けてこられているのは、

 (1)夫の認知症がまだ初期の頃に使用を開始したということ
    (既に、習慣化されているから)

 (2)夫自身に、マスクをして呼吸器を使った方が、
    「快適に眠れる」という実感がある(のだろう、たぶん)

 このマスクをつけるときには、夫が布団に入ったら、マスクを見せて、

   これ、つけるね?

   うん。

 と確認してから、マスクを顔にあてがう。

 それから、顔にあてがわれたマスクがずれてしまわないように、夫に押さえてもらいながら、
 マスクの額側のバンドを夫の頭の後ろに回すのだが、この時、バンドを後ろに回してかけやすいように、夫は頭を持ち上げてくれる。その後、マスクの口側のバンドを装着する。
 つまり、マスク装着時には、

 (1)顔の上のマスクをずれないように手で押さえておく

 (2)額のバンドを後ろに回してかける時に、頭を持ち上げる

という2つの動作を本人にやってもらう必要がある。

 しかし、時に、夫がぐっすりと寝入ってしまって、軽く叩いても起きないような時には、私一人で一連の動作をして、装着することもある。

 さて、数日前のこと。
 最近、まあまあの調子だし、毎晩、眠る前の「抑肝散」は飲まなくても大丈夫なのではないか、抑肝散の副作用もまったくないわけではないし(新横浜フォレストクリニック院長ブログ「甘草による副作用について」)、飲む薬は少ないに越したことはない、と、ここ4~5日、睡眠前の抑肝散の服用を止めてみていた。

 その晩の深夜、寝返りによってか、マスクがずれてしまっているらしく、プ~、プ~と空気の漏れる音がうるさいので、いったん、マスクを外して、ASVを止めた。

 鼻が詰まっているのかな? ASVをつけているとちょっと苦しそうだ。
 ちょっとの時間、ASVをつけるのを休ませたほうがいいかな?

 こういう時は、舌根が気道に落ちてしまわないように、仰向けになっている身体を横に向ける。
 夫には食道裂孔ヘルニアがあるので、胃の逆流予防も考えて、右を下にして横に向けるのだが・・・

 夫の身体の左側面を両手でもって、右が下になるように、身体を回転させようとしたが、夫の背中が布団にひっついたように重く硬くなっていて、回転させられない。

 うん? 

 まるで「横に転がされてたまるか!」との固い意思を持って、踏ん張っているみたい。
 夫は目をぎゅっと閉じたままである。
 両腕組みをしているので、腕組みを外そうとしたが、すごい力が入っていて、梃子でも動かない。軽く叩いてみても、目を覚まさず、目をぎゅっと閉じたまま寝ている。

 このまま仰向けに寝たままだと、閉塞性の無呼吸が出現してしまうので、仕方なく、この状態でマスクをつけてASV呼吸器を開始しようとした。
 顔にマスクをあてがい、夫の頭を持ち上げて、額のバンドを後ろにまわそう・・・

と、やにわに、夫が、

  すごい勢いで
  マスクとチューブを鷲掴みにして
  ひっぱって振り回した。


 その間、夫はずっと、ぎゅっと目をつぶったままだ。

   あ、これは、いかん 

 REM睡眠行動障害か? 
 夢の中で、「敵に口をふさがれた!」とばかりに、夫は闘っているのだな。
 なんとか、マスクとチューブを夫の手から取り戻して、破損するのを防いだが、
 更に暴れ出さないか、ドキドキ。
 夫を起こそうと試みたが、まったく目を覚まさない。
 あまり無理をすると、もっと興奮して、暴れるかもしれない。
 仕方ない。このまま寝よう。
 電灯を消したが、大丈夫かな~。
急に殴られたりしない?よね?
 REM睡眠行動障害のある人が、一緒に寝ている妻を殴ってしまったり、
果ては絞め殺してしまった事件(外国だけど)などが、
 ちょっと頭をよぎる

 抑肝散と水を寝床に持ってきておいた。

 ・・・・

 小1時間ほどしたところで、夫が目を開けた。

  トイレ?
 
    うん。

 トイレ介助をした後、用意しておいた抑肝散と水を差し出し、

  これ、飲んでね。

  うん。

 夫は素直に抑肝散を飲んだ。
 飲んですぐに仰向けに寝ると逆流してくるので、右を下にして横向きに寝かせた。
 少し時間が経過した頃、夫は再び寝入っている。
 今ならマスクをつけられそうだ
 と直感し、素早く夫にマスクを装着した。
 夫は睡眠から起きることはなかったが、今度はすんなり装着できた!
 ・・・・・
 翌朝、夫に、

 昨晩、マスクをつけようとしたら、マスクとチューブを掴んで暴れたよ~

 え~? 本当? 全然覚えてないよ~。ゴメンナサイ

とのことでした。

 やはり寝る前の抑肝散は必要ってことか。

---------
 さて、今日、午後3時過ぎ、昼寝から夫が起きてきた。
 ちょっと不穏な表情 

 外から、商店街主催の七夕まつりのサンバの音が聞こえてくる。

   サンバを見に行こうか?

 と夫を車椅子に乗せて、見に連れて行く。
 サンバのダンサーの列がやってくる。
 夫は車椅子に座っているため、ダンサーや鼓笛隊?の人の注目を集め、投げキス  やら何やらで夫にアプローチしてくれる。
 夫も上気した顔で、何度も投げキス  
 と、おどけたジェスチャー 
 さらには、バチをもらって、太鼓を叩かしてもらったりしている。
 役得です 
 あ~、楽しかった。サンバはいいな。元気がでる 

 応援クリックお願い致します
      ↓
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

 
 
 
プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの記事一覧
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR