母の入院から1週間が経った

母が入院して1週間が経った。
頸椎化膿性脊椎炎疑い・・・ということで、現在、抗生剤を点滴している。
首のまわりにコルセット?補装具?を着けている。
痛みは相変わらずで、夜間は痛みで眠れず、座薬を入れてもらっているらしい。
頸椎化膿性脊椎炎と断定せず「疑い」となっているところが気になるが・・・
ネットで調べてみると、治癒するまでは長期間かかるようだ。

父のほうは、ショートステイに行って10日目に、
通院予定があり、私がショートステイ先へタクシーで迎えに行き、
病院まで連れて行った。
父の足がひどく浮腫んでいるので驚いた。
糖尿病内科の医師にも見せたが、塩分を多く摂っているのではないか?とのこと。
父の場合、慢性腎臓病のため、低タンパク、低塩分で食事を調整しなければならない。
具体的には、一日あたりタンパク質45g、塩分6g、1680キロカロリーである。
一応、低タンパクにするということを念頭に、レトルトの低たんぱくご飯を持ち込んで3食これを食べてもらっている。
ショートステイ先の厨房でつくってくれるおかずはおいしそうだけど、
父にとっては、タンパク質、塩分を摂り過ぎになってしまうようだ。
そこで、ケアマネが交渉して、今まで自宅で利用していた冷凍のタンパク質・塩分調整食を持ち込んで食べられるようにしてくれた。
一日1回、昼間スタッフが多い昼時のみだが、自宅でも3食のうち1食のみを調整食にしていたので同じことだ。
また、おやつについても、タンパク質ゼロで150キロカロリーのプリンを持ち込み、これを食べてもらうことにした。
タンパク質の摂取量が少なくし、さらにカロリーまで少なくしてしまうと、身体の筋肉を分解してエネルギーに充ててしまうことになるで、カロリーは油分などでしっかりと摂らないといけないので、タンパク質ゼロの高カロリーのおやつで補っている。

父については、5月いっぱいまで、2カ所のショートステイを利用して乗り切ることになった。

それから、父のための特別養護老人ホーム探しを始めた。
県の特別養護老人ホームの空き室情報がネットで公開されているので、
それを見て、待機者の少ないところを候補として考えた。
ケアマネもこれらの情報をもとに電話をかけて、可能性の高いところをいくつか提案してくれた。
多床室はどこも待機者が多くて、数年待ちだろうから、最初から断念。
利用料金が高いユニットのほうが待機者が少なく、早い順番で入れるだろう。

実際に足を運んで話を聞いた。

候補に挙げていた今夏新たに20床が新たに開設される特養は、
食事は、業者がつくったチルド食を温めて出すという方式なので、
低タンパク調整食の対応はないと言われた。

やや古びた特養のほうは、施設内の厨房で食事を作っている。
そちらのほうは、低タンパク調整食の実績もあり、対応可能とのことだった。
厨房で食事を作っている人たちの顔写真と一言が施設内に張り出してあったりして、
温かい雰囲気、好感が持てた。
その特養は病院系列なので、往診があるだけでなく、
検査などで通院が必要な時も、系列病院受診の場合は
スタッフが付き添ってくれるのもメリットだ。
また、「拘束をしないこと」をポリシーに上げていること、
「これまでの馴染みの暮らし、習慣を尊重してくれる」こと、
それから、「職員も安心して働けること」も掲げられており、
その点もとても好ましく思った。
介護を担う職員自身が、大切にされていない現場では、
良い介護をするのは難しいだろうから。

書類を取りそろえて、今週末には申込みをする予定。

私が父や母のことで、飛び回っている間、
夫は朝早くから夕方遅くまで、小規模多機能デイで過ごしている。
幸い体調は悪くなさそうだ。

今週末は、父がショートステイ先から戻り、実家で一泊し、
翌日また別のショートステイ先へ行く。
母はまだ入院中だし、私が実家に泊まって父を介護する。
ああ・・・
ただ、あの汚部屋に寝ないといけないのか・・・
と思うと、ちょっと憂鬱だ。
イヤ、7年前ぐらいのゴミ屋敷ほどはひどくはないのだが、
それでも、荷物の山で廊下側の窓は開けられず真っ暗で、
もう一つの窓は開けようと思えば開けられるだろうが、
モノが積み上がっている。
部屋に入ると埃っぽくて、咳が出る・・・
布団のシーツとかも全然洗濯していないのだろうなぁ・・・

父がショートから帰る前に、少し片付けようとは思うけれども、
結局、モノを捨てないと掃除もできない。
母には、
「捨てないで~
 大切なものがあるかもしれないから~
 あとで見るから~」
と釘を刺されているのだ。

ああ、もう、すっきりとキレイにしたい。
片付け作業をする時間が必要だ。
どこかでまとまった時間をつくって取り組まなければ・・・

夫は小規模多機能へ一泊してもらう。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村  
スポンサーサイト

まさかの入院

昨日、朝7時半に夫を介護タクシーで小規模多機能へ送り届け、
母と一緒にタクシーで医療センターへ同行。
造影剤を使ってのMRI検査だけを受け、帰宅。
今日も昨日と同様朝7時半に夫を介護タクシーで小規模多機能へ送り届け、
母と一緒にタクシーで医療センターへ。
X線検査と骨粗鬆症の検査を受け、整形外科の診察を待つ。
昨日の造影剤を使ってのMRI画像を見た医師は、
「第6,第7頸椎のところに感染を起こしています。
 入院して直ちに治療をしなければなりません。 
 今から入院のための検査をいろいろやってもらいます。」

4月1日に首・背中の激痛で起き上がれなくて、
地元の整形外科に行き、その後、4月3日に地元の総合病院へ行き、
CTにMRI検査もしたけれども、わからなかった。
ただ、CRPが異常に高く、膀胱炎もひどい状態だった。
地元の総合病院では、「脊椎炎ではない」と判断し、
「縦隔炎」だとして、自分のところでは治療できないから、
医療センターへ紹介状を書くので、翌日行け・・・と。
4月4日に医療センターへ行くも、
「縦隔炎」ではないと呼吸器外科医。
では何なのか? 耳鼻咽喉科と整形外科にかかり、
整形外科で、より鮮明なMRI検査をすることに。
そして、今日、ようやく分かったのだ。

感染症だとわかるまでに11日もかかった。
感染症なのに、治療らしきものは何も開始されず(一応、抗生剤3日分は服用したが)、
手をこまねいていた。

熱も出てないし、最初のMRI画像では、確かに頸椎の変化を見つけることはできなかった。
やむを得ないことだったのか?
日曜日に救急車で医療センターへ行った時に入院できていれば、早く治療を開始できたかもしれないのに。

骨の感染症の治療には、かなりの時間を要するようだ。
4週間~8週間ぐらい?
場合によっては、手術も必要になるかもしれない。

入院のための検査が一通り終わり、病室へ案内され、
入院オリエンテーションが終わり、必要最低限の歯磨きやコップ、ティシューペーパー等を買い揃えて、あとは、たまたま今日休みだった弟のお嫁さんに電話をして、夕方、入院に必要な諸々を自宅から揃えて持って来てもらうよう依頼した。また、医師からの説明が、夕方5時以降にあるようなので、その説明も母と一緒に聞いてもらうことをお願いして、私は、急いで帰宅。
夫が小規模デイから帰り、午後4時半から訪問リハビリ。

夕方5時前に、お嫁さんが母の病院へ入院セットを持って行ってくれた。
そして、6時過ぎから医師の説明を聞き、8時頃まで母の荷物の整理など細々と世話を焼いてくれたのだ。
本当にありがたいことです。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村     

日中独居の現実。老健はムリという現実

夕方4時頃から、実家の母に、何度も電話をしているのに繋がらない。
買い物にでも出たのか? 
まさか、首や背中が痛くて、歩きまわるのはできないはず。
外出しているのかもしれないと思い、母の携帯電話にも電話をしてみるが、こちらも出ない。
2階の弟家族の固定電話に電話してみるが、こちらも誰も出ない。
大学生の孫が居ることもあるが、あいにく、今日は全員出払っているらしい。
5時近くなり、ジリジリ、心配になってくる。

父が在宅の時は、午後4時過ぎにデイサービスから帰って来るのを迎えるため
母は必ずこの時間帯は家に居た。
今は父はショートステイ中だからなぁ。

弟の携帯電話に電話する。
「もしもし、お母さんに何度も電話しているんだけど、出ないのよ。
お母さんの予定、何か訊いてる?」
「いや~、なにも。庭に出ているんじゃない?」
「だって、何度も何度も電話しているのに、全く出ないんだよ。
 どうしたのかなぁ? 今日、2階は誰も居ないんでしょ?」
「あ~、そうかもしれないなぁ。」
 庭につけているカメラで、見えるかやってみるよ。」

弟は、庭にカメラを設置して、スマホで見えるようにしているらしい。初めて知った。
庭と母が寝ているであろう部屋は離れすぎていて、見えないらしい。
先日、弟から、母の部屋にカメラを付けるか?と訊かれたけれども、その時は、必要性・有用性が今ひとつピンとこなかったので、私はスマホ持っていないから、弟が設置したいのなら、いいよ~。でも、役に立つかなあ?と返事をしたのだが、こんなことが起こると、やはりカメラで室内の様子がわかるようにしておいたほうが安心だなぁ。

「○子さん(弟のお嫁さん)は何時に帰って来るの?」
「6時半ぐらいかなぁ?」
「まだ1時間半も先かぁ~。心配だなあ。あなたは何時に帰るの?」
「今日は懇親会のある日だから、遅いよ。」
「あ~、困った。心配だ。あ~、でも、○子さんが帰って来るのを待つしかないか~」

弟への電話を切った後、
そうだ! 実家の隣の薬局の人に、母を見に行ってもらおう!
母が父の薬の管理ができなくなっていたので、ケアマネが隣のかかりつけ薬局に交渉してくれて、父の残薬をその薬局に預けて、母には2週間ごとに一包化したものを渡してもらうようにしたのだ。
それで今週、私が父の病院受診に同行するので、その際に処方してもらう薬の数を、残薬の数によって、調整しようと思い、薬局に、残薬の数の一覧をFAXするよう午前中に依頼をしたばかりだった。
隣の薬局に電話をして、事情を話し、母の様子を見てきてもらえないかと頼んだところ、二つ返事で引き受けてくれた。

まもなく、薬局の人から電話があり、
「お部屋で寝ていらしたようですよ。
娘さんから頼まれたのでと言ったら、今から娘に電話しますっとおっしゃっていました。」

あ~、良かった。
母から電話がある前に、すぐに私の方から電話をした。
「どうしたの? 何度も電話をしたのに~!」
「さっき、薬局さんが来てくれてね~。
 お風呂に入る時に、子機を風呂場に持って行って、それを部屋に持ち帰るのを忘れて置きっぱなしにしていたのよ。
 何度も電話をしたの? 全然、聞こえなかったわ。
 ベッドで寝ていたら、ピンポンピンポンと呼び鈴が鳴ったので、気がついたの。」

あぁ、もう、本当に心配した。
部屋の中で倒れているのじゃないか?
風呂場で倒れているのじゃないか?
あるいは、何か混乱して、どこかへ行ってしまったのではないか?と。
弟は「まさか病院へ行っちゃっているんじゃないだろうなぁ?」と。
火事場の馬鹿力じゃないけれども、認知症で混乱している時などは、歩けないはずの人が歩いてどこかへ行っちゃったり(かつてのうちの父の話です)・・・そういう類のことも珍しくないからなぁ・・・と。
母は、電話に出るために、電話の子機を風呂場や庭にも持っていっている。
持って出るのはよいが、そのまま置き忘れてしまい、いざという時に手元にないということもままある。
ちょうど、先日、私が実家へ行ったときにも、子機がどこだ~?と探して見つからず、弟が携帯電話から実家の家電に電話をして、音を鳴らして、子機が庭に置きっぱなしになっているのを発見。

そんなわけで、弟に、母の部屋にカメラを設置して、スマホなどで様子を確認できるようにしてもらうことにした。カメラを通して、音声で話せるやつを・・・
そういうものがあれば、電話の子機を母がどこかへ持っていってしまっても、部屋で寝入ってしまった母に向かって、声をかけて起こすことなんかもできるだろう。
これは弟に任せよう。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

今日、候補の介護老人保健施設(老健)へ電話をした。
料金のことなどいろいろ訊いたが、通院や服薬について、私が思っていたようには融通が利かないことがわかったので、老健には入所できないと思った。

以前、別の老健に入所した方の場合は、老健入所前に、病院へ行って3ヶ月分の薬を持ち込んで、入所中はそれを服薬し、薬がなくなった頃、いったん退所して自宅に2泊程度し、その間に、通院してまた薬を処方してもらって薬を老健に持ち込んで・・・ということができた。
現在は、制度の運用が厳しく変わったのかもしれない。
あるいはこの老健だけのことなのか?

糖尿病薬や高血圧の薬は、老健の持っている薬を処方してもらうので構わないと思う。
問題は、父の前立腺癌の治療についてだ。
高齢なので手術は選ばず、ホルモン薬と注射の保存的療法を選択しているが、これらの薬は高額なので、老健では出せないのだ。老健に入りたければ、この治療を諦めるしかないということだ。

この薬を止めてしまうと、前立腺癌が浸潤して骨転移すれば、痛みが出てくるだろうと思う。
ホルモン薬を服用して、進行が緩くなるのであれば、そのまま継続したほうが良いと思う。
今度、父の通院に付き添って、主治医とよく相談して考えてみるが、老健という選択肢はなくなりそうだ。

特別養護老人ホームの場合は、家族が付き添って通院するのであれば、服薬治療もOKだ。
来週、特養の相談員と面談・見学の予定を入れた。
でも、すぐに入所できるわけではないし、当面どうするかを考えねばならない。
今日はケアマネがお休みなので、明日以降に相談しよう。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

救急車で病院へ・・・

日曜日の早朝6時過ぎ、弟のお嫁さんから電話が来た。
「お義母さん、やはり痛みがかなり強くて、よく眠れなかったみたい。
 息も苦しそうで、心配。病院へ連れて行ったほうがよいと思います。」
弟とも話し、隣の市の医療センターに予め電話を入れて、これまでの経過と現状を話し、受け入れのOKをもらってから、救急車を手配し、医療センターへ行く段取りに。
 まもなく医療センターから受け入れOKをもらい、弟が救急車に同乗して、医療センターへ。

 救急車が来るまでに、母は軽く朝食を摂り、痛み止めを含む朝の薬を飲んだようだ。
 救急車が着いた頃には、結構、元気に?なっていたらしい。
 そして、医療センターについてからも、弟が言うには、母は「今は大丈夫」のようなことを言っているんだと。
 嚥下障害のこととか、足がふらついていることとか、ちゃんと言っているの?
 もう、もどかしいったらありゃしない! でも、任せるしかない。
 結局、痛み止めの薬の追加をもらっただけで帰ってきた。
 家に帰れば、どうせまた「痛い、痛い!」と言い始めるのに、なんで救急車で運ばれた病院では「大丈夫」などと言うのか?
 あの朝の騒ぎは何だったのだ!? 
 まあ、とにかく、わかった。いのちの危険が差し迫っているわけではなさそうだし、これからは痛くても我慢してもらうより仕方がない。

 まずは、今週の火曜と水曜の検査結果を待つしかない。

 帰宅したであろう頃に母に電話をした。
「まあ、痛いのは、薬を飲んで、我慢するしかないね。」
 痛くて顔を天井のほうに上げられないので、コップで飲み物を飲むのが大変らしい。
 痛みのため顔を上げなくなり、そのうちその状態で固定してしまって、首が曲がり、背中が曲がり、顔を上に上げられないという姿勢になっていくのだろう。

 夕方6時頃、また、母に電話をした。
「おはよう!」
「何? おはようって? 今は夜だよ。」
「えぇ? 今、夜なの?」
「そうだよ~、夜の6時だよ。」
「ほんとぉ? 今、ゴミを出そうと思って、気になっていたのよ。」
「今は夜だからね。日曜日の夜だよ。」
「昨日の朝、救急車に乗って行ったんだから・・・」
「違うよ、今日の朝なの。救急車に乗って行ったのは。」
「えぇ~? そうだっけ?」
「今はまだ日曜日の夜だよ。」
「じゃ、また、これから寝るわ~。あ~いたた・・・」
「夜ご飯食べたの?」
「おじや、作ってあるから。」

弟は、母をタクシーで医療センターから連れ帰った後、父のショートステイ先に、低タンパクご飯のレトルトパック1箱(20個入り)を持って行ってくれた。
夜、弟と電話で話す。

母の日時の見当識障害がだいぶひどいので、頻繁に声かけをして、日時の確認を行って欲しいこと。それから父の今後について、経済的な現状と施設の費用面のことを踏まえた私の考えを話した。

両親同時に施設利用というのは経済的に厳しい。
短期間ならまだしも、先行きはわからないのだから、長期化すれば経済的に破綻してしまう。

だから、母にはできるだけ長く在宅生活が続けられるように、弟たちにはしっかり見守りをお願いしたい。
 
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村     

寝ていても痛い、眠れない・・・と母 (´;ω;`)

夕方、母に電話をしたら、既にベッドで寝ていると言う。
具合を訊ねると、
「今日に限って痛いのよ」
「今日に限って・・・て、ずっと痛かったじゃない?」
「寝ていても痛いのよ。」
「え? 今までは寝ていて動かなければ痛くなかったんだよね?
 それが、寝ていても、痛くなっちゃったの?」
「そうなのよ。痛くて、眠れないわ 
 それにフラフラする。」
「フラフラするって、どこが? 頭が?」
「歩くと足がフラフラする。歩いてないからかね・・・?」

心配だ。
痛みの原因が確定していないから。
弟のお嫁さんに電話をして、訊いてみると、昼間、嚥下の状態もよくなかったそう。
ストローで飲んでいて咽せてしまったので、とろみ剤を買ってきてくれたのだと。
嚥下障害は、やはり扁桃腺の腫れによるものではなく、頸椎周辺の炎症から神経に影響が出ているせいのように思う。こういうことで嚥下障害が起こることもあるのか・・・
足がフラフラするのも、頸椎あたりとつながっている神経がどうにかなっているせいではないか?
不安が増す。

まだ今日は土曜日。来週火曜日に造影剤によるMRI検査。
水曜日に骨粗鬆症の検査と首回りのX線検査の後、整形外科医の診察だ。
昨日までは、夜は眠れていたようなので安心していたが、夜眠れないほど痛くなってきたとは・・・
母は我慢できるだろうか? 我慢させていてよいのだろうか?

弟のお嫁さんは現役の看護師だ。彼女に言わせると「う~ん、仕方がないよ。」と。
たくさんの高齢の患者さんを看てきているから、母の症状は多くの高齢者が経験している類のものなのかもしれない。私は「痛み」には免疫がないから、おろおろ、どうしてよいかわからなくなる。
「お義母さん、昼間、段ボールを切ったり、いろいろ作業やっていたのよ。
 それで頑張り過ぎて、疲れちゃったんじゃないかしら?」と。
「そうなの? 先生からは、食事やトイレ以外は、できるだけ安静にして横になっているように言われているのに・・・」
神経の痛みに効くと処方された薬は飲んでいるけれども、効果は感じられない様子。

心配だけれども、弟たちと同じ屋根の下に居るのだから、何か変化があっても対応してくれるだろう。
水曜日、当初、母だけでMRI検査に行ってもらおうと思っていたが、痛みもひどく、認知機能もかなり低下しているようなので、この日も私が同行することにした。
水曜日は、朝7時半に介護タクシーで夫と大学病院へ行き、診察券を入れて受付を済まし、その足で夫を小規模多機能デイへ送り届ける。それから、実家へ移動し、最寄り駅からタクシーで実家へ乗り付け、母を拾って、隣の市の医療センターへ行き、MRI検査を受ける。終了後、またタクシーで実家へ戻って母を送り、急いで小規模多機能デイへ行き、昼食を終えた夫を車椅子に乗せて大学病院へ行き、眼科の検査と診察をする予定。すべて順調に事が運べばの話だ。

昨日は父のショートステイ先へタクシーで行って来た。
母にはムリして行かなくても・・・と言ったのだが、「しばらく会えないから行く」と言うので、連れて行った。
父は落ち着いて過ごしているようだった。スタッフさんからも「特に問題はありません」と。
「私はここで特に困ることもなく暮らしています。お金も要らないし・・・」などとのたもう父は顔色も良く、足もそれほどは浮腫んでいないようだった(タンパク質を多く摂りすぎると、父は足が浮腫んでくる)。母と二人並んで座っていると、父のほうが断然元気で、ちょっと意外な感じがした。
父は確かに認知症ではあるけれども、妄想や幻視のようなものはほとんどないみたいだし、人間関係の認識もできている。
 父は私の夫の名前までちゃんとわかる。

 うちの夫なんて、私が妻だとわからないし、名前ももちろんわからない。
 誰かわからないけれども知っている顔だと思うのか、今日もデイから帰って来るのを迎えると「久し振りだね。会えて嬉しいよ」と挨拶してくれる夫。
 「そうだね、3時間半ぶりだね~」と私は応えた。

そういう夫と付き合っているせいか、父の認知症はまだまだ軽度だと感じる。
もし、私が同居していたなら、施設に入らなくても、在宅で十分やっていけるのに・・・と思ってしまう。
でも、現実的に我が家に父を引き取ることは難しい。

弟のお嫁さんは、自身の父親が昨年脳幹梗塞で倒れ、一時は危なかったのを持ち直し、急性期病院からリハビリ病院を経て、現在、在宅でお母さんが介護しているそうだが、そのお母さんも介護うつになっているそうだ。その実の両親の介護も抱えながら、夜勤もこなしながら看護師として働いているのだ。だから、私の父の具体的な介護をお嫁さんにやってもらうつもりはない。

一緒に暮らしてくれていて、仕事から帰って来た時に、見当識障害の出ている母に頻繁に声かけをしてもらい、様子を見守ってもらうだけで、もう、本当にありがたく思っている。

弟は・・・まあ、何をどうやっていいのか、わからないんだろうな。
何かできることはしようという気持ちはあると思うけれども。
それに弟に仕事を休んでもらって、例えば、両親の通院に付き添ってもらうというのも現実的ではないし。

父のショートステイは、4月20日に一度帰宅して自宅に一泊。
翌日から別の施設へ、5月末までのショートステイを確保した。
4月からの制度的改正で、30日を超えて連続のショートステイが利用できなくなったそうで、31日目にあたる日は原則自宅に帰らないと行けないそうだが、ケアマネさんが市役所に掛け合ってくれて、31日目を自費で賄い、自宅に帰らないまでショートステイを連続で利用できるようにしてくれた。

このショートステイの間に、父と母、二人の生活の方向性を決めていかなければならない。
まずは、母の首・背中の痛み、嚥下障害、足のふらつきの確定診断が必要だ。

先に保険を解約するとブログに書いた件、母の病気がなんだかわからないので、診断が確定し見通しが立つまでは保留にすることにした。

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 
 にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村  
プロフィール

アワキビ

Author:アワキビ
夫と2人暮らし。
子どもはいません。
2人と猫2匹の家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの記事一覧
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR